« body weight mesuaring of the forpus coelestis / Gabriel Fauré Pavane Op50 for a siesta / mother's heart beat / マメルリハの体重測定 | トップページ | Excersise for stiff shoulder / "Chirp ex." / Bach 1067 and Pavane Foret / The sound of silence /青い鳥の体操 »

2018年9月17日 (月)

Grapes and Fruit blend / Zupreem. Ζωο-preem / インコのお食事 / 「セブン」での精密射撃

Kakureru2018

マメルリハが、日向ぼっこ終わった後なかなか家に帰らないため、タオルでくるんでもどしました。

逃げるので、iPhoneの焦点が追いつかないです。ホントに、マメルリハはじっとできない。人間がいじっているものを、カジカジして一緒にいることをアピール。
彼女と遊びながら仕事していたから、Macbook Airのキーも幾つか破壊されています。

彼女の横で、僕は、大切な仕事の手紙を打ちました。本当に大切な仕事。地味だし、僕が表に出なくてもかまわない。僕は、大切な物のために力添えしたい。

患者さんのために疲弊している先生たちはたくさんいる。僕は、レム恒星系のセブンに脚を固定して精密射撃を繰り返す。全包囲されても、彼らを守るため援護射撃を続ける。たとえカビの刀が一つになったとしても。

Budotofruitmix2018
たまに、エサに変化をあたえるためフルーツブレンドをあげています。
とってもカラフルだけど、全部植物の色素でできています。フルーツの色素とのこと。

Zupreem社のもの。supreme(最高!でも、eemだから、サイコーーーー!かも)とZoology(動物学!)を掛け合わせたのかなぁ。

お世話になっているイケダ牧場さんに時々伺います。店員さん、みんなが動物好きで魚を説明したり、犬猫を説明した後は、鳥を説明、そのあとエサの説明をされたりして、大忙しです。

なんと、オハヨー乳業やカバヤの親会社!ビックリ。僕は店員さんをながめながら、すごいなぁとか思ってる。
Food2018sep

今日のエサは、こんな感じ。
塩が振られていないカボチャの種や、麻の実を炒って入れています。赤い小さな種は、フランスの粟。細長いのは、カナリーシード。

エノコログサも混ぜています。粉は、乾燥納豆と深緑が美しかったカボチャの皮を茹でて乾燥して一緒に微粉末にしたもの。それぞれのエサの表面に付着して、腸内細菌を守ります。

これから、インフルの気節になってきます。鳥は、肺が脆弱なので、腸内細菌を鍛えてマクロファージさんやリンパ球さん(「働く細胞」ふうに)にガンバってもらわなくっちゃ。

メガウイルス(実は真菌)、PBFD(ウィルス)、アデノウイルスやマイコプラズマにも予防して抵抗力をつけてもらわなくては。鳥の感染症予防は、初めての経験。

自然界では、ある物を色々食べているだろうから、多種多様にしています。体重も大丈夫だった。

気節に合わせて変化を持たせています。長生きしてほしいと願っています。
今日は、僕は、SWIM&RUN。色々考えながら泳ぐんじゃないだろうか。
I've given my forpus coelestis various kinds of seeds, I pay attention to diversity of food.

Today I mixed Fluit flaver from Zupreem she likes.
I think selfishly the company name "Zupreem" is named from supreme and zoology. The prefix "zo" is related to animals.
Zoology came from "Ζωο(living being, animal, zoion) +λογος (study)".

Birds are week for infections, for example megavirus (not virus, a kind of fungas), PBFD, influenza (Flu), micoplasma, and so on.

Antibiotics are to bacteria, strengthen immunity is the only way to protect from infections. In addition antibiotics destroy intestinal bacterial flore and produce drug-resistanse bacterias. We human is the same thing. Drs don't use too much antibiotics to patients.

I blended Natto powder, to strengthen intestinal immunity which will strengthen macrophages and lymphocytes. English site is here. I like honest cute erythrocytes. They always carry samthing, like O2, CO2, or Glucose. Kawaii.

In Japan we can wathch "Hataraku-saibou" (working cells), and in the stories macrophages and lymphocytes appears. They wear cute suits to kill many viruse or bacteria.

I also made important works for ER doctors, I want to make "caver fire" for them. They are always in storms of hard work relating to people's a matter of life or death.

In Knigts of Sidonia the Nagate (hero) anchored to the ground of a satellite "SEVEN", he made many presise shoots to assaulting GAUNAs.

I also want to do like Nagate for Doctors who have been working to fight push struggle in ERs.
To keep a small blue bird is to make me think deeply about living being.

« body weight mesuaring of the forpus coelestis / Gabriel Fauré Pavane Op50 for a siesta / mother's heart beat / マメルリハの体重測定 | トップページ | Excersise for stiff shoulder / "Chirp ex." / Bach 1067 and Pavane Foret / The sound of silence /青い鳥の体操 »

20.マメルリハ / mameruriha / Forpus coelestis_」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト