2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« ラグビーとサッカーと成人式と / 出版記念のリモート配信 | トップページ | かのまんさんの表紙がカワイイ »

2021年1月12日 (火)

「ゆるゆる管理で集団免疫獲得しよう大作戦」の成功おめでとう

Aozoradouro

3月から街角PCRが無料開放される予定です。否定する人もいたけれど数か月前から蔓延期に入っていたことをお話ししてきました。やっと異端から解放されました。

今では、誰の目にもコロナは蔓延期になっているとおもいます。

これまでの感染していないところに感染が広がっていくための対策の継続は破綻していました。かわいそうな保健所の人々。破壊者は見てみぬふりをして人々が過労で倒れていった。

ファクトを無視してこんなこと続けられないからどう進んでいくのか、私は3つオプションしかないと思って眺めていました。

1.コロナは蔓延しているから追跡しないと公的に宣言する→PCR放棄して放置
2.なし崩し的にこのままなにも対策しない→保健所のやれる上限でなんとなく放置
3.希望者にPCRして蔓延しても平気なことを国民に知らせる→PCR無限大

私は、積極策をなにもしないできたから2ではないかと思っていました。1がとても良いオプションなのでそうなるといいな、と思ってブログに綴ってきました。

 

☆☆☆

Muryoupcr
正解は2か月後に3でした。

3月から街角で希望者全員に無料でPCRを行うことになりました。高価な検査ももうすぐ無料。

1-2月は2のまま。でも、無料になり追跡しないことが示されてしまっているから保健所の熱意は無くなるでしょう。

私が予想した通り、2019年年末から2020年年始には大変な数の感染者がいたことが判明しました。インバウンドしていた日本もおなじです。

国内でも報告より多く陽性者がいたことが判明しています。パニックを起こさないために報告を減らしていたのなら、とても良い事です。それでよかった。

疫学調査ではなく遺伝子増幅技術として誕生したPCRを陽性者として断罪に使うことは良くない。誤差の面と感染と関係ない面の両者で良くない。ウイルスの遺伝子が断片でも(あるいは似たもの)があるかどうか(PCR陽性)と、その人の体にウイルスが入って感染が成立している(感染者)かは全く別のものです。症状が出れば発症者。

メディアはずっとそれを隠して、ウソをつき通してきた。PCR陽性者を感染者と今日も呼ぶだろう。でも、それも終わる。コメンテーターも終わってほしい。

Photo_20201120234201

昨年11月にお知らせした幻の第一波、本文中では ビーナスの右手」と呼んでいるものがファクトでした。

死亡者数から逆算すればわかることです。それも反論されまくってきた。時間が経てばファクトが明らかになると思って批評に耐えてきました。世の中の毀誉褒貶なんて、そういうものです。

その時の1年前の免疫が、私たちを今守ってくれています。生物である人間の免疫は「ゆらぎ」をもって対応するので変異型でも大丈夫。

 

☆☆☆

3月のPCR無料は絶妙な案です。5番目の季節性となった新型コロナの流行が終わるころなので、PCR陰性者ばかりになるでしょう。人々のやりたい興味も意味も失われる。

国民を安心させることになりイベント開催やロックダウン必要ないことが示されます。

なんとなく集団感染作戦による集団免疫獲得作業の完了となります。日本なりのやり方の成功。

お上で起きていたヒステリーな人々との格闘をほんの少し伺いました。種明かしがやがてされることでしょう。

普通の生活が戻ってくる。楽しみです。

 

☆☆☆

オプションが明確になったので、次のコラムを書こうと思っています。政府がどんなオプションをとるのかは、人間がやることだから予想つかなかった。自然界の摂理やファクトなら理解できる。

ウイルスの性質と人間への影響は重力による加速度のように予想できるけど、人間のなす技は小説よりも奇です。

日本式「ゆるゆる管理で集団免疫獲得を獲得しよう大作戦」の対外的・対国内的な成功

破壊者たちはほぼ完全に沈黙しました。良い事です。ウソで私たちを脅しつづけることはできない。

大雪の日本だけでなく、世界中あちらこちら停電しています。政府の言う通り、夜ウロウロしないで早く帰って家で温まっていましょう。新成人も、雪の前の晴天のもとでちょっとはめを外せてよかったです。

3月まで予想のつかないことの連続となるでしょう。日本は大丈夫。怯えたり分裂したりいがみあったりしないで仲良く協力して復興していきましょう。新しい世界の一翼を担う国になる。

日本政府が、国民を守り豊かにする方向に向かい始めた気がします。自分で考えて良い自由を得て歩き出した。潮目が完全に変わりました。

ローマ教皇がマスクをしないで登壇したことがニュースになっている。世界中、各方面そちらに向かい始めたメッセージです。

少し一安心。

 

☆☆☆

大切なことだからまた書いておこうと思う。

☆助け合って仲良く普通に暮らして復興していきましょう。仲違いして分断しないようにしましょう。
☆自分で考えるようにしましょう。
メディアや専門家が嘘つきであることを学びました。
☆建設的に自分の暮らしを豊かにしましょう。
敵を探したり戦おうとする行為はムダなエネルギー消費にしかなりません。

黙々と毎日の暮らしを丁寧にしていけば、それがパーフェクト。こんな報道が続けばコロナが怖いと思うのも当然です。世の中の雰囲気はもうすぐ変わります。慌てなくていいです。

☆もしできるなら、海外の情勢をみてなぜ日本がこのような対応を今しているのかを考えてみましょう。(オプション)

国境、人種、宗教、お金の有る無し、職業のバックグラウンドを超えて世界中のきちんとした人々が良い変化を起こそうとしている。虐殺機関と逆の回路の方が、人間には強固に備わっているのかもしれない。

« ラグビーとサッカーと成人式と / 出版記念のリモート配信 | トップページ | かのまんさんの表紙がカワイイ »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事