2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト

« 都道府県の会議に参加 / ワクチン接種をすすめる努力 | トップページ | NOMAD 2 / 旅するもの・放浪者 / 遊牧民の地平線の向こう »

2021年6月10日 (木)

1980年の洋楽 / 復興と豊かさへのBGM / 1984から

 

1980年台の洋楽ヒットチャートは、他の人々にお任せします。

硬質なものが好きだったので、eurhythmicsを聴いたりしていました。コロナで、1984みたいな世界にならなくてよかったです。
JULIAは名曲。


art of noiseを聴いたときには、結構びっくりしました。MVも斬新でした。デビットリンチ風。

Kate BushのCloudBusterも良く聞きました。ミニ映画風のMVも多かったと思います。


「大都会」にも通じる雰囲気。owner of lonely heartは今でも時々聞いています。


曲名がやっとわかって、金町のワカナ堂というレコード屋さんでEPを注文して購入したことを思い出します。


Batte Davis eyesは、邦楽のアイドルにはないスモーキーな大人の女性。JAZZやこういった曲ばかり聴いていました。BEST HIT USAをVHSで録画したりしていました。

海に行くときにはクリスレアとSADE。邦楽は僕には甘すぎて、洋楽が多かったかもしれない。

Frankie goes HollywoodやPRINCEもよく聞いていました。とってもじゃないけどパブリックに載せられないけど、いい曲。TIMEなんて最高です。

 

☆☆☆

アイドルだけでなく、個性豊かな人々がネットからも登場するようになりました。それもあって、邦楽も良い曲が増えました。

HOTEL CALFORNIAは1977なので、80年台ではないけれど一番聞いている曲かもしれない。自由があるというのは、良いことです。美しいGabriella Quevedoさんのギターがとてもいいです。

復活していくときのBGMは、こういった時代の曲が良いかも知れない。

カラッと明るい。少し毒があるけれど、乗り越える力強さがある。ビートとコーラスがとってもいい。砂浜でロックのバーボンに、オレンジやライムを絞ったりしたりしたら最高でしょう。

屋外なら、マスクなんていらないです。未来を切り開いて進んで行きましょう!

« 都道府県の会議に参加 / ワクチン接種をすすめる努力 | トップページ | NOMAD 2 / 旅するもの・放浪者 / 遊牧民の地平線の向こう »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事