« Ehology indicates important things / rosting fox-tails while typhoon comes / マメルリハの豆を炒める / 台風 | トップページ | 熱中症は熱による障害 / 暑さ指数 / 労作性熱中症と運動 / 冷房の効いた建物内や地下、お店に »

2018年7月29日 (日)

after the storm we got "our blue sky" / チームとなる / 僕らは必ず取ってくる

Blueskyjuly2018


今日は青空。昨日の嵐は、去りました。

美しいスタッフから、〝大和田とならやれる。ありがとう。〟とメールを頂きました。

After the typhoon#12, the storm yesterday, the sunny blue sky comes today.
A beautiful stuff sent me a mail, which said "we think we can get success, with Dr. Owada, thanks a lot."
Storm28072018

昨日は、本当に大雨でした。風も強かった。
大坂に取材に行ったジャーナリストさんも、雨はさけられたとのこと。良かったです。

After the work in TV studio I met a famous journalist to talk about medical issues. Yesterday the rain and the wind of storm were very strong. Although it's cold yesterday, in reversal it's very hot today.

Mamerurihajuly2018 マメルリハを外に出して、少し日光浴。
夏の碧い鳥も美しい。彼女は寒いのが嫌いみたいで、暖かいと喜びます。外の鳥の声に歌のように応えていました。

I brought our bird to outside to take sunbathing. She likes warm climate, she enjoys when she feels comfortable climate. She speaks with wild birds by their song-like words.   

スタジオで先導して下さったのは、賢い人。全てをコントロールする脳とまじめさと、容姿を全て備えている。彼女が「とってこい」といって投げたフリスビーを、僕は必死に捜す。今回は、スタッフとチームになって、取ってこれた気がする。
The female smart leader ordered our broadcast team to fetched the aim, the flying saucer. We carried through it like a black border collie dog. We'd been running so many miles for so many days. 

Blueskyjuly2018_2 こういった夏の日、僕は思い出す光景があります。
救急のリノリウムは白だったけれど、色々染みこんでグレーでした。その日のフリスビーは、空のとても高いところに放られていて、僕らには手が届かなかった。
I remember some visions when I's Dr working in ER. The linoleum floor was  white, because of small scratches it became some what shining dull grey.
We couldn't fetch "the flying saucer".

誰もいなくなって、僕は、看護師とMEさんが完璧にそろえた救急カートを何回も何回も点検した。何かしていないと居られなかった。

病棟業務を終えて戻ってきたときには、清掃が終わった後で窓が明け放れていました。左手が壊れてしまった事務椅子に座って、僕は、リノリウムに反射する光をみていました。
Off duty I saw linoleum floor for many hours till evening, I was thinking about our lost flying saucer, which was thrown too high in the sky when the patient got off the ambulance.
From the old wood framed windows warm wind was blowing again and again.

非番になった僕は、グルグル椅子を回しながら、ずっと夕方までリノリウムを見ていた。取ってこれなかったフリスビーを想像しながら。

看護師長は、詰め所の装置でタイムカードを押して帰るとき、僕を一瞥して手を振ってくれた。やさしい放置。
The chief nurse waved her hand, and sadly smiled. Leaving useless me alone there. It was her maximum kindness.
I said her "thanks" only in my heart, and I made a bow a little with a little bit of tears to keep from being seen. The ER staffs respected her, she was always right, always friendly to patients, and indicated us the truth of life.

庭の大きな木のセミの声が聞こえていた。僕の半袖の裏側を伝う汗の感じを今でも憶えている。忘れるはずが無い。
I can't forget the feeling.
My sweat fell down inside a short sleeve Dr robe. I was alone in the ER room.

今回のチームは、全てを洞察して支える麻酔蘇生科の先生とそのレジデント、馬力あるジャイアンの様な外科医、美しい容姿だけどコトバに絹を着せない看護師、内科医の僕のようなチームでした。
This team of a broad cast program was nice one, like medical team composed by several various members.

冒頭のメールは、看護師のような人から。

流れた何気ないVTRですら、僕は、色々思い出して涙ぐみそうになった。普通の生活を守るためのインフラとして訓練され、僕はキチンと役に立っていたのだろうか?もっとできたんじゃないか?もっともっと・・・
I'm usually wondering about I have been working as a good Dr for patients ? Is this adequate cares for them?  My words are suitable for medical information? and, and, and... usually wondering about
I always get lost in the "medical forest". Even if I work at big artificial city Tokyo, I get lost in various forests, I call it "Schwarzwald"s as a nickname.

過去は変えられないから、これからも全力疾走をつづけるしかない。医師は、セルフネグレクトの訓練を受ける。消耗しきるまでの「有限の道具」になるために。
Doctors tend to self-neglect to work for people like soldiers by training. We doctors are taught and trained that we are mere infrastructural methods in social system to care people safety. So if I burned my hand, I endured the pain not to pause medical practice.

Our work don't give us enough time to eat, sleep, go bathroom. So the life span of doctors tends to be relatively short. That's nothing.  We want to continue hard fights on our own will. We don't want to be praised by someone, only obey to ourselves will. That's nothing.

Every doctor is a "lonely boxer, lonely fighter". Because he or she is always lonely, nobody can't help. That's nothing. Only the works are friends.

I've worked as a doctor for about 30years. I experienced many things. That's nothing.

僕は、衛生兵として優秀だったのだろうか。ただただ、後追いで忙しかっただけではないのか。先を見通して、先手を打って患者さんをよりひどい厄災にのまれていってしまうことから守れただろうか。
Have I worked as "a good a medical orderly" to care citizen ?

今日みたいな、青空の夏の日には、いろいろ思い出す。あの日が僕が生まれた日かもしれない。
When I see such sunny blue sky in summer, I remember many things. The hot summer day might be my first birthday as a doctor.

番組を作った僕らは、それぞれ人生の辛さを知っている奇跡のチームだった。こういったチームは、絶対負けない。自分たちが生きている間の熱量が違う。
Because all of us know spicy of life, this broadcast team will not lose, I believe in.
 

だから、このチームはフリスビーを投げられたら必ず取ってこれる。
We will be able to fetch a difficult flying saucer thrown to the sky.

あの夏の日に高く高く放られてしまった、フリスビーも一緒に。
We will be able to fetch it along with the one thrown too high to the summer blue sky. I would bring together with the one I lost at the ER in summer...

太陽のまぶしさの中で、きっと。

Even if the light from summer sun will be so strong,
even if "Plein Soleil",
even if it will be difficult to carry out,
this team will definitely reach a "flying saucer", and always get success.
I believe in it.

Mamerurihajuly2018_2 彼らの戦いに困ったとき、彼らを護るために僕ははせ参じようと思う。左肩に、勝利の女神の碧い鳥をのせて。

I will rush to my team to fight with enemies together with goddess of victory, my ferocious and strong blue forpus coelestis on my left shoulder.


ジャーナリストさんに、血管内治療科に取材にいくなら、救急に寄っていって、彼らたちの「疲弊」を取材して欲しい、とお話しました。
彼らは、常に戦っている。本当に大変。
僕は心から尊敬している。
ジャーナリストさんが、彼らの見方になることを願う。
僕は何もしてあげられない能なしだ。
現場にいない医師は、現場で働けない医師や、現場に間に合わない医師は、
何を言ったっところで現場には無力だ。邪魔になるだけ。
医療者とは、そういうもの。

« Ehology indicates important things / rosting fox-tails while typhoon comes / マメルリハの豆を炒める / 台風 | トップページ | 熱中症は熱による障害 / 暑さ指数 / 労作性熱中症と運動 / 冷房の効いた建物内や地下、お店に »

17.雑言」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト