« きれいな夏空 / カワウ / ありがたい幻想 | トップページ | taking bath, grooming, eating / grinding colorful beans / ROM in our brain / 水遊びをして羽づくろい /エサを作り挽く »

2018年8月12日 (日)

マメルリハとポッチャマ / forpus coelestis & POKEMON, Pochama / the bird with a boroke leg

Mameruriha0812

マメルリハは、朝、人の傍に来たくなります。起きると鳴き出す。鳥の声で起きるのも、良いものです。

麻の実や、トウモロコシなどの雑穀がすきです。朝ご飯。

エサのバリエーションを増やすようにしています。インコは頭良くて、食べるのが難しいエサだと頭が活性化して長生きになるらしい。

カボチャやゴーヤの濃い緑の皮を茹でて、乾燥させて、粉砕してエサにまぶしたりする工夫をしてます。碧が深くなった気がします。美しい。

Photo 昨日、ヨドバシカメラ秋葉原のカプセルトイ。300円。イーブイがとても好きで、イーブイを出そうとおもったら、ポッチャマ。

マメルリハが出てきました。

職員さんの面接の後、メタルビルドのエールストライク・ガンダムを受け取りに行きました。

予約してから3ヶ月近くかかりました。

クリニックは、診療を休んでいるときも、何らかの作業が続いています。レセプトとか。

Photo_2
メタルビルドの台に、ポッチャマを乗せるとタイターニアのようでカワイイ。

女性医師の山田先生が主導する、新しいプロジェクトも始動しました。僕が水面下で進めていた、長年の蓄積の結果を一つずつ山田先生に渡すことにしています。
ガラスの天井を破るためには、人脈やヒントなど、何らかの起爆剤が必要です。青い空が広がれば、彼らは自分で飛び続ける力を持っている。先輩がボランティアで天井を破っておいてあげれば、彼らのムダな時間がへります。

医師寿命がより長い彼らに引き継ぐことが、人々のためになります。

彼女らは、あと30−40年医師を続けるでしょう。引き継ぎが、普遍性に重要。クリニックを手伝ってくださってくれることのお返しは、プライスレス(無比)なものにしたい。

女性に送るモノは、そういった物がいいと思う。学会発表が初めての管理栄養士さんたちには、スライドの作り方と、プレゼンの道筋をお伝えしています。それも、無比なもの。

僕は、全国で200以上いろいろな講演会をしたし、400近く新聞のコラムを書いたし、本も書いたり絵本を書いたり監修したり。メディアで説明したり、人々に正しいことをシンプルに分かりやすく伝えるのは「性に合っている」のかもしれない。

彼女たちが方法論を習得すれば、後は自分の力で飛んでいける。

管理栄養士さんたちが、プレゼン上手になれば、それもプライスレスの良い贈り物になるでしょう。

彼女たちは、きっと美しい空を好きなところを飛ぶんじゃないだろうか。僕は、管理栄養士さんたちが、ある酷い先生が明言していた「道具」になんてなってほしくない。物なんかじゃない。臨床で一緒に戦う仲間だ。僕は育てる。

Photo_3 未来に向けて、若者が羽ばたくことを応援するのが、僕らの仕事だと信じている。

クリニックに飾っている鳥。
もともと、鳥が好きで紙粘土で作品を作ったりしていました。眼や頸、脚の飾りは、ハンズで購入したスワロフスキーのガラスピーズ。311で一度おちてしまって、足を骨折しています。

幾つか色々な鳥を作ったのですが、評判が良くて箱に入れてさしあげてしまいました。残ったのは「骨折鳥」。足にはめている輪は、クリニックに落ちていたもの。落とし主を捜すため、ずっと鳥が何年も番をしています。

後ろの万華鏡は、僕の絵を中里さんが綺麗なガラス細工を施してくださったものです。受付のクリニックのロゴは開業時からのもので、フランスのアンティークガラス。

鳥の骨折線は、自分の欠点のよう。僕は、脳を含めて何カ所も骨折している様な気がする。羽ばたけるように若者の翼を鋭く磨いてあげつつ、自分も医師としての精度をさらに高める努力を続けようと思う。脳にシーネ当てたり、スキンスーチャーで止められなくても。

クリニックの前で転んじゃった人の止血とデブリと洗浄をして、傷のお手当をして外科医に引き継げたから、救急のころから得意だった手技は鈍っていなさそうでホッとしました。もともと、いろいろ作業を器用に早くきり抜けてきた。他の人の分も助けて働いたりしてきた。

クリニックが終わると、毎日、「僕は、人の役に立っているんだろうか」という孤独な問いかけをしている。

天井の石膏ボードの穴を仰ぎ見ているうちに眠り込んで、自分が何の疑問を持っていたのかを忘れてしまう。

翌日も同じ問いかけをするんだと思う。
そして、石膏ボードの穴に記憶が消えていく。
昨日のことを憶えているインコの方が、いくらか頭が良い。たぶん。
My forpus coelestis tweets in the morning, like early birds. It's fine I get up with her voice.

I make her food with dark color vegetables like skin of cucumbers and pumpkins.  After boiled, they are crushed to fine powder with mixer.
My clinic locates near by akihabara station.
I played 300yen (about  2$) "capsule toy" in Yodobashi-camera-Akihabara, to receive Metal-build Aile Strike GUNDAM. The "Aile" means wings, so, the wings of GUNDAM are beautiful.
A blue bird PIPLUP POKEMON (Pochama in Japanese) appeared. It looks like our forpus coelestis. Kawaii. I like Eevee, brown dog or fox, too.

I recently cooperate with young female Dr. in our clinic to make new methods for female patients with some big company making software of Smartphone and iPad. I think she is most suitable for the works. Like me "alte Leute" Dr should indicate them right ways.
We have to work to give youth age people "wonderful good performance wings" to fly happily long distance in sunny sky freely.

I made bird paper-clay with Swalovsky glass beads.  I gave several paper-clay birds to  guests. The birds with broken legs is left hear.  Her leg is broken by 311 big earthquake. Only she have been watching over me and our clinic for many years.

I've worked various kinds of many works to make medical presentations to people. Many, real many. Hundreds of lectures, hundreds of columns, many books, I appeared various medias like TV, radio, newspapers and so on.

I talk to myself "Can I help patient enough?" every day, but, nobody answers. While I see the holes of gypsum ceiling, I forget what I think about, and I'll maybe make the same question tomorrow. My hippocampus in the brain is maybe broken. In many points maybe i'm broken, and I became stupid.

Besides me the forpus coelestis remember what food she like, so, maybe she is more smart than I. She remember her soul and truth.

Ars longa, vita brevis.


Est prudentior parakeet. (Parakeets are smarter (than me).)

« きれいな夏空 / カワウ / ありがたい幻想 | トップページ | taking bath, grooming, eating / grinding colorful beans / ROM in our brain / 水遊びをして羽づくろい /エサを作り挽く »

20.マメルリハ / mameruriha / Forpus coelestis_」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト