2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« 医療情報はインフラ / 雲の上のプラットフォーム | トップページ | 収束して終息しないけれど、終了 / 国民が素晴らしい日本 »

2021年2月11日 (木)

何気にすごい新潟大学の発表 / NKp-44 CARの開発を報道はスルー / 日本の医療技術の高さ / 若者が困らない国づくり

20210211-153458

今日は休日です。

2つの大きな仕事のための準備をしていました。

ある程度めどがつきました。

必要な書類をPDF化して送付しました。いただいた論文も周辺のものもPDFで全文がゲットできたので複数チェック。

自分の脳みその中で統合しました。いろいろな疾患におけるホルモンやサイトカインは登場人物が多いので全体像や流れのシナリオを作るのが少し難儀です。

でも読めば読むほど、目の前に繰り広げられる将来の展開やシナリオ、物語(ものがたり)が見えてきます。

見えれば実現できる。語ることができる。

早朝に軽く散歩とジョギングしてから頭脳労働するとはかどります。

 

☆☆☆

ロスタイムになったので、慢性炎症やアレルギー疾患について論文を読んでいました。

こういった時間は豊かな時間。自分でローストしたコーヒーいれてアップルラジオのEMINEMやRAPシリーズを聴きながら本や論文を読みます。

NOTCH受容体について調べていました。

有羊膜類の寒冷適応についての論文に出会って読んで感動していました。

インコや私たち哺乳類は同じ仲間です。

寒冷順応するために、UCP遺伝子を失うと同時に巨大化することで適応していった生き物たちもいました。

寒い海の中にいるクジラの声が聞こえるようです。

大昔から続く命の連鎖。

 

☆☆☆
そのまま、論文を読み続けていてレトロネクチンにぶつかりました。NOTCHも細胞接着に関係するものです。

ところでCAR(キメラ抗原受容体(chimeric antigen receptor:CAR))自体はどうやって作るんだろう?って調べ始めました。

ガン細胞を標的にするキメラ受容体療法であるCAR-Tに必要な技術です。日本の企業が支えています。

そうしたら、びっくり。新潟大学からNK(ナチュラルキラー)細胞を使ったCAR療法が報告されていました

ホントすごいです。

さらに調べると、報道はスルーしているみたいです。なんで????

 

☆☆☆

マウスとかじゃなくて、ヒト由来のナチュラルキラー細胞(NK)レセプターを使った治療方法がでてくるといいな、と思っていました。ドンピシャの報告。

NK細胞の方が、初期に強力にがん細胞を認識して攻撃します。けれども、NK細胞はクローン仲間を増やすことは苦手です。たくさん存在する癌細胞と総力戦で負けてしまいます。

新潟大学はその壁を突破する技術です。

 

☆☆☆

NK細胞由来のCARをT細胞に出現させる技術を確立されました。

NKp-44 CARの報告では「小児固形腫瘍(神経芽腫、骨肉腫、ユーイング肉腫、横紋筋肉腫、神経膠腫)や急性骨髄性白血病を用いて効果を検討すると、NKp44-CAR を遺伝子導入したヒト T 細胞は、ヒト NK 細胞のように、非常に幅広い悪性腫瘍細胞を認識してサイトカインを放出し、がん細胞を死滅させました。同じ健常成人から提供された NK 細胞と比較した場合、この CAR-T 細胞のほうが圧倒的に強力にがん細胞を殺傷しました」新潟大学発表PDFより引用

日本の医療技術は高い。

こういったものの特許を取得して輸出すればいい。一件あたり数千万円の価値を生み出し、必要とする人は世界に何万人もいます。

 

☆☆☆

テレビ東京のジャーナリズムを僕は高く評価しています。

先日のガイアの夜明けで、HINOTORIと光免疫療法を取材されていました。他局じゃぜんぜんやらない話題です。

ホント冴えない。他局はいつまでもPCRと変異型、2週間後は1万人、あるいは注射器が足りないとか白いハンカチをいつまでもやってればいいんじゃないかと思う。全体を見ず、全文を読むこともなく、言われることにヒステリックに反応。コロナと一緒で利用されるだけで何も産まない。

そんなことは置いておいて、僕らとテレ東は冷静に平常心を保ち未来を見てどんどん先に進めばいいだけです。

6人が5人になったって、ジャンスカ国内で生産できるから問題ありません。間違って買っちゃったシリンジそのまま使えばいいです。早さの方が優先。あぁ。

・・・

深呼吸して、元に戻ります。新潟大学のNKp-44 CARもHINOTORIを使った手術や光免疫療法どちらも、日本発のガン治療療法です。

人為的な破壊者によるコロナ災害を乗り越えて、新しい未来を作って豊かになっていきましょう。

日本は、人々を救う医療技術をどんどん開発しています。

世界の人々を救い、それで日本が豊かになる。その方向性をしっかり見つめて暮らしていきましょう。

 

☆☆☆

貧乏になる日本の若者は車が買えない、結婚できない、なんて「うっせぇわ」です。

だったら、若者が豊かになる新しい国をめざせばいいじゃないですか。新しい世界秩序のなかで、日本が売り出せるものたくさんあるじゃないですか!

希望に沿って自然に結婚したくなり、家庭を持ちたくなる国にするのが先決。結婚しなくて独り身でも困窮せず幸せになれればいい。

大人の責任でしょ。

新潟大の開発したもの、HINOTORI、光免疫、そのほかたくさんのものを厚労省が認可してお墨付きを与え、経産省が外務省と手を組んで輸出していくスキームを政府が統合して進めていけばいいだけです。

世界で待っている人たちたくさんいます。

世界の人々が日本のものを買ってくれて、日本が豊かになる。新しい価値を生み出し、パイを大きくして豊かになる。取り合いではないノン・ゼロサムゲーム。それが日本が世界で生き残る幸せになる戦略の一つです。

« 医療情報はインフラ / 雲の上のプラットフォーム | トップページ | 収束して終息しないけれど、終了 / 国民が素晴らしい日本 »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事