08.新クリニック/未来の医療をめざして

2017年9月20日 (水)

WCN2017: 国際神経学会 / poster sessions: ポスターセッション / audiences: 賑わいました

Img_0006 昨夕、すべりこみ で京都に到着し今朝からポスターセッションの発表を行いました。2演題が連続しているので、両者への集中砲火的な質問に答えていきました。

インドネシアの親子の先生方やフィリピンの先生ともディスカッション。親子で神経内科医とのこと。お父さんはとてもアグレッシブ。

Medicalstudens0920 サウジアラビアからは、医学部の6年生の学生さんがいらしていました。これから卒業して神経内科医にすすむ予定とのことでした。素晴らしい。

片頭痛とトリプタンや、女性の片頭痛についてすこしお話ししました。なんと、国内のインフラが全てをバックアップしてくれているとのこと。

インドネシアの方も両者とも、国際学会出席に公的な支援があるとのこと。若者に投資する国々は素晴らしい。日本の若き医師たちは、消耗してしまっていることも多く何とかしないといけないと思いました。

その後も入れ替わり立ち替わり、先生がいらっしゃって沢山ご説明しました。日本の先生とも沢山ディスカッションできて、苦労したけれど頑張って本当にうれしかった。

山中先生のiPS細胞の講演会も拝聴しました。

Img_0005_2その後もたくさんの先生にお会いして勉強しました。国際学会で発表するのも脳トレになります。アカデミックな品質をキープしていくことも重要。

診療のために、一歩ずつ。

追記
その後、通常のWCNよりも沢山の方々が来訪したことが報告されました。前教授だった水澤英洋先生がWCN2017の大会長(魚拓)です。クリニック移転の業務のさなかの3−4月にがんばって演題を出すことにしたのも、先生から頂いたメールに応えたものでした。

Congratulations!

☆  ☆    ☆       ☆               ☆

I attended World congress of Neurology  2017 09 20 in Kyoto.

In front of our posters I discussed with Dr.s from Indonesia, Philippine, and so on, in addition, medical students from Saudi Arabia.

All of them are very smart and fortunately they were interested in our session. They made many questions and answers, which were encouraged me so much.

With the students we discussed about mechanism of migraine and triptans, and the medical indications/informations will useful in their country, I guessed.

I med many famous neurologists, and studied more in several sessions and I will return to daily clinic works.

WCN2017 was very important presentation opportunities for me. Although it was very tight schedule and hard work to make presentations, I think it"s incomparable productive experiences.

Finally I have to describe gratitude to every Dr. and medical student for approval of Photos for my BLOG. We exchanged our addresses each other. Thank you!

Nextwcn Next WCN will be held in Dubai Saudi Arabia. When I went out to the venue to return to Tokyo, I saw the information. I hope I would meet young hopeful neurologist there again.

|

2017年9月16日 (土)

気温と体調 / NHKの取材 / 春や秋の体調不良 / 「秋バテ」 / 体を見つめる

Nhkapril1

クリニックが移転した春にNHKの気象予報士の檜山さんがいらっしゃいました。気温の変化と体調変化について、尋ねられました。
当日、気温変化で体調がすぐれない患者さまが結構訪れていました。

彼らにご協力いただいて、出演もしていただき生の声を届けていただきました。

20170916 スカイツリー展望台の気圧は950hPa。

今近づいていて、暴風による被害をもたらしている台風は中心でも955hPa。地上では人間の体は、気圧にはあまり影響を受けないようにできています。

もちろん、極端な高地やダイビングなど、天候変化とは比べ物にならない気圧の変化では体への物理的な負担がかかります。それは、体調変化とは別な人間なら全員に起きてくる「圧による障害」によるものです。

Nhkapril2 勉強していらした彼らの質問にお答えしたのですが、人間は恒温動物の哺乳類。基礎代謝として、たくさんのエネルギーを使って体温を維持しています。体温は、体内の酵素反応などを支える命の元になるものです。

気温が乱高下に合わせて、自律神経は頑張って体調を維持しようと努めます。自律神経自体が失調になることはありません。ホメオスタシスを支える自律神経失調は、命にかかわるからです。東京医科歯科大学で、患者さんの自律神経機能を専門の検査室で技師さんと検査していたことを思い出します。

Nhkapril3「自律神経失調」についてのTVプログラムのコメントを差し控えさせていただいているのは、医学的に正しくないから。ましてや、それを整える食材や飲料などは世の中に存在しません。呼吸や循環、体温を支える自律神経システムは、そもそも整える必要がない強固なシステムです。

自律神経システムは、生まれおちて死ぬまで、わたくしたちが起きている時も寝ているときも、走っている時も水の中を泳いでいる時も、体を監視して一定の状態に保ってくれています。

気温の変化について、彼らは念入りに取材されプレゼンされました。正しい医療情報をお伝えすることに専念しようと思っています。

患者さんには、繰り返し「雨や晴れ、台風などの天候に一喜一憂しないよう」にお伝えしています。女性であれば、体内の女性ホルモンの上がり下がり、つまり『体内のお天気』のほうが気圧の上昇低下よりもはるかに大きな影響を与えます。頭痛ダイアリーを眺め直して、『月経関連片頭痛』に目を向けるようお伝えしています。

BS日テレの深層NEWSの方も、朝ちゃんの方も入念に取材されたうえでクリニックにいらっしゃいました。「秋バテ」についてお話ししました。良質な番組を作られる方々は、熱意が違います。

それに応えていこうと思っています。丁寧に、一つずつ。

|

2017年9月10日 (日)

国際学会のポスターの日 / RUNとEX

Kamakiri0910

夏を思わせる土日、カマキリが葉っぱのうしろに隠れていました。RUNの前に見つけました。葉と同化していますが、まだ幼虫。樹々の緑、空の青、雲の白のコントラストが綺麗。

Aiplain0910 国際学会のポスター作成や週刊誌の校正などが一旦終了したこともあり、ゆっくり走りました。飛行機雲も白く輝いていて、穏やかな夕方。昨日は、1500mSWIMと筋トレの日。今日は、RUNのみ。

Sky0910_2 ベンチの上で腹筋をしていると、美しい空に星が一点。
Vega0910
STAERWALKで確認すると、ベガでした。

少し仕事を続けていると、管理栄養士さんからメールが届いていました。講習会のPPTファイルを手直しして送付。ファンデリーの脂質のブログを更新。手書きイラストをデジタル化するメソッドを手に入れました。

先々週から、先週まで駆け足の日々。TVのスタジオ出演や、取材もありました。今週は、新聞社のママさん企画の取材があります。

朝RUNが再開できるよう、体調を整えて行こうと思っています。秋は、RUNにもSWIMにも良い季節です。

|

2017年9月 4日 (月)

頭痛の会合 / 管理栄養士の会合 / 国際学会 / EX続ける

Mcssmanakadr

土曜日に頭痛の会合が開かれました。
間中先生と山口先生にお会いしました。
久しぶりにお二方のお話をお伺いしました。

Mcss4 同じセッションだった先生方。五十嵐先生や、鈴木慶応大学教授もご一緒でした。鈴木先生はコペンハーゲンに行かれた後、翌週京都の国際学会とのこと。すごい。

頭痛の会合が始まる前に8km走って、筋トレしたお話もしました。

Mcssmatumoridr 仲良しの松森先生。
脳外科の先生だけれども、神経内科の国際学会に出席されるとのこと。仙台の伊達男に磨きがかかっています。

ZEROに出演されたときのエピソードなどをお伺いしました。

Mcsssannoudr
少し前に一緒に講演会をさせてもらった山王先生もいらしていました。美男美女。

Hiratadr 平田獨協医大教授には、いつもお世話になっています。
論文のお話をしました。ちゃんとカタチにしようと決意をあらたに。日々がタイトであっても、アカデミックなものもきちんと修めていく開業医でありたいと思っています。国際学会には、クリニックから2演題を行う予定です。論文化まで行けることをねがっています。

Lenc 翌朝の日曜日。軽く走ったあと管理栄養士さんの講師のお仕事でした。臨床の現場で活躍できるようにそれぞれの栄養士さんがスキルアップしていきました。頭痛の会合の日程がうまくずれていたので、お仕事ができました。帰宅後、ジムに行き筋トレ+ランニングマシーン4km。

金曜日も、国際学会の資料作りのため遅かったので、ここ数日は光速で過ぎていきました。それぞれが、大切な仕事だったけれどEXも頑張って乗り越えました。

頭痛診療や栄養学会の重鎮の先生方に暖かく迎えていただけることは、本当にうれしい。これからも一つずつ、仕事を大切にして過ごして行こうと思っています。

|

2017年8月14日 (月)

夏季休診のお知らせ

8月8日火曜日から14日月曜日まで夏季休診となります。何卒よろしくお願い申し上げます。

|

2017年8月 9日 (水)

オフの日 / レセプトを終えて

Sky0808

午前中にレセプトを終えてしまい、突然オフの時間がやってきました。
うれしい誤算。

時間が数時間生まれたので、LSDのトレーニングの日にしました。

Rainbow
14kmRUNとEX。平日だったので、ウエイトトレーニングのマシン使い放題。ベンチプレスもゆっくり行いました。その後、SWIM1時間。

夏の夕方ゆっくり水中ウオーキングするのもよいものです。重力の中でEXして疲れた関節がほぐれます。

帰り際に空を見上げると虹が出ていました。撮りなおそうとすると消えてしまったので、ほんの数分の美。

少し励ましてもらったような気がします。

|

2017年8月 5日 (土)

管理栄養士さんと臨床 / パン作り / バディとして

Profhayakawa

栄養学の早川教授と姪ごさんがいらっしゃいました。
管理栄養士さんと臨床について、話し合いました。

また、パン作りの未来についても語り合いました。
いろいろな新しいことのシナジーが生まれるよう、作戦会議を続けた夜でした。

連日緊急でお願いする患者様もいらっしゃって診療は多忙を極めましたが、スタッフともども踏ん張りました。

名古屋や岐阜が本拠地の早川先生も多忙を極めています。医療現場で戦うバディとして戦意高揚を語り合いました。

|

2017年7月19日 (水)

夏の空を走る / 新しいクリニック・新しい薬局

0719sky

今日は少し走ってから診療に向かいました。

ゆっくり空を見ていると、すっかり夏の空になっています。
樹々も青々として、風は暑くなりすぎずちょうどよい気候です。

Forestchair 無印良品のきなりのTシャツは、オーガニックコットン。織り方がムラ糸で網目様になっていて通気性が素晴らしい。さらにスポーツウエアの化繊よりも着心地が良いため、普段着にはパーフェクト。

トレーニングでは、ひっかき傷や摩擦、さらなる持続的発汗があるので化繊のほうが良いです。

Muji_t 発汗しても、ムラ糸の織目にウネウネがあるので皮膚に密着せず汗を蒸散し続けてくれます。柔らかいので肩関節の可動域も制限しない。

クリニックの一階に新しい薬局が産声を上げようとしています。準備されていたメンバーと少しお話をしました。アスファルトの秋葉原のオアシスになるようなデザインがなされていて、緑色と木目、白が基調の店舗でした。

Forest2 これまでは、業者さんが入っていたのですが、今日は薬局のスタッフの方々とお話しすることができました。
新しいクリニックと新しい薬局。

日々、いろいろな事が変化していきます。

患者さんには、すぐに処方が行えて利便性がグッと増します。新しい医療コンプレックスシステムとして頑張っていこうと思います。

|

2017年7月17日 (月)

管理栄養士さんの講師 / 週末EX / 夕方「野原」を歩く

Osaka0715

連休初日、管理栄養士さんの講師をするため大阪にうかがってきました。多田先生からのご挨拶。沢山の方とお話しました。別府大学の浅田先生は、大分からいらしてくださいました。

Osakalosen 大阪の路線図。新大阪を中心として、幾つかの路線を覚えました。タクシー使うようにも言われましたが、僕は歩いたりメトロ使って人駅ずつ味わうのが好きです。乗り降りする方がを眺めるのもいいものです。
Minasesan 偶然、お世話になった編集長の水無瀬さんと同じ地名を見つけました。「「水無瀬」は、地下水のように表には現れないけれども、人々が集うところを意味している」とおっしゃっていました。そのとおりです。
Osakatoile 道路の真ん中に入口があるメトロを降りると、トイレが可愛い。「ようおこし」。うかがった懇親会では、大阪セットをオーダーしてみました。たこ焼きと焼きそばの、炭水化物デュエット。たこ焼きをひとつだけ頂きました。

Osakaset大阪の食べ物は、甘みと旨味、塩味が強烈で脳のドーパミン・報酬系を刺激するような気がします。豚まんもおいしい。美味しすぎるこういった食べ物は、いつか必ずまた食べたくなる。危険。

初日は5km走り2000mSWIM。大阪の日は時間がなくて5kmRUNと筋トレ、今日は4kmRUNで明日に備えました。新幹線の中では、走行中の無線LANの接続方法を学びました。

脂質ブログのための写真や料理をしながら、食器を洗いました。幾つかの仕事を重ねて上手く同時進行できると、それだけで自己満足にひたれます。

Tokyoyugata0717 自慢できるような仕事じゃなくっても、やらなくっちゃいけない小さなことをチャンとやることが「生きること」だと思っています。丁寧に生きること。お皿を洗うのも一所懸命やることにしています。

クリニックのアロマシステムのための買い物に行った時、飛行機雲を見つけました。夕方の風に当たりながら、いろいろ考えながら帰りました。Photo少年のころ、江戸川の土手をトノサマバッタを追いかけて走り回った夕方を思い出していました。

お金持ちの友達は、自転車で速くてうらやましかった。でも僕の方が、自転車が入れないススキの中を自分の足でかき分けてバッタを捕まえられた。誰も見つけられなかったオオカマキリのメスやその卵も。

夕日に照らされて、ススキのてっぺんでカマを構える緑のカマキリが立派過ぎて、見とれてずっと座っていたこともありました。緑のカマキリの瞳にも、柔らかな羽にもオレンジの光が宿っていました。

新しい本の出だしでつまっていましたが、今日、突破できた気がします。大人になっても、ススキを掛け分けて一歩ずつ進まなくてはならないようです。バタフライのひとかきを続けるように。

|

2017年7月11日 (火)

カフェイン中毒 / 頑張りすぎないこと / サーカディアンリズムを守る

 

Circadianrhythm カフェインは身近なものです。

そのため、ちょっとしたことで多量に摂取してカフェイン中毒になってしまいます。クリニックでも拝見することが多くて、数年前に警鐘を鳴らす記事を新聞のコラムに書きました。

カフェインが多量になると、吐き気、めまい、動悸、不整脈などがあらわれます。手の振るえがひどくなることもあります。

動悸が止まらなくて、息苦しくなって、手も振るえてこまってしまってクリニックに来院されたかたもいらっしゃいました。救急病院の外来でも、何人も拝見しました。

Caffein

カフェインを摂取しない週末に頭痛が起きることもあります。カフェインの離脱症状の一つで、週末頭痛と呼ばれます。

クリニックのサイトでは頭痛が多い方は、試しにデカフェに変えるよう繰り返しおすすめしています。

人間は夜ぐっすりねて、昼おきて活動するというサーカディアンリズムが重要です。学研のガクセイトでもそのお話をしました。

夕方飲んでいたサプリメントを止めたことで、ゆっくり寝れるようになった方もいらっしゃいました。よく調べるとカフェインが含まれていたからです。

カフェインは、ある程度の量以上摂取すると、有毒性だけが増していきます。
摂取量に注意をはらうことが大切です。

|

より以前の記事一覧