2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

« ubuntu/ウブントゥの導入/さようならvista | トップページ | AALTO/美しい本/北欧デザイン »

2008年5月 2日 (金)

『痛まない』は『傷まない』ではない/頭痛連発を避けるために

片頭痛は最初、月に数回ぐらいです。
『痛み止め飲めば治るからいいわ。』と、痛み止め1回で改善といった感じです。

ある日、頭痛薬を飲んでもまた痛む時が出てきます。
痛み止めを飲んで寝ると翌日はよくなっているので、
『ちょっと今日は2回も飲んでしまったけど、ま、いっか。』と思います。

そして、頭痛薬を飲んでも良くならない時が来ます。
『あれ、効かないなぁ・・・』

そう思っているうちに、毎日の連発に発展してしまいます。
『痛み止めこんなに飲んでも治らない・・・どうしよう・・・』(ぐすんぐすん・・・)

もし、頭痛薬が頭痛を良くしているのなら、同じ日にもう一度飲まなくてはならなかったり、翌日も痛いと言うことはないでしょう。
頭痛薬は頭痛を良くしてはいないのです。

頭痛薬は、『副作用』にも書きましたが、痛み物質を作るCOXという酵素の阻害薬です。

痛み物質を作りにくくすることで、痛みをマスクしているだけです。

片頭痛発作は、脳血管や神経に負担がかかっている状態です。

痛み物質を抑えて、痛みが和らいだとしても、負担を取り除いたことにはなりません。

痛み止めを飲んで、痛みがマスクされて『よくなったから、ま、いっか。』と思っている間にも、脳への負担は次の頭痛の準備を始めています。

つまり、(頭が)痛まない=(脳や脳血管が)傷まない ではないのです。

連発してしまう前に、治療すると早く良くなります。

痛み止めを飲んでも治らない頭痛を自覚したり、頭痛の回数が増えてきてしまったときが治しどきなのです。

« ubuntu/ウブントゥの導入/さようならvista | トップページ | AALTO/美しい本/北欧デザイン »

03.頭痛、神経内科」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『痛まない』は『傷まない』ではない/頭痛連発を避けるために:

« ubuntu/ウブントゥの導入/さようならvista | トップページ | AALTO/美しい本/北欧デザイン »