秋葉原駅クリニック/お仕事

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト

« ダイエットと免疫強化の両立 | トップページ | 新型コロナの数理モデルは修正が必要 »

2020年5月17日 (日)

発展途上の抗体検査と自然免疫と日本のコロナ

Coronavirustag_20200517232101

「一般に信じられている集団免疫理論はどこがおかしいのか免疫の宮坂先生に尋ねてみました」という記事がとても参考になります。

理論的に計算したものではなく、私たちはリアルな社会でくらしています。

実際に目の当たりにしている日本の落ち着き方と、学者先生の理論が解離していてみんなの頭に???が起きています。

それについて、明快な正解が与えられています。

私は、10−20%ぐらいの人が有効な抗体もしくは発症しない自然免疫をすでに有していると思っています。様々なことから日本人には自然免疫力があったと考えるのが合理的です。その理屈は後で判明することでしょう。

Ro1も2.5よりずっと低い値になりそうです。そうであれば、本当に終了。少数クラスターのみで、パンデミックの2波も3波も起きない。

今回の抗体保有率の結果については、宮坂先生が静かに諭されています。

抗体に何種類もあること、キットが不完全な精度しかもたないことを忘れてはいけません。そして、非特異的自然免疫の追加を考慮しないといけない。年末年始のファーストインパクト、季節性コロナによる免疫、幼少から老人までの各種ワクチンによるものなどなど。

こういった、「水際のない感染症」は自然の摂理のままに動いていく。人が影響を与えることができるのは、ほんの少しのことです。

複数のパラメータを考慮するには、ある程度の深い洞察力が必要です。

東京の総死亡者、関連死亡者も減少していると報告されました。

バタバタ人々が肺炎で倒れる姿なんて、どこにもありません。ICUが空いているとか。それだけのことです。私たちは、目の前に自分が見ている事実だけを信じていけばいいだけです。

☆☆☆
あつ森では、島にオオカミの4女リリィをまねくことができました。住人にいろいろ送っても、部屋に飾られず蒸発してしまってがっかりして新しいことを学びました。離島ガチャでは、たくさんのカバの合間にハムスターとニワトリとヤギ、ゴリラ、リスに出会い5万マイル消費しました。りす2人いるので、これ以上リスは増やしたくない。

ネコのビンタにハムスターのゲージもあげました。ネコがネズミ飼ってくれるとうれしいんだけど。

佐々木先生と休み中にクリニックの準備もしました。順番に少しずつ。ひとつずつ。

« ダイエットと免疫強化の両立 | トップページ | 新型コロナの数理モデルは修正が必要 »

11.お役立ちの話題」カテゴリの記事