2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋葉原駅クリニック/お仕事

無料ブログはココログ
フォト

02.頭痛

2019年8月29日 (木)

struggle to find the stars / 新しい扉を開く / 未来をつくる

今日は、早朝に起きて気になっていた感染症についての論文を読みました。

淹れたてのコーヒーを飲み、大好きなColdplayの”Hymn for the weakend”を聴きながら色々考えていました。

ここ1年間、悩む点もあり様々な試みをしつつ前に進もうともがいていました。

クリニックは、佐々木先生がやってきてそれぞれの専門を持つ総合内科専門医のツインエンジンとなり大きな変革を迎えました。

ここ数週間たまたま複数の患者さんで、事務さん、栄養士さん、看護師さん、僕と佐々木先生のスタッフ総出で共同して働いて患者さんを拝見したことを思い出していました。

Invitationeiyou

クリニックには、栄養協会からの招待状。管理栄養士さんは、お産後も勤務を継続したいとおっしゃってくださいました。

小さなクリニックを開設して、他のフロアもお借りして少しずつ大きくなっていきました。
お引越しして、看護師さんや管理栄養士から患者んにお話するスペースも作れました。

頭痛診療では、女性のライフステージに合わせて不安のない治療方法を模索して提供していきました。マグネシウムを多く含む海洋深層水も作りました。

経済的に大変でも保険診療にこだわって診療を続けてきました。

一つずつ長年、患者さんが必要にしていることを実直に積み上げてきたことを思い出していました。

駅前のビルの一室を貸してくださったオーナーさんのご厚意(移転の際にも最大限のご尽力をくださいました)、ディバックに計画書をつめて小山建築士さんと繰り返し図面をひきなおしたこと、博報堂の南部さんたちと議論をくりかえしたこと、その他のたくさんの人たちの協力のもとに作業をつづけていったこと。

彼らの協力が、新しい炎をともしてくださいました。
angel sent from up above
You know you make my world light up

流れたたくさんの歳月。
お会いした何万人もの患者様。延べでは膨大な数に達します。

そして、今朝。Coldplayの聴きなれた曲が全く違う曲に聞こえました。

沢山の違うスペシャリスト人々の力を統合して診療にあたれるシステムはとてもいいと思っています。
その成果については、いろいろな医学会でも発表してきました。ここでも綴っていきたいと思っています。

みんなと働きつつ、さらに新しい都市型の診療所の在り方を発展させ続けるミッションがあるのではないかと思うようになりました。

最初に開業した時に、新しいタイプの人々の役に立つクリニックを目指そうと思ったことを想いだしました。
その初心をリブート。

今日は、星をみつけた気がします。
それを目指して、新しい日々を進んでいこうと思いました。

2019年7月20日 (土)

優秀な看護師さん / 勉強する&運動する / 渋谷セルリアンタワーでの講演会

Nsbookrev

クリニックの看護師さんは、北海道大学卒の方や東京医科歯科、順天堂大学卒といったところから来ていただいています。とっても頼りになる方々です。

いま、看護師さん向けの本を監修しています。
監修するためには、勉強しなくてはいけません。さらに、最新の看護技術情報については論文を読んだりもしています。

大きなところをまず、クリニックの看護師さんに見ていただきました。それを受けて、細かな点に修正を加えて前に進んでいます。著者の方も、やる気十分になりました。素晴らしい。看護師さんのお名前もきちんと本にクレジットされることになりました。とってもうれしい。

佐々木先生にも、看護師さんにも、メディアのお仕事を分担してもらっています。佐々木先生も、自説ではなくキチンと標準的なことを論文を読んで理解しやすいようにお話しされています。分野がみんな違うから医療版アベンジャーズ。

昨日は、クリニックのこれまでの経緯をつぶさに見てくださっている医療系の方が大切な部下の方も連れていらしてくださいました。

新しい治療の地平を切り開くところのトップになられたとのこと。本当にすごい。
彼が一番後ろに座るたくさんの聴衆がいらした渋谷セルリアンタワーの会議室で講演をしたことがあります。温厚だけれども眼光鋭い方です。

「先生が講演者だと、満員になるし、いつも場の温度があがります。こんなにたくさんの医師から積極的に質問がでてくる講演者はいません。一つずつ患者さんの問題を解決していっているご自分の経験例を真面目に説明している姿はとってもいい。」とお世辞を承ったことを思い出していました。

「お陰様でいろいろな医療機関さんからも紹介をたくさん受けています」と申し上げました。「大和田くんもがんばってね」と言われた気が。

専門部門で、またお仕事を一緒にさせていただくかもしれません。医療は、毀誉褒貶ではなく地道な毎日の連続です。これまでの長い月日の信頼関係から受診とともに時々励ましにきてくださるのは、本当にうれしい。

運動をして、勉強をして、診療や教育的メディアに備える。
その繰り返し。

昨日は内科的なことではない他分野でご紹介した患者様が、重症化することなく治癒されて退院されたとの報告を帰りがけに頂戴しました。報告書を読みつつ、とてもうれしかった。

毎日、一つずつ。

2019年7月 1日 (月)

頭痛の治療 / 「私の治療」

Photo_20190701094701

日本医事新報社の「私の治療」の頭痛の部分を書いています。

沢山の専門医の先生が書かれています。
その中のひとり。依頼をいただき、記しています。

頭痛診療に長らく携わってきて、感じることがあります。

確かに、頭痛をよくするにはお薬が必要なことが多いです。

けれども、もっと大切なことがあります。
日常生活です。

ご来院くださった沢山の患者さん、ひとりひとりに応じて図を用いて詳しく説明しつづkてきました。
一時かぞえたことがあり、延べで15-20万人ぐらいの頭痛の患者さんを拝見してきました。
新しいクリニックだけでも、数万人を超えられています。

早朝、論文をよんで依頼原稿を書きながら、色々思い出していました。

頭痛について、国際学会で発表したこともあったし、頭痛学会で何回も発表しました。
また、座長もさせていただいたことも複数回あり、そのたびにさらに勉強することを繰り返してきました。

いまも、その途中。

患者さんの治療に還元することが大切だとおもっています。

2019年6月27日 (木)

思考の綴り(つづり) / 昼の秋葉原ランニング

20190627d2

昨日は、昼休みが十分とれたので給水のあとクリニックの周りをランニングしました。
暑くて、日差しも強い時間帯。
ハトも陰にかくれています。

20190627

ほとんど人が歩いていない道を選んで進んでいきました。

朝RUNもしていたので少し足に疲労感。でも、明るい昼間を走る爽快感の方がまさっていました。

その日の午前、守護神のような患者様がいらしてくださいました。

僕は、問いかけに応じることで脳内の思考がまとまることをお伝えして、
『思考の綴り(つづり)』ではないだろうか、とお話しました。

手紙をしるしていくとき、考えながらその人なりのリズムで一連の物語を『綴って』いきます。
相補的なDNAが美しらせんを描くように、患者様の問いかけによって、その場に僕の脳の思考による『綴り』がつくられていく・・・

「人に内省をうながす問いの名手ですね」と僕は最大の賛辞をお伝えしました。

誰かに何かを伝えようとするとき、人の脳のなかで何かがまとまる。
それを「綴り」とよぶのが正しいのではないだろうか、と。

綴るのには、時間を有します。だから、時間軸も内包されている。

20190627d

思考の枝別れは無限大だけれども、僕は、どんな綴りになるか、そのベクトルや「目的地」を用意しないようにしています。
オープンに自然の流れに任せる。

そうすれば、その時、自分が何を考えたいのかを知ることができる。

このハトが、どの方向に行くかはハトの気持ち。
ハト自身も予想できない、ハトの気持ち。

「みなさまとお話できる場をつくれたことだけで十分満足しています。
高額なものは、僕はあまり興味ないです。他者との比較のためだけのものは、他者がなければ意味を失うから・・・ 」

そうお話した翌日、旧知の方がおいしい赤福を差し入れしてくださいました。
赤福には松竹梅ないものなぁ・・・と思いつつ。
彼は、縁側で淹れたてのお茶で食べる運動後の赤福のうまさについて、力説されました。
それが「松」。

スタッフと頂き物を分けるのも楽しい。
アレルギーが得意な佐々木欧先生が来てくださり、難しい患者さんは相談して診ていけるのもとても心強い。

複数の医師が確認する作業。
そこにも「思考の綴り」が発生します。

校了まで数時間というコラムのブラッシュアップを20分で仕上げて、今日は昼食。
昨日取材でした。オメガ3の話題。

時間を見つけて走れるコース設定ができたことは、収穫。
夏、走ることを楽しみにしています。

2018年3月26日 (月)

運動で脳を回復させる / アクティブレスト / 週末頭痛

0325sakurasml

桜が満開でした。日射しも強く、春の訪れを感じさせます。
太陽と桜を一緒に撮影したくて、色々なアングルを樹の回りをジョギングしながら見つけていきました。

太陽を取り囲むような、サクラ。

0325run2 橋を渡るときに川をみわたすと、違う種類のカモが気持ちよさそうに浮かんでいました。
冬の時とは、動きが違う。

1時間ほどゆっくり走る予定で出発したものの、道草が多くて時間が超過しています。

0325run 白い花も満開。青い空とのコントラストが美しい。
子供たちは親御さんと遊び、若者はサッカーやフライングソーサーをしていました。

公園の水を飲みながら、ゆっくり眺めていました。そこで中間地点の4km。

長く寝すぎたり、忙しさから急に解放される週末に強い頭痛がおきる、『週末頭痛』。休み中も、早起きして運動したりすると改善されます。

アクティブレスト。

日々と違うアクティビティを行うことで疲労を取る、という作業。ウイークデイに全力を尽くすために、脳の別な場所を活性化させる能動的な作業が必要です。

今日は、RUNとSWIMで脳を休ませる日でした。

合間に早朝に一つ、日々を支えるための提出用公的文書の作成。栄養学会の演題のチェック、ウエブサイトの医療校正、他の医学会のための文書の準備を行いました。

全くのオフは土曜日の午前中だけだったけれど、自分で時間をコントロールできるだけ少しリフレッシュできました。

2018年2月 9日 (金)

玉川美沙さんのハピリー / 頭痛の話

Photo

文化放送「玉川美沙のハピリー」に出演しました。
頭痛のお話をしました。

1週間だけこちらで視聴できます。

視聴者の皆様からのご質問などに応える感じで楽しく収録を終えました。頭痛外来がなにをしているか、どうやって頭痛に対応するか、などについてお伝えしました。

更新のご連絡などが遅れてしまい申し訳ございませんでした。

2017年11月11日 (土)

日本頭痛学会総会 / 大阪へ

Img_8612

頭痛学会総会に出席しました。
Img_8609
大阪国際交流センター行く途中に、歌舞伎座の旗がはためいていました。医局旅行は雨だったけれど、今日ははれていてよかった。

Img_8608 新幹線からのそらも、次第に晴れ渡ってきていました。

Photo 今年の表紙は不思議な絵です。
いろいろな先生にお会いして御挨拶しました。平田先生にお会いしたり、MCSSの来年の話をしたり、幾つかの作戦会議も。

Img_8613 頭痛と認知症、脳血管障害のお話は面白かった。
良く患者さんに尋ねられる質問の一つです。

〝おおわだくーん〟と良く通る呼ぶ声が。振り返ると、入り口のところで、汐留の清水俊彦先生が大きく手を振っていらっしゃいます。びっくり。慌てて戻ってご挨拶しました。沢山の患者さん診られているけれど、お元気そうでした。かっこいいスポーツジャケットを着こなされていました。お久しぶりでうれしかったです。

Img_8615 午後の用事のために勉強して帰京。大阪は東京と違って、すこしレトロなところが懐かしい気持ちになります。
Img_8616
地下鉄に降りるエントランスも、上がアーチになっていて白いタイルが引き詰められていて昭和の感じ。

Img_8619 駅で、診療時用の辻利の抹茶ラテパウダーを購入しました。自分へのささやかなご褒美。辻利の抹茶は、きちんとお茶の香りがします。賞味期限短いけれど、抹茶八つ橋は辻利の物がお勧め。

Img_8621 濃い抹茶ICEをのみながら、学会で勉強したことのまとめを打ち直して、必要な文章を追加しました。
頑張って、明日から一歩ずつ。

2017年10月20日 (金)

気温の急激な低下 / 三叉神経痛

急激に気温が低下しました。

こういった時期には三叉神経痛が増加します。

実際、先週末から三叉神経痛の頭痛の方が沢山いらしています。
16日月曜日はさらに気温が下がるとのこと。

来週いっぱいは、神経痛の方が沢山いらっしゃるのではないかと思っています。三叉神経痛は、寝ていても起きてしまうのでつらいものです。

2017年9月10日 (日)

国際学会のポスターの日 / RUNとEX

Kamakiri0910

夏を思わせる土日、カマキリが葉っぱのうしろに隠れていました。RUNの前に見つけました。葉と同化していますが、まだ幼虫。樹々の緑、空の青、雲の白のコントラストが綺麗。

Aiplain0910 国際学会のポスター作成や週刊誌の校正などが一旦終了したこともあり、ゆっくり走りました。飛行機雲も白く輝いていて、穏やかな夕方。昨日は、1500mSWIMと筋トレの日。今日は、RUNのみ。

Sky0910_2 ベンチの上で腹筋をしていると、美しい空に星が一点。
Vega0910
STAERWALKで確認すると、ベガでした。

少し仕事を続けていると、管理栄養士さんからメールが届いていました。講習会のPPTファイルを手直しして送付。ファンデリーの脂質のブログを更新。手書きイラストをデジタル化するメソッドを手に入れました。

先々週から、先週まで駆け足の日々。TVのスタジオ出演や、取材もありました。今週は、新聞社のママさん企画の取材があります。

朝RUNが再開できるよう、体調を整えて行こうと思っています。秋は、RUNにもSWIMにも良い季節です。

2017年9月 4日 (月)

頭痛の会合 / 管理栄養士の会合 / 国際学会 / EX続ける

Mcssmanakadr

土曜日に頭痛の会合が開かれました。
間中先生と山口先生にお会いしました。
久しぶりにお二方のお話をお伺いしました。

Mcss4 同じセッションだった先生方。五十嵐先生や、鈴木慶応大学教授もご一緒でした。鈴木先生はコペンハーゲンに行かれた後、翌週京都の国際学会とのこと。すごい。

頭痛の会合が始まる前に8km走って、筋トレしたお話もしました。

Mcssmatumoridr 仲良しの松森先生。
脳外科の先生だけれども、神経内科の国際学会に出席されるとのこと。仙台の伊達男に磨きがかかっています。

ZEROに出演されたときのエピソードなどをお伺いしました。

Mcsssannoudr
少し前に一緒に講演会をさせてもらった山王先生もいらしていました。美男美女。

Hiratadr 平田獨協医大教授には、いつもお世話になっています。
論文のお話をしました。ちゃんとカタチにしようと決意をあらたに。日々がタイトであっても、アカデミックなものもきちんと修めていく開業医でありたいと思っています。国際学会には、クリニックから2演題を行う予定です。論文化まで行けることをねがっています。

Lenc 翌朝の日曜日。軽く走ったあと管理栄養士さんの講師のお仕事でした。臨床の現場で活躍できるようにそれぞれの栄養士さんがスキルアップしていきました。頭痛の会合の日程がうまくずれていたので、お仕事ができました。帰宅後、ジムに行き筋トレ+ランニングマシーン4km。

金曜日も、国際学会の資料作りのため遅かったので、ここ数日は光速で過ぎていきました。それぞれが、大切な仕事だったけれどEXも頑張って乗り越えました。

頭痛診療や栄養学会の重鎮の先生方に暖かく迎えていただけることは、本当にうれしい。これからも一つずつ、仕事を大切にして過ごして行こうと思っています。

より以前の記事一覧