2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト

« 早朝と夕方のRUN&EX / 文章を進める / TemplayとFujifabric | トップページ | 専門の在り方 / 臨床の現場にい続ける大切さ »

2017年6月 9日 (金)

「林修の今でしょ講座 再放送」 / 東京医科歯科大学の先生が見学に

「林修の今でしょ講座 再放送」 6月10日(土)10:00~11:40で収録が放映されると、プロデューサーさんから連絡がありました。新しいクリニックで収録していただいた、内容で医療栄養運動アドバイザーとしてのお仕事の一環です。

栄養指導と治療についての、管理栄養大連合会の演題も無事採択されました。

今週は、東京医科歯科大学の山田先生が初めて見学にいらっしゃった週でした。水曜日は、医科歯科専門医の長谷川先生が手伝ってくださっています。

木曜日の夜には、糖と脂質代謝についての簡単なレクチャーをエバンジェリストの方々にしました。

診療のほうは結構込み合う日が多くて、お待たせする時間が多くて申し訳なかったと反省しています。アイチケットがiTicket Cloudという新サービスに移行したのですが、それに伴いPCマシンの入れ替えも順調に終わりました。

そんな中、
”Dear Dr Kiyoshi Owada, On behalf of the Scientific Program Committee, we are pleased to inform you that your abstract has been accepted for presentation at the XXIII World Congress of Neurology (WCN 2017).” と、国際学会に演題が2題ともアクセプトされた報告がとどきました。これで、京都で発表できます。一つは治療、一つは警鐘を鳴らす意味のある発表です。

昨日は、旅先の記者さんから、感動的なお便りを頂戴しました。野の花診療所の徳永進先生にこの場を借りて深謝もうしあげます。「師」です。

来週の東京ドームホテルでの講演会のプレゼンファイルも頑張って作って、プレリミナルなアウトラインを担当の方にお送りしました。いつでも、プレゼンするときには早めに内容をお渡しすることにしています。

毎日毎日が濃厚な日々な週でした。一つ一つを大切にやっていきたいと思っています。アカデミズムと臨床の両輪。

明日は、今までの中で高強度のEXに挑戦しようと思っています。

« 早朝と夕方のRUN&EX / 文章を進める / TemplayとFujifabric | トップページ | 専門の在り方 / 臨床の現場にい続ける大切さ »

10.慢性炎症 / メタボ / ダイエット / 栄養運動医療アドバイザー」カテゴリの記事