20.マメルリハ / mameruriha / Forpus coelestis_

Forpus coelestis  天のように碧い鳥

2018年8月20日 (月)

マメルリハの絵 / 春の穏やかな朝 / SWIMとRUN

Mameruriha0402

春のマメルリハを描きました。
色々な事があっても、こうやってピョンピョンしているマメルリハを描くと心が落ち着いていきます。

カジカジとピョンピョン。色々なものを噛んで確かめている。
人間が何かしていると、近づいて頸をかしげて見てる。

マメルリハは、頭いいのにそれに専念しています。鳥なのに走ってくる。

Mameruriha0401 30色ボールペンが安売りされていたので、購入しておきました。替え芯まで入っていました!すごすぎ。
ジェルボールペンなので、カラフルスケッチに使えます。

水もいらないし、鉛筆みたいに描ける。ロトリングのシャーペンのお供。


春には、evry little thingのFragileがピッタリ。繰り返し聞いています。acaustic versionが良い感じ。

Mameruriha0403
いらない手紙の裏をマメルリハで飾りました。こうやって、穏やかな朝に彼女とコーヒーを飲める日が続くことを願っています。

若い先生のロッカーために、これまで発表した10枚以上の大きなポスターを事務さんにお願いしてシュレッドしてもらっています。昔の思いでは、未来に何の役もたたない。

お願いされている講演会もかわし続けています。この状況で、他の仕事は時間的にできません。

人々の間の地位や名誉、論文、研究発表を全て捨ててしまえば、肩にマメルリハを乗せてスターバックスのケニアを入れられる。その香りをゆっくり楽しめます。土日すべて会議に行っていた昨年末と年始。

どれだけ人生を無駄にしてきたのだろう。

それでいいと思っていい。冴えない物は、忘れて不要な仕事はそぎ落とす。マメルリハとコーヒー。そして、僕は小さなクリニックで人々を応援し続ける。

静かな時間が流れていきます。そして、SWIM&RUN。

|

2018年8月19日 (日)

Forpus coelestis / blue medicines / 豆瑠璃羽の碧い薬

Bluebirdaug

Our forpus  coelestis is a recently medical buddy, amiga in our clinic(ha, ha).

When she wake up, she wake us up at 4-6:00 like an alarm of clock in a room for a night duty Dr.
She is an alarm we can't stop.

Goodmorningbird Before I make a coffee for me, I have work to give her delicious "granola" to stop her alarm.

She eats several kinds of seeds happily, I changed the rate of several seeds, bean, and grain.

After that I take her outside for sun-bathing.
It becomes gradually cool, we can stay outside longer. Today it is about 29C(celcius), 10C degree lower than 1W ago.

Sunbathingaug To make her bone strong, sun-bathing is essential.

I gave not only calcium by washed oyster shell fraik but Vit. D from Jarman NEKTON suppliments for birds.

And my mind torned by several daily things gradually calm down.

Her blue wing has a effect of medicines. Her medicines may be made from blue Lapis Lasli, which is handed down their power, and is used in honoring Goddesses.
Thinking about precious medicines, early waking up and her granola are no bother at all, no at all.

続きを読む "Forpus coelestis / blue medicines / 豆瑠璃羽の碧い薬"

|

2018年8月13日 (月)

taking bath, grooming, eating / grinding colorful beans / ROM in our brain / 水遊びをして羽づくろい /エサを作り挽く

Takebath It's hot today above 35C (Celsius) in Tokyo.


Our forpus coelestis splashed water for many minutes. She enjoyed longer than usual bathing.


Severalkindsofbeans Besides her I picked up several kinds of beans and seeds to exert healthy power for her and her beauty. 

She played in water without herself, I took enough time to grind them.

Graindgrain

I choose several grains containing dark color vegetable flavonoids and vitamins.

It doesn't need to smash small powder, but if the beans are large she doesn't eat them, so I have to make them in adequate size.

Greenbeans_2 Green beans, mung beans are good, but too large to eat.

We have to smash every food to suitable size she likes.

Featherdrying Keeping body temperature in standard degree is most essential thing for every homoiothermal animal.
Birds are warm-blooded animal, too, they want to dry quickly not to cool themselves.

My birds Knows where her hope will realize, and she climb my shoulder. I will dry her with a hair dryer in warm wind. She knows the way what she behave. Wonderful !

Feathercleaning After taking bath, she groomed her feathers one by one.

At first she grooms feathers at the both wings, the penon feathers, secondary at the armpit, finally the tail feathers.

I think because grooming of feathers is preparation to fly, not to be eaten by other predator animals. She prepared from greater working feathers contributing to fly.
I guess the method of grooming is stored in her ROM (non-rewritable read only memory) in the brain.

By her grooming way, I should learn methods how rank my various works. I have to work and work,. and I will be memory impairment, and work and work, but not finish.
 
After she ate delicious foods  (maybe) enough, she sleeps peacefully behinds me.

I'm writing and checking several kinds of medical column and letters sent.
I'm holding my breath during works, it might be good.

We want to cherish someone's peaceful sleeping face on instinct.
It might be good.
The tender heart might be wrote in our ROM in the brain?
Although I'm a neurologist, specialist of brain, but I have no information or papers about clues, no clue.

Thunderstorm22018 It came to dark thunderstorm suddenly. Asian thunder and rain.

The forpus coelestis is called mame-ruri-ha 豆瑠璃羽 in Japanese.
(small blue birds, 豆mame=beands=small, 瑠璃ruri=lapis lazli, 羽ha=wings or feathers)
Lapis lazli means stone of lazli, and  lazli means blue like sky, sea, and universe. Name of species of my pakees is forpus coelestis, and it means deep blue like sky. In English, also in Japanese, people call them in the same way blue stones and blue birds.

They might have been showing translucent beautiful lapis lazuli blue truth.

続きを読む "taking bath, grooming, eating / grinding colorful beans / ROM in our brain / 水遊びをして羽づくろい /エサを作り挽く"

|

2018年8月12日 (日)

マメルリハとポッチャマ / forpus coelestis & POKEMON, Pochama / the bird with a boroke leg

Mameruriha0812

マメルリハは、朝、人の傍に来たくなります。起きると鳴き出す。鳥の声で起きるのも、良いものです。

麻の実や、トウモロコシなどの雑穀がすきです。朝ご飯。

エサのバリエーションを増やすようにしています。インコは頭良くて、食べるのが難しいエサだと頭が活性化して長生きになるらしい。

カボチャやゴーヤの濃い緑の皮を茹でて、乾燥させて、粉砕してエサにまぶしたりする工夫をしてます。碧が深くなった気がします。美しい。

Photo 昨日、ヨドバシカメラ秋葉原のカプセルトイ。300円。イーブイがとても好きで、イーブイを出そうとおもったら、ポッチャマ。

マメルリハが出てきました。

職員さんの面接の後、メタルビルドのエールストライク・ガンダムを受け取りに行きました。

予約してから3ヶ月近くかかりました。

クリニックは、診療を休んでいるときも、何らかの作業が続いています。レセプトとか。

Photo_2
メタルビルドの台に、ポッチャマを乗せるとタイターニアのようでカワイイ。

女性医師の山田先生が主導する、新しいプロジェクトも始動しました。僕が水面下で進めていた、長年の蓄積の結果を一つずつ山田先生に渡すことにしています。

続きを読む "マメルリハとポッチャマ / forpus coelestis & POKEMON, Pochama / the bird with a boroke leg"

|

2018年8月10日 (金)

white Dr robe and forpus celestis / will she work as a Dr ? /白衣とマメルリハ

Whitedrcoart

Our forpus coelestis loves munches and gulps. Today she is addicted to white Dr robe.

The contrast of blue-green of the bird and white robe is nice.

Slightly her head reflects morning sky blue.

She will work as a bird-faced doctor instead of me today. Thanks a lot.  (haha) If she did, I skip working today. Will she work as a Dr ?

I'm sorry my little bird.
I work for you, for your delicious food. Of course today, too. Of course.

I don't say such thing again.
(Please forgive me sometimes complaining.)

マメルリハが今日は、白衣をガブガブするのに熱中していました。
羽の碧と白衣のコントラストが美しい。
マメルリハはガブガブ。朝、かごから出してあげたときも、挨拶にガブっ。
朝の青空がほのかに頭に反射して美しい青。
今日は、彼女が鳥の顔をした医師としてクリニックで働いてくれるかも。
どうも。
もしそうしてくれるなら、今日僕は楽できるのに。でも、ズルしちゃいけない。
ごめん。ちゃんと働くよ。
もう、君に働いてなんて言わない。
ガンバル。

|

2018年7月28日 (土)

Ehology indicates important things / rosting fox-tails while typhoon comes / マメルリハの豆を炒める / 台風

Tokyotowerame07

The typhoon #12 comes to Tokyo today, 28th072018. I worked several works in my clinic and and left several works, after that I worked in a broadcast studio .
東京は台風です。幾つかの仕事をして、幾つかのしごとが残っています。

My father said little young me "the white thread-like rain (strong thin rain) informed us a storm will come."
グラディエーションがついているグレーの空。白い糸みたいな雨は嵐の雨だ、と父が教えてくれたことを思い出します。

Kabocyanotane I bought a peace of pesticide-free pumpkin at began price, roasted them on a iron pan. Its deeply green skin was heated by microwave and dried.
国産無農薬カボチャの安売りを買っておきました。皮ははいで、レンジで加熱後乾燥。
Under the summer sun the seeds were dried completely, they were very good condition.
種は乾燥した後、炒りました。夏は紫外線の下でカラッと乾燥するので、とてもいい。

I roasted green fox tails to sterilize.
ストックしてあるエノコログサも、殺菌のためにいったん全部出して炒りました。温度を測って、80度以上で2−3分。以前、一部分でも焦げてしまうとイヤみたいなことがあったので、焦げないように加熱。

Their small seeds looked like nice.
落ちた小さな種が、いい感じに仕上がっています。加熱と乾燥は、細菌増殖の機会を減らします。

Enokorofly The number of general medical doctors who roast fox-tails in Tokyo is maybe three (haha), even if the storm will come.  I'm professional of internal medicine and also a professional chef/cook of foods for forpus coelestis, mameruriha.

I wounded burn injury both sides of my palms to boil green beans for her. Most area of it healed before broadcast programs, and pain markedly reduced. I wish she keeps beautiful blue like the Mediterranean sea.

Ethology and relative biology, relative embryology indicate the human species is only one of the living species, I think. Human isn't special one.

家でマメルリハのためにエノコログサを炒る医師は、東京に3人ぐらいしかいないんじゃ無いだろうか。台風だったとしても。そのせいでヤケドもしてしまったけれど、僕は彼女に地中海のように美しい青でいてほしい。
華奢で動きが速く、目が大きなスタッフがいらしたので、君に似ているよ、とマメルリハの写真を見せてあげた。

〝鳥?なんだ・・・(人間じゃ無くて唖然)。でも、かわいい〟とお世辞をいってくれた。女子は、冴えない人間に慈悲深い。

でも僕は、いいわけを考える。人間も鳥も、生き物で変わらないんじゃないか?
比較生物学や行動生物学の本をよむと、人間は他の動物の延長線上にしかいない。チンパンジーと遺伝子は、ほとんど一緒だ。人は、特別な生き物なんかじゃない。さらに子孫を残せるのだから、皮膚の色が違っても僕らは〝人間という〟同じ種だ。そう思う。

意思疎通ができる美しい青をまとったマメルリハと僕も、そんなには変わらないじゃないだろうか。いろいろなことを、僕はすぐ忘れてしまう。僕の脳は、他の人よりもずっと鳥に近いだろう。そんなことを言うと色々憶え続けている、彼女に失礼かもしれない。毎年歌う歌を変える鳥だっている。

I treated the several kinds of foods for my bird, forpus coelestis. Keeping them clean condition has been protecting her.
清潔にエサをストックしておくことは、彼女を護り続ける重要な作業。

|

2018年7月19日 (木)

長生きのカラスアゲハと共に診療にあたる

Yamadadr

手伝って下さっている山田先生にカラスアゲハを持ってもらいました。蝶や蛾が苦手な人もいるので、聞いてみたら虫は大丈夫だと。
持ってもらいました。

Ageha0414 10日ほどしても、鱗粉(りんぷん)はほぼ無事で本人も元気です。

蝶を痛めずに、長生きさせるというのは初めての試み。
このまま続けて行けることを願っています。

技術評論社の野口さんにも見てもらいました。

|

2018年7月16日 (月)

Forpus colestis and Japanese Setomono / sterilization of equipments / Marin-day-holiday

Japanese_setomono_1

I took several hours break at morning today, I played with my mameruriha; forpus colestis.

She left beautiful feather on the Japanese Setomono "Arita-yaki", china.

The blue feather on indigo is amazing beautiful. It looked like blue leaf on deep marine blue.

Japanese_setomono_2
I gave her cones, green beans, black rice grain, azuki (Japanese russet small beans) and black soy bean. She ate evenly, but maybe she prefer black rice grain and AZUKI.

After that I had to work in clinic for several impersonal business, besides every Japanese people was enjoying Marin-day-holiday.

Sterile1 I sterilized equipment, I moved her birdcage not to her to Yakitori (in English skewered grilled chicken).

At first I sterilized metal equipments in boiled water, after that a watering plastic place.

Not only bacillus (bacterium), mold and yeast will easily increase in Summer with high atmosphere temprature 37C and the high humidity.
JSterile2apan is located in the Asia, it rains a lot in Summer. It's so hot and the humidity is high.

I dried the equipments on the sterilized metal plate. We Japanese use chopsticks every day, which made from simple tree stick.
Because chopsticks are wood, they have porosity (small hole on the surface). Chlorine is harmful to birds like  chlorofluorocarbon gas, I avoid use these sterilize method.

ISterile3t's famous to detect harmful gas in coalmines canary (yellow birds) in birdcages were  carried in them. If the bird will die, peaple will have to escape .

Birds are frail to gases, especially halogen gases like Cl-, F-. and hydrogen sulfate, etc.

The boiled water is safe for birds, but I burned several days ago, it's harmful for my left hand-skin, ah..., it ache sometimes like electric shocks.

I can't endure the pain if I'm not a medical doctor, neurologist, I recognize again and again that caused by injured peripheral nerves Ruffini corpuscles, when the aches comes again and again . 

I'm really grateful for the pain, because I can know Ruffini corpuscles are alive. It indicates my burn is not so deep but extensive on the palm. If the burn is deep and Ruffini corpuscles are damaged, it will painless and I have to stop working as the doctor.

続きを読む "Forpus colestis and Japanese Setomono / sterilization of equipments / Marin-day-holiday"

|

2018年7月14日 (土)

管理栄養士さんの先生になる / 名古屋での講師 /徳州会の坂本先生、岐阜大の堀川先生と

マメルリハの話から、管理栄養士さんのお話をはじめました。
名古屋からの日帰りでも、ブログが打てるなんて素晴らしい。

Nagoyakeizaidaigaku20180714

 

場所は、名古屋経済大学のキャンパス。

名古屋駅から先生がご案内してくださいました。
灼熱で40度近い。

東京より暑い。

 

徳州会の坂本先生が、進むべき道を示してくださいました。

Dr
沢山のいろいろな話をしました。
やさしい、良い先生です。

ヤケドをしていることもあり、「痛みと優しさ」について、語り合いました。
胸部外科や消化器外科をなさっていたので、救急で医師の心のありかのとってもいい話でした。沢山おいしゃさんの話をした。

Photo_2 和洋女子大の古畑教授もいらしてくださいました。

かろうじて指だけ動く、〝豚足〟を笑ってくださいました。豚に包帯。

医師には、共感はありません。必要な処置があるのみ。自分に施した広範囲2度熱傷の処置ついて報告致しました。

僕らは、休まないように訓練をうけているので、片手に(たぶん世間で言う)重症な
熱傷にあっても病院は受診しない、というか、そういった時間が無い。

糖尿病でも高血圧でもないので、蜂窩織炎にはきっとならない。ヒビテンできのう痛みをこらえてデブリしました。必要なら正中神経ブロックを自分で局麻すればいいだけ。右手だけでキーボード打ったし、疝痛発作も無表情に過ごすコツも覚えた。診療は休めない。何日も診療してきたので、ガス壊疽にならなければ何も変わらない。
匂いで、菌の種類や多さが何となく。

Photo 岐阜大の堀川先生。とっても素晴らしい先生。早川先生と土佐先生。

国立大学の応用物理を学んだ後、国立大学の医学部に入り直して人間の医療に携わられています。

堀川先生は、なんて素晴らしい人生なんだろう。
〝おまえは、体型が壊れているから、生きていればまた会おう〟といってくださいました。そのとおり。名医は違う。真実を通して人心をあっという間に、つかみ取ります。堀川先生を頼っている患者さんは、無数にいるんだろうと思いました。本当にいい先生。
前田先生とは、名前の順で隣の同級生らしい。

Photo_3 150人以上いらっしゃる前で講師/講演会をしました。一般の方も聴けるようになりました。

多田先生は、古畑先生と同様に栄養学の重鎮。僕らは、栄養学会、協会大連合会で毎年シンポジウムを行っています。

一貫したテーマは、〝臨床栄養士さん、臨床の現場で一緒に戦おう〟です。

画像でお見せできる状態ではないので、チラ見。突沸した湯は、手のひら全体を包み、指の隙間をぬって僕から立ち去りました。

マメルリハは、無傷ですんだ。それなのにやつは、剥けて垂れ下がった皮や赤い未熟な肉芽をねらう。自然は、残酷です。言葉は通じない。それでいいとおもう。少なくてもつつきたくない悪臭にはなっていないらしいから。

Burn堀川先生や坂本先生からのコトバを胸にひめて、名古屋を後にしました。

ちょっとガンバってみようと思うけれど、昼休みは事務さんが午後の診療のために午前の集計をするあいだの3分のみ。40秒のトイレのあと、箱買いしたカップ麺がふやける前に食べるのが日課になっている。

午前の患者さんが夜にかかるときには、何も与えられないから、何も求めない。生物学的欲求を一時的に遮断する。


医師になったときから、ずっと同じ生活。生きている間に、僕が守れる患者さんがどれだけ多いかだけ。佐久間町に引っ越してからだけでも、沢山の患者さんを護ってきた。

この前も、心臓のことを僕にしらせるためだけに、何時間も待ってくれた人がいた。今後、僕らには通院されないにもかかわらず。ただ、それだけのために。

僕は、手のひらが焼けても医師の訓練を受けてきたから泣かないけれど、そう言ったときだけ、僕は、静かに心の中で泣くことを自分にゆるしている。

世間は連休かもしれないけれど、たまりにたまった様々なしごとが明日もクリニックで待ってる。左手でキーボード打たなくてはいけない。泣いても、何も変わらないから泣くだけムダだ。

患者さんたちが経験しなくていいつらさを、僕はダムのように少し減らせてあげられているのだろうか、防波堤になれているのだろうか。僕自身には全く自身がない。

僕ら医師は、インフラで道具。〝換え〟はいくらでもある。けれども、がんばらなければ、いくつあってもたりない。砂防ダムのようなものだ。山で廃用になれれば、捨てられていく。換えはいくらでもある。でも、生きている砂防ダムがないと里を守れない。

東大の女性の若い医学生さんは、産婦人科に行くという。なぜ、こちらがわに来るの?君は。と質問してみた。

〝生まれてくる子供や、人の命を守り続けたいから〟とキラキラした目でかわいらしい顔でいう。僕の手のひら全体の熱傷の話をして、国試に熱傷はでるよ、と教えてあげた。光が角膜に反射する彼女の目は、僕が守ったマメルリハのつぶらな瞳といっしょだ。僕の腐りきってしまった目とは違う涼しげな輝く瞳。

手のひらで、とりあえず面積を測るんだけれど、僕は手のひらがダメになっちゃったし、グローブみたいにむくんでるから計測が不正確だね、といって黒ずんだ指を痛みをこらえて曲げてみせたら笑っていた。やがて彼女は、救外の扉があいた瞬間に急患に突っ込んでいって、皆に指示号令をかけながらコッヘルやペアン、無数のモスキートで断端動脈を結紮しながら赤ちゃんや女性を護り続けるんだろう。

なんてカッコいいんだろう。〝クロスマッチ終わってるでしょ。12単位の輸血お願いね〟とかいって麻酔科の先生とほほえむ姿が思い浮かぶ。

女性医師は、思い切りもいいし丁寧で美しい。寝ていないはずなのに、くさくないしどこかで姿を整えている。人間の容姿を捨ててない。

皮膚科の女性医師の先生は、〝一発で焼ききんなきゃ、痛い回数がふえるだけでしょ〟と患者さんにいって、手のひらや足裏のHPVのイボを焼き切っていた。なんてカッコいいんだろう。

美しい彼女には、現場でムリせず長生きしてほしいとおもう。心からそう思う。おじさんたちが、盾になれるなら、上から振ってくる弓矢から彼女たちを護りつづけたい。もちろん、青年たちも。


僕は、ガンバって渇水をふせぐ水道管や蛇口ぐらいの価値にはなりたい。一滴ぐらい運べれば、運べる可能性を示した、と若者に詭弁できるかもしれない。物事は、ポジティブに考えるべきだ。

管理栄養士の皆、臨床の現場にでてきて欲しいと思う。共に、病と戦おう。僕らだけでは、網の目があらすぎる。

説明したとおり管理栄養士の皆にしか、守れない命があるのだから。

|

2018年7月 5日 (木)

花束とマメルリハ / 夜明けを告げる鳥

Mameruriha_000008

荒波を乗り越え、あちらこちらから花を集めてきて羽ばたくマメルリハを描きました。

夜があけて、朝日が昇り始めたところ。翼や体軸のうねりの曲線を描いてみたかったです。

カワイイ実物を触れたりしてゆっくり観察することで、羽や骨の構造が理解できます。

実物はハガキ。励ましたい方がいらして、御描きして差し上げました。

スキャンしてくださったので、少し大きめに印刷してクリニックに飾ろうと思っています。

|

より以前の記事一覧