2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋葉原駅クリニック/お仕事

無料ブログはココログ
フォト

« 台風の接近 / 台風と地震 | トップページ | クリニックの点検をする / 診療の質の継続のために »

2019年10月13日 (日)

台風一過 / すばらしい神奈川県知事の対応 / 個人と公

20191013morning

台風が過ぎて青空が戻ってきました。

東京は、鉄道が全て停止しお店も閉まりました。

台風に備えて、いろいろな物を片付けることに専念していました。

TV各局が無力だったので、ウェブで各地のライブ放送や住民の方々のレポートを中心にしたウエザーニュースのライブを見ていました。今も、刻々と変化する河川の水位やダムについて国土交通省のHPを用いて解説されています。リアルタイムに人々の生活を守る情報を次々に伝える姿はとても素晴らしい。

台風が去ったあとも、雨が止んでいても北関東や東北で水位が落ちていないと。刻々と変わる僕らの生活に関わる災害などのブロードキャストは、サイバーに移行していることが明確になりました。同時性では勝てない。TVは、予定調和プログラムを安定して放映するパンとサーカス。

各地に被害が出ています。
まさに大雨が降り頻る中、ダムの放水の報道がなされました。

そのときTVでは、「命を守る行動を」などが連呼されていました。ダムの放流について、詳しく触れた報道はなかった。

そんな中、冷静にダムが放水するということはどういうことなのかをタイムリーに説明された県知事がいらっしゃいました。僕はリアルタイムで拝見しました。

「ダムが決壊すると津波のような遥かに大きな水の塊が上流から襲ってくる。それは、まさに甚大な被害をもたらす。ダムに溜まっているものを全て放水するのではなく、降った分を順繰り下流に流す。少し増水するかもしれないけれど、爆弾のような洪水にならないようにする苦渋の選択である・・・」

そういったことを、わずか1-2分でプレゼンされていました。その結果、ダム決壊の大災害は回避されました。ダム津波とも呼ばれています。

都道府県を超えた広域の被害。個人の努力ではもちろんムリ。都道府県単位でも対応できないこともある。そういったことは国がやるべきことではないか、と思っています。けれども、何らアナウンスがありません。

県をまたがった広域の災害は、中央が自衛隊などの人々の配置を決定してかなくてはいけない。今のところ、対策本部設置も官房長官アナウンスもありません。

新幹線も沢山水につかっている。新幹線は、東京から終点までたくさんの県を通過します。

一方で、不安になっている県民に向けてタイムラグなくリアルタイムにウエブを駆使して情報を伝える県知事。ご自分の判断だったことでしょう。

僕らは、自分でできないことを公の方がなさってくださるように税金を納めている。勤労の義務も果たしている。

実家のある県は「公のトップ」の対応が壊滅的。対照的でした。東京都知事のアナウンスもゼロ。
どれぐらいまで無策を続けたら、国民が文句を言い始めるのか試しているのではないでしょうか。

さらに壊れたものを修復するものには、最近増税された消費税分がのしかかってくる。今回の災害をニューディール政策に使っても良いかもしれないのに。為政者には、自分で考えて自分で責任をとって国家を浮上させる能力が必要とされています。それも、大急ぎでやらなくてはいけません。

今回の台風被害でさらに明確になったことがあります。
本当によく分かったと思う。

多くの人々に選ばれたトップの個人の資質や「為政者たるパッション」そのものが、そこに住う人々を守りつづけ繁栄をささえるということ。党派やバックグラウンドではなく。たとえ、法律やルールが日本全国あるいは世界で一緒だったとしても、その場所を治めるトップの資質そのものがその地域のものすごく沢山の人々に影響を与える。「公」は、たくさんの「私」に影響を与える。
Photo_20191013121201

緊急時に無策だった公人の人々は、事後の処理でもきっと無策を続ける。報告のPDFが掲載されているだけです。

僕ら人間は、自分だけでなく自分の家族や友人・仲間を守りたいといつも願っている生き物です。
その希望をつねに灯し続ける、よりよい資質をもった人を信頼していきたいと思っています。

わたくしたち「私」がおおやけの「公」を選んでいることを忘れないようにしたい。
ひたむきに善良で勤勉な日本の人々。それを守ってくれる方を、人々は望んでいることでしょう。

« 台風の接近 / 台風と地震 | トップページ | クリニックの点検をする / 診療の質の継続のために »

17.雑言」カテゴリの記事