08.新クリニック/未来の医療をめざして

2017年8月14日 (月)

夏季休診のお知らせ

8月8日火曜日から14日月曜日まで夏季休診となります。何卒よろしくお願い申し上げます。

|

2017年8月 9日 (水)

オフの日 / レセプトを終えて

Sky0808

午前中にレセプトを終えてしまい、突然オフの時間がやってきました。
うれしい誤算。

時間が数時間生まれたので、LSDのトレーニングの日にしました。

Rainbow
14kmRUNとEX。平日だったので、ウエイトトレーニングのマシン使い放題。ベンチプレスもゆっくり行いました。その後、SWIM1時間。

夏の夕方ゆっくり水中ウオーキングするのもよいものです。重力の中でEXして疲れた関節がほぐれます。

帰り際に空を見上げると虹が出ていました。撮りなおそうとすると消えてしまったので、ほんの数分の美。

少し励ましてもらったような気がします。

|

2017年8月 5日 (土)

管理栄養士さんと臨床 / パン作り / バディとして

Profhayakawa

栄養学の早川教授と姪ごさんがいらっしゃいました。
管理栄養士さんと臨床について、話し合いました。

また、パン作りの未来についても語り合いました。
いろいろな新しいことのシナジーが生まれるよう、作戦会議を続けた夜でした。

連日緊急でお願いする患者様もいらっしゃって診療は多忙を極めましたが、スタッフともども踏ん張りました。

名古屋や岐阜が本拠地の早川先生も多忙を極めています。医療現場で戦うバディとして戦意高揚を語り合いました。

|

2017年7月19日 (水)

夏の空を走る / 新しいクリニック・新しい薬局

0719sky

今日は少し走ってから診療に向かいました。

ゆっくり空を見ていると、すっかり夏の空になっています。
樹々も青々として、風は暑くなりすぎずちょうどよい気候です。

Forestchair 無印良品のきなりのTシャツは、オーガニックコットン。織り方がムラ糸で網目様になっていて通気性が素晴らしい。さらにスポーツウエアの化繊よりも着心地が良いため、普段着にはパーフェクト。

トレーニングでは、ひっかき傷や摩擦、さらなる持続的発汗があるので化繊のほうが良いです。

Muji_t 発汗しても、ムラ糸の織目にウネウネがあるので皮膚に密着せず汗を蒸散し続けてくれます。柔らかいので肩関節の可動域も制限しない。

クリニックの一階に新しい薬局が産声を上げようとしています。準備されていたメンバーと少しお話をしました。アスファルトの秋葉原のオアシスになるようなデザインがなされていて、緑色と木目、白が基調の店舗でした。

Forest2 これまでは、業者さんが入っていたのですが、今日は薬局のスタッフの方々とお話しすることができました。
新しいクリニックと新しい薬局。

日々、いろいろな事が変化していきます。

患者さんには、すぐに処方が行えて利便性がグッと増します。新しい医療コンプレックスシステムとして頑張っていこうと思います。

|

2017年7月17日 (月)

管理栄養士さんの講師 / 週末EX / 夕方「野原」を歩く

Osaka0715

連休初日、管理栄養士さんの講師をするため大阪にうかがってきました。多田先生からのご挨拶。沢山の方とお話しました。別府大学の浅田先生は、大分からいらしてくださいました。

Osakalosen 大阪の路線図。新大阪を中心として、幾つかの路線を覚えました。タクシー使うようにも言われましたが、僕は歩いたりメトロ使って人駅ずつ味わうのが好きです。乗り降りする方がを眺めるのもいいものです。
Minasesan 偶然、お世話になった編集長の水無瀬さんと同じ地名を見つけました。「「水無瀬」は、地下水のように表には現れないけれども、人々が集うところを意味している」とおっしゃっていました。そのとおりです。
Osakatoile 道路の真ん中に入口があるメトロを降りると、トイレが可愛い。「ようおこし」。うかがった懇親会では、大阪セットをオーダーしてみました。たこ焼きと焼きそばの、炭水化物デュエット。たこ焼きをひとつだけ頂きました。

Osakaset大阪の食べ物は、甘みと旨味、塩味が強烈で脳のドーパミン・報酬系を刺激するような気がします。豚まんもおいしい。美味しすぎるこういった食べ物は、いつか必ずまた食べたくなる。危険。

初日は5km走り2000mSWIM。大阪の日は時間がなくて5kmRUNと筋トレ、今日は4kmRUNで明日に備えました。新幹線の中では、走行中の無線LANの接続方法を学びました。

脂質ブログのための写真や料理をしながら、食器を洗いました。幾つかの仕事を重ねて上手く同時進行できると、それだけで自己満足にひたれます。

Tokyoyugata0717 自慢できるような仕事じゃなくっても、やらなくっちゃいけない小さなことをチャンとやることが「生きること」だと思っています。丁寧に生きること。お皿を洗うのも一所懸命やることにしています。

クリニックのアロマシステムのための買い物に行った時、飛行機雲を見つけました。夕方の風に当たりながら、いろいろ考えながら帰りました。Photo少年のころ、江戸川の土手をトノサマバッタを追いかけて走り回った夕方を思い出していました。

お金持ちの友達は、自転車で速くてうらやましかった。でも僕の方が、自転車が入れないススキの中を自分の足でかき分けてバッタを捕まえられた。誰も見つけられなかったオオカマキリのメスやその卵も。

夕日に照らされて、ススキのてっぺんでカマを構える緑のカマキリが立派過ぎて、見とれてずっと座っていたこともありました。緑のカマキリの瞳にも、柔らかな羽にもオレンジの光が宿っていました。

新しい本の出だしでつまっていましたが、今日、突破できた気がします。大人になっても、ススキを掛け分けて一歩ずつ進まなくてはならないようです。バタフライのひとかきを続けるように。

|

2017年7月11日 (火)

カフェイン中毒 / 頑張りすぎないこと / サーカディアンリズムを守る

 

Circadianrhythm カフェインは身近なものです。

そのため、ちょっとしたことで多量に摂取してカフェイン中毒になってしまいます。クリニックでも拝見することが多くて、数年前に警鐘を鳴らす記事を新聞のコラムに書きました。

カフェインが多量になると、吐き気、めまい、動悸、不整脈などがあらわれます。手の振るえがひどくなることもあります。

動悸が止まらなくて、息苦しくなって、手も振るえてこまってしまってクリニックに来院されたかたもいらっしゃいました。救急病院の外来でも、何人も拝見しました。

Caffein

カフェインを摂取しない週末に頭痛が起きることもあります。カフェインの離脱症状の一つで、週末頭痛と呼ばれます。

クリニックのサイトでは頭痛が多い方は、試しにデカフェに変えるよう繰り返しおすすめしています。

人間は夜ぐっすりねて、昼おきて活動するというサーカディアンリズムが重要です。学研のガクセイトでもそのお話をしました。

夕方飲んでいたサプリメントを止めたことで、ゆっくり寝れるようになった方もいらっしゃいました。よく調べるとカフェインが含まれていたからです。

カフェインは、ある程度の量以上摂取すると、有毒性だけが増していきます。
摂取量に注意をはらうことが大切です。

|

2017年7月10日 (月)

腹筋の空 / 夏の空をみあげる / 「透明な歯車」

Fukkinnosora

ロードを物思いにふけりながら走っていたり、泳いでいるときには空を見ることはあまりありません。

ある日、腹筋をしようとベンチに横になったときの空。

ちょうど太陽が雲に隠れ始めていました。

この黄色がセルリアンブルーに少し混じった空は、夏特有の色合い。

雲の影も濃くて、あまりの美しさにしばらく眺めていました。オークリーと雲の影が、目を守ってくれていました。

美しい偶然は、時々やってきます。

東京共済病院の久保田院長先生は、父親が懇意にしていたり講演会を一緒に行ったこともあり仲良しです。

ある入院対応の患者様が、急ぎで東京共済病院にかからなければならないときにも丁寧に対応してくださいました。

数日後、1年ぶりぐらいに東京共済病院の看護師さんがいらして、世間話をしたところその看護師さんが、なんと、わたくしたちから紹介した患者さんの受け持ちでした!

びっくり。

看護師さんは半年から1年に一回しかクリニックにいらっしゃらないですし、たまたま患者さんをご紹介した数日後で、さらに受け持ち。こういった、「透明な歯車」と僕が勝手によんでいる偶然がときどきやってきます。

夏の空を見上げながら、透明な大きな歯車がゆっくり回っている様子を思い浮かべました。

毎日を全力をつくして、誠実に大切に生きていく。そういったことを空が教えてくれたように思いました。

|

2017年7月 9日 (日)

救急診療と薬物中毒 / 東京医科大学の会合 / 若人のエネルギー / 青い花が咲くとき

Hibiyapk

7月8日に日比谷サローで、若い先生たちを交えた東京医科歯科大学の会合が催されました。私たちの神経内科はとても人数が多いため、オープンテラスでないと入りきらない状況になっています。日産玉川病院の和田院長先生と、ひとしきり思い出話をしました。

Kamatatanakadr_2 武蔵野赤十字病院の鎌田先生と、みなと赤十字病院の田中先生。私は、武蔵野赤十字で救急を含めた総合内科を鍛えてもらいました。

アルコールやカフェイン多量摂取、農薬など薬物中毒の患者さんもみてきたことなどを語り合いました。救急診療の中核になっている赤十字病院は、鈴木一郎先生の日赤医療センターを含めてご縁が深いです。

意識が悪い患者さんがいらっしゃると、とりあえず脳神経内科の私たちが呼ばれることが多い。初期治療を救急救命の先生と協力して行うこともあります。病院の規模によっては、わたくしたちが踏ん張らないといけないことも多々あります。

Shiojirisanjyouishidadr_2 NHKのDrGでも有名の塩尻先生を囲んだ一コマ。池田先生も医科歯科神経内科の先生で、同じくDrGに出演されています。

石田先生の漢方の授業を医科歯科内で、三條先生のはからいで拝聴できることになりました。

神経内科医は、血液検査や画像に異常値として現れない疾患などを解き明かしていくことが多いことや、全身を診れることや、救急から在宅までカバーする診療スタイルから先輩方が登場されることが多いのかもしれません。

Blueflowers ちょうど夕方の光の美しい時間帯で、青い花が鮮やか。サローさんに虫よけとムヒを差し上げてきました。

Profs 薫陶を受けている横田教授と、石川教授。
アカデミズムから開業医まで、シームレスに医療がつながることを真剣に受け止めてくださっています。

たくさんの患者さんが行き来されています。今後の作戦会議もさせていただきました。

Wakamonodr 若者がお話ししに来てくださることも多くて、楽しい会合でした。午前中4kmぐらい走って、2000mぐらい泳いだことをお話しました。

バタフライ200m混ぜて、とか話したら「明日から泳ぐ!」とおっしゃっていました。運動とマイオカインの話で盛り上がりました。

Bp0709 今日は、7-8km走って筋トレ。昨日は、暑い上に楽しくてビールを少しいただいたので、血圧が心配でトレーニング後に計測。いつも通りでホッとしました。

レッグプレスやラットプルダウンがいつも通りでよかった。

僕たち神経内科医は、たいてい救急病院で鍛えられていきます。開業していても、それが支えになっています。仲間を大切にして、その中で生きていきたいと思った日でした。

|

2017年7月 5日 (水)

長谷川先生と作戦会議の日 / 医師の層を厚くする

Withhasegawadr 総合内科専門医の長谷川先生に来ていただいて、2年目に入ろうとしています。朝、スタート前に記念撮影をしました。

安定した診療で、患者さんにも好評です。長谷川先生の時間にいらっしゃる患者さまも増えました。

今日は、今後について作戦会議をすることにしています。ルナルナの代表の方とお話しした時も、長谷川先生から女性視点からのインターフェイスの作成についてアドバイスをもらいました。

やはり医科歯科所属の山田先生も手伝いにきてくださっていて、クリニックを支える医師層が厚くなってきています。

スタッフとの距離感を保つためにも、彼女たちの心に潤いを保つためにも医師の多様化は重要だと思っています。

カルテを供覧して複数医師のチェックが働くので、安全性と透明性が増します。継続性のためには、いろいろな年代にわたる医師が勤務することが必須のことだと思っています。

今朝は台風通過後の青空を4.5km走りました。

土曜日の重点的筋トレに加えて日曜日のサッカーで、肉体疲労は極地でした。月曜日にカーボバックローディングして筋肉痛は消失。昨日から、セミケトン態勢に再度移行しました。

自分に「加速装置」を生み出すために、白筋を鍛えるEXプログラムを組みました。明日朝から試してみようと思っています。

|

2017年6月20日 (火)

頭痛の講演会 / 山王先生とともに / 東京ドームホテルで / 気圧なんて気にしない

0613kouenkai_1_2 東京ドームホテルで頭痛の講演会を行いました。山王先生とご一緒に発表しました。

日ごろ患者さんとお話ししていることをお伝えしました。

気圧では、頭痛は悪化しないことをお話しいたしました。実際、当日は雨が降りそうな気圧低下傾向にある日でしたが、司会の臼田先生(日本医科大学神経内科講師)がリアルタイムの気圧を教えてくださって1013hPa。通常、1010-1020hPaで暮らしています。わずかな低気圧でも、わずかな変化にすぎません。

0613kouenkai_2_2 天候のせいにしてしまうと、頭痛の本当の原因がわからなくなります。たいてい、月経周期、多忙、睡眠リズム障害などが頭痛を悪化させています。その環境を整えることや、予防薬を考えていく方がはるかに重要です。

ちなみに、NHKの方にもお話ししましたがスカイツリー展望台の気圧は、大型台風の中心気圧より低い。でも、何ら問題は引き起こされません。人間は、通常の自然の気圧の変化に左右されない強さを備えています。気にする必要は、全くありません。

山王直子先生は、女性の視点からの優しい発表をしてくださいました。
クリニックでは、長谷川先生に続き山田先生が登場する予定です。女性医師が治療した方が、患者さんが長生きというハーバード大学の研究も発表されています。私は、彼らに大きな期待を寄せています。

本当のことを伝えて、日々の診療を頑張ることを考えていた日でした。

続きを読む "頭痛の講演会 / 山王先生とともに / 東京ドームホテルで / 気圧なんて気にしない"

|

より以前の記事一覧