2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« なかよく復興していこう / 変異型コロナにもイベルメクチンが有効 | トップページ | ラグビーとサッカーと成人式と / 出版記念のリモート配信 »

2021年1月10日 (日)

応援つなぐプロジェクト / 全国的な官民連携プロジェクトに参画

 

日本を復興させる都道府県や市町村長さんの官民連携プロジェクト「応援村」。

NHKの紅白歌合戦にも登場されました。

ユーミンさんの動画はこちら。

私もそれに参画しており、動画が先日アップされました。錚々たる官民の方が登場されています。

動画は11月に収録してので「来年の春には」は、2021年今年の春をさしています。昨年秋に予想した通りの1月になっています。それこそ官民あげてメディアが国民を脅しまくっていたころです。

日本はヒステリックになることなく、粘り強く戦う人々にあふれています。

仲良くまけないで一緒に頑張っていきましょう。

☆☆☆

今日は、かのまんさんの本のYOUTUBE配信に行く予定にしています。

サイン会が緊急事態宣言で、おうちの皆様に配信になりました。環境の変化に素早く適合して、そのままクリエイティビティの速度を落とさず走り抜けていけばいいだけです。僕は去年も効率を落とさないで、逆に加速させてきました。

それが破壊者たちが、私たち日本人の生活や暮らし、伝統を破壊する防波堤になる。

「真実を語るものだけが生き残る」

僕の好きな言葉です。誠実さとは、そういうことだと思います。一生懸命暮らしている国民を貶めようとする小賢しさは、自然界の真理にくらべたら虚しいぐらい瑣末(さまつ)なものです。そんなことに一生懸命になる人に憐憫(あわれみ)を感じます。

プレジデントオンラインのコラム通りに経過していることは、すごく嬉しい。

このまま、日々の生活を続けていこうと思っています。

 

☆☆☆

1年待たずに潮目が完全にかわりました。真っ暗闇で冷たい濁流のなかで、閃光弾を打ち上げて陸地の場所を示して人々の体を温める作業を孤独に続けていた日々を思い出します。

自然現象のフリをして、暗闇に紛れて堤防を決壊させていた破壊者がいたわけです。

僕はひとりぼっちで素手で、決壊した土手を塞いでいるきもちでした。しばらくしたら、重機を持った人々が応援してくれるようになった。濁流の流れを多くの国民が予測できるようになった。

あの昨年2020年5月の時点で、プレジデントオンラインさんは勇気をもって場を提供してくださった。下手したら他の方にも「とんでもコラム」と酷評のご迷惑がかかっただろうに。編集長さんありがとう。

たくさんの人々が目覚め、たくさんの人が良い方向に向かっています。

こんな日がくるなんて。よかった。

みんなでがんばろう!

世界の中で、自由と多様性を愛する先進国である日本のプレゼンスの重要性が増してくる中で自滅なんかしてられないじゃないか!

« なかよく復興していこう / 変異型コロナにもイベルメクチンが有効 | トップページ | ラグビーとサッカーと成人式と / 出版記念のリモート配信 »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事