2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋葉原駅クリニック/お仕事

無料ブログはココログ
フォト

11.お役立ちの話題

2019年10月29日 (火)

ラグビーワールドカップ2019日本 / 伝統と文化 / 英国ヘンリー王子の来日

 

いよいよ日本主催のラグビーワールドカップ2019の決勝が行われます。

どの国の戦いも、疲れても走り押してスクラムを組んで諦めない姿に感動し続けていました。

誰かが倒れても、抜かれても、誰かがその場所を埋め、誰かがボールを受け取りトライする。

試合そのものが感動を生みます。

そして、そのラグビーワールドカップが日本で行われているという嬉しさ。

昔からラグビーが根付いてきた伝統と文化の上に成り立っています。

英国王子が来日されるとのこと。

マンデラ大統領とラグビーを描いた「INVICTUS」。大好きな映画で、TV放映も合わせて数回見ています。
朗読する詩が印象的。
INVICTUSは、レジリエントな力を感じさせる言葉です。語感がにているので、INVICTAのカバンを今でも使っています。

その南アフリカとイングランドの優勝戦をヘンリー王子を観戦するために、「日本」にやってくるとのこと。今日報道されていました。

各国のご挨拶をいただいたことについでの、慶事だと思います。
真面目に先輩の日本の人々が伝統と文化を引き継ぎ、国を興してきた結果だと思っています。

素晴らしく嬉しいことです。

試合のハラハラドキドキと皆んなで力を合わせて一つずつゴールに近づいていくという感動。
そして、それが日本で行われているという誇らしさ。

両者を味わえることは、一朝一夕では実現できない。
お金を積んでもできない。文化は、人々の努力が時間と世代を超えて繋がって紡いできたもの。その人々以外の人が後から人工的に作ることはできない、かけがえのないもの。

観戦を楽しみにしています。

2019年10月27日 (日)

「沈黙の海」/ 生き物たちの豊かさ

水族館に、お魚や生き物が全くない「沈黙の海」の水槽が飾られているそうです。

透明な青い空間。

綺麗な魚や不思議な生き物たちを見た後に、この水槽を見ると寂しい。

もし、人間が身勝手に川や海にゴミを捨て続けるとこうなってしまうという警鐘とのこと。

初代館長さんが作られたとのことです。

 

青い海 

なにもいない

もう耳をふさぎたいほど
生きものたちの歌が聞こえていた海

それが いつのまにか、
何も聞こえない

青い海       (館長さんの詩・上記サイトから引用いたしました)

 

綺麗な詩(うた)。

碧く澄んでいれば美しいわけではないことがわかります。
人間の考えることの限界。

僕たちは、自然の生き物たちのほとりで生きていることを忘れてはいけないと改めて思いました。

覚醒した方の洞察よる沈黙は、騒がしい千万語に勝ります。

2019年10月26日 (土)

台風と地震と / Sormaque・ストームエイク / 荒川の治水

台風と地震が関係あるかもしれない、という記事が掲載されていました。

StormとEarthquakeを合わせてSormaque/ストームエイク。
海外で報告されています。

感覚的に経路がにているな、と思ったりしていたのでタイムリーな記事でした。

日本は両者が多いので、一つ一つに対応するよりも継続的な対策を考えるとよいかもしれないと思っています。

注ぎ込まれたお金が、生活を支え安全性を増すだけでなくさらなる発展につながるような永続的な仕組みづくり。

約2年前に作られた国土交通省の動画や荒川放水路の動画は、とても参考になります。
今回の台風から首都圏を守りました。素晴らしい。

荒川や東京の地下構造物による治水のように、エリートの方々の頭の使いどころだと思っています。

2019年10月 6日 (日)

Babylon Berlin / 美しさの再現

Babylon Berlinが公開されているとのこと。

Zu ache, Zu staub の曲が好きで、何回か見ていたものです。
Babylonとstaub。

1920ー1930年代を再現したビジュアルが退廃的で美しい。

見る機会に恵まれることを思いつつ、青い鳥のお世話をしています。

2019年9月10日 (火)

かげさんの『イラスト看護帖』が上梓されました!

Photo_20190901183801

かげさんの『イラスト看護帖』が出版の日を迎えました!

おめでとうございます。

現場でつまづきそうになったときにでも、読み返すと勇気が湧いてくる一冊。
楽しい付録も付いています。

よろしくお願い申し上げます。

なんと、発売前からベストセラーで重版がかかったとのこと。素晴らしい。

Photo_20190910095101

頑張れ、かげさん! 

頑張れ、看護学生さん&ひよっこ看護師さん!

応援しています。

2019年7月20日 (土)

優秀な看護師さん / 勉強する&運動する / 渋谷セルリアンタワーでの講演会

Nsbookrev

クリニックの看護師さんは、北海道大学卒の方や東京医科歯科、順天堂大学卒といったところから来ていただいています。とっても頼りになる方々です。

いま、看護師さん向けの本を監修しています。
監修するためには、勉強しなくてはいけません。さらに、最新の看護技術情報については論文を読んだりもしています。

大きなところをまず、クリニックの看護師さんに見ていただきました。それを受けて、細かな点に修正を加えて前に進んでいます。著者の方も、やる気十分になりました。素晴らしい。看護師さんのお名前もきちんと本にクレジットされることになりました。とってもうれしい。

佐々木先生にも、看護師さんにも、メディアのお仕事を分担してもらっています。佐々木先生も、自説ではなくキチンと標準的なことを論文を読んで理解しやすいようにお話しされています。分野がみんな違うから医療版アベンジャーズ。

昨日は、クリニックのこれまでの経緯をつぶさに見てくださっている医療系の方が大切な部下の方も連れていらしてくださいました。

新しい治療の地平を切り開くところのトップになられたとのこと。本当にすごい。
彼が一番後ろに座るたくさんの聴衆がいらした渋谷セルリアンタワーの会議室で講演をしたことがあります。温厚だけれども眼光鋭い方です。

「先生が講演者だと、満員になるし、いつも場の温度があがります。こんなにたくさんの医師から積極的に質問がでてくる講演者はいません。一つずつ患者さんの問題を解決していっているご自分の経験例を真面目に説明している姿はとってもいい。」とお世辞を承ったことを思い出していました。

「お陰様でいろいろな医療機関さんからも紹介をたくさん受けています」と申し上げました。「大和田くんもがんばってね」と言われた気が。

専門部門で、またお仕事を一緒にさせていただくかもしれません。医療は、毀誉褒貶ではなく地道な毎日の連続です。これまでの長い月日の信頼関係から受診とともに時々励ましにきてくださるのは、本当にうれしい。

運動をして、勉強をして、診療や教育的メディアに備える。
その繰り返し。

昨日は内科的なことではない他分野でご紹介した患者様が、重症化することなく治癒されて退院されたとの報告を帰りがけに頂戴しました。報告書を読みつつ、とてもうれしかった。

毎日、一つずつ。

2019年7月12日 (金)

To the moon and beyond / 月面着陸の再起動 / 月の向こう側

Bbcmoon 

BBCニュースで月面着陸が再計画されていることが掲載されています。

なんと10年以内。

Fly me to the moonどころか、月の先にまで行こうとしています。

人間は、想像して色々なものを作り上げていききます。

物理法則や素材開発、金属加工、エンジン作成、宇宙服の縫製、食事、トイレなどたくさんの物事を、世界中の英知を集めて一つに組み上げていき、宇宙に飛び立っていく。

国威発揚や政治的なものもあるかもしれません。

でも、宇宙や昔の恐竜の骨発掘、マンモスの再生なんかは、誰かの指示ではなく、それぞれの人の“やりたい”という気持ちに沿ったものだと思います。

他の何にも依存しない、個々の人のエネルギーから発せられるベクトル。
デカルトやパスカルが語っていたものと近いかもしれない。

そのベクトルが、月の向こうにまで広がっているという報道と読み替えることもできます。
素晴らしい。

重力から解き放たれ、空気もない、過去の人々がみたこともない宇宙へ。
地面や地域に依存する関係性や縛り、地上の小競り合い、騒動などは全て意味を失う。

そこにあるのは、その人の脳が作り出す“やりたいこと”のみ。

SFで出てくる宇宙で生まれ宇宙で育った人々・スペースノイドも今のところ、地球人の想像に過ぎなくて本当のところははまだわからない。
新しい関係性で、人々は暮らしていく。

自由。

X線観測チャンドラによる観測にて、ブラックホールが光速で回転していることを観測したことも報道されていました。

ブラックホールの存在により放出されるX線を観測した結果とのこと。

東京の片隅にあるクリニックの片隅で、フィナンシェというお菓子はファイナンスの意味で、金のインゴットを意味することを教わりました。

僕は、不思議な感覚につつまれました。
人間の脳は、目の前のお菓子フィナンシェに金色の古代硬貨を見出しながら、次の瞬間は銀河の向こうのブラックホールや月を経由する有人宇宙船をCGのように映像化する。

脳は記憶をもとに映像を作り、脳の視覚野は、その脳内に作り出された映像を実際に見ていると言われています。

『今見ているペンギンの手は何色ですか?』と聞くと、脳内にペンギンの絵が再生されるのと一緒です。

この、脳が作り出す自由な発想が新しい希望を生み、夢を作っていく。

僕は、クリニックの白い天井を見ながら、同心円状に僕を守ってくださっている方々を想像していました。

美しい透明な波紋。
流されてそこに存在するのではなく、みんなも僕も自主的に存在する水分子の一つ。

それは大海原を漕ぐ船の映像につながっていきました。

碧色の海とまぶしい太陽、オール・櫂をこぐ人々の力強い姿の映像となり物語はつづいていく・・・

両方の診察室から患者さんと医師たち、栄養相談室から患者さんと栄養士さん、処置室からの看護師さんの遠くからの声たちが和音に。
たくさんの人たちが集う場所になりました。

和音の中で、国家資格をもっている人々の教育の場にクリニックがなれるように考えていました。
今日来てくださっている栄養士さんたちと、楽しい未来の話を皆でしていたことを思い出しながら。

2019年6月23日 (日)

『のほほん解剖学』/ なんと15万部 / おめでとう!

Nohohon

のほほん解剖学(アマゾンへリンク)が15万部を突破したとのお知らせをいただきました。

いっぺんに売れたのではなく、地道に売れ続けて増刷されています。
苦手なものでもわかりやすく、たのしく、実は、それでいて本格的というコンセプトです。

学ぶというのは、相反するものではなく、本来たのしいものです。

それを伝える力を玉先生は、持っています。
今も、監修のお手伝いをつづけています。

医療に携わる人の、一助になりつづけられるよう、一歩ずつ頑張ろうと思っています。

おめでとうございます!

変わらないものなんてないけれども、だからこそ、見えてくる大切なものもあります。

大切なもの。
それは、変化しても変わらない、その人その人の頭で感じたもの。
断片的にでも、様々なことを承知でお話ししてくれた人々の優しさ。

僕は、医師だから患者様をまもるのは当然だ。
同時に、不思議なことに、たくさんの患者様に守られてきた。
もちろん、他の方々も助けてくださった。

どうやら僕は、偶然にもいろいろなことをご説明したり、説明しようとする人を助けることが上手なようだ。
のほほん解剖生理学もその延長線上。

僕は、すでに次の一歩を踏み出せた。

南部さんと取材をうけた、博報堂の『キザシ』を久しぶりに、つらつら読み返していました。

明日からの診療の英気をやしなうために。

2018年9月23日 (日)

プライベートライアン; Saving Private Ryan / プロメテウス; PROMETHEUS / 007; Skyfall (ADEL)


エイリアン4;プロメテウスやプライベートライアンを見ていました。
PROMETHEUSは、未来が見える神。ゼウス以上の子供を産むはずと言われていました。ゼウスにいじめられる。お腹から生まれるエイリアンや、色々知っている頭だけのアンドロイドと関係があるのか・・・

プロメテウスは、絵的にとても美しい。1(無印、ゼロ)に近い画像。宇宙を旅してきた長身の人々の宇宙船の中はとっても美しい。星座の座標。異星人の宇宙船(人間もエイリアンも異星人だけれど)。

昨年、COVENANTが公開されました。(宇宙の)神との”契約”。

セイビング・プライベートライアン(取り残された陸軍兵卒ライアンを救え)は、メイキングを見てまた感動しました。

近未来と過去。比較して見られるのは、とても素晴らしい。



ADELEのSkyfallも美しい。

患者様に、適切な先生をお捜ししてご紹介してきましてきました。

あと2ヶ月年末年始まで最後のカテゴリーの患者さまに、必要な他院へ紹介作業を続ければ、いったん完了。

5年以上かけて続けてきた作業が、やっと一段落します。天井の石膏ボードをみながら、Skyfallの哀しい旋律を頭の中で想像することもあるかもしれない。

"Let the sky fall
When it crumbles
We will stand tall
Face it all together…"

空が落ちるような中でもがきながらも
一緒に立ち向かっていこう・・・

大人の歌。
思い出は、どんなに美しかったとしても役にはたたない。心に残る美しさと楽しさは、今という時間にはリアルなものとしては存在しない。昨日の空に浮かんでいた雲の。

昨日が、どんなに美しい晴れ空の雲だったとしても、今日の雨雲や積乱雲の方が問題だろう。思い出では生きていけない。

本当に、大人の歌詞。あちらでは良質な大人の歌が作られて、感動を生んでいる。

日本にだって、大人は沢山いるのに・・・
地上波は、ニュース以外は余り見なくなりました。

地上波のリモコンのボタンを、アップルTVのリモコンに変えるだけ。海外用映像のウエブ配信に変えれば良いだけ。ただそれだけのこと。

2018年9月10日 (月)

北海道酪農新聞の方に聞く / 乳業畜産の困難 / 北海道旗の北極星

Photo_3
北海道酪農乳業の高宮社長さんと時々お話しします。写真は、旧道庁の裏側。逆光が美しくて撮影しました。トリミングして、iPhoneの待ち受け画面にしています。

ほ乳類は、子供を生むと母乳が作られます。

牛も一緒で、牛乳を作るためには子作りが必要です。

生まれた子牛は、母乳で無く人工乳で育てられます。そして、母乳は牛乳となり人間が頂いてしまうことになります。

Photo_4
道庁の上にはためいているのが、北海道旗。ネイビーにルビー色の星が美しい。

雪印さんにも、サッポロビールさんにも星が入っています。
 
 
星は、北海道の歴史。
星は、オーソライズされた印。
そして誇り。

開拓された人々の思いがこめられたマーク。
雪印は、もともとバターの会社であることや、十勝の牛乳のことなどもお伺いしました。
僕はずっと前から、雪印とサッポロフリークです。お米は妹背牛(もせうし)のナナツホシ。車はスバル。七つ星は、北斗七星。北極星、北斗七星と昴。星に囲まれています。

Photo_5
今では、北海道の農業は先端にいて、電子化が進められているとのこと。停電だけが心配とお話しをうかがった矢先に、地震でブラックアウトしました。

つつがなく北海道産業が再開されることを、願うばかりです。ルビーの五稜星を思って。

より以前の記事一覧