2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト

« 雇用が増加する米国 / 毎日1万人陽性 / 働いて稼いで生きていこう! | トップページ | レガシーなPCRよさようなら / 簡易キットへの移行  »

2021年6月 6日 (日)

1980年の邦楽 / 復興と豊かさへのBGM / T-SQUARE cape light

日本がこれから復興して豊かになっていくときには、僕らが高校生だったころのバブルに向かう頃の曲が良いかもしれません。ゆったりとした、疾走感と明るさ。人それぞれ思い出があることでしょう。若者には新鮮なものかもしれません。

日光と煮干しでカゼ予防してワクチン嫌いなさんまさんは、この頃から活躍。

ユーミンとさんまさん。お客さんの反応からバブリーな感じが伝わるじゃないかなぁ?ここから大瀧詠一さんや山下達郎さんなんかに行ってもいい。ナイアガラトライアングル。


当時は、スキーが流行っていました。夏は、カセットテープにお気に入りの曲を入れて海にドライブ行くのが若者の生活でした。

海に行くときに聴いていた曲。

まさにサマータイム。

松岡直哉さんや高中正義さん、フュージョンなんかも良くきいていました。森の中に出かけるときには、ウィンダムヒルにしていました。大貫妙子さんも大好きで「パラレルワールド」を大人買いしました。


黒のクレールは、夏の浜辺でゆったりとしたリネンの服を着て聴くと最高です。お気に入りの人と海をみているだけでいい。遠くを見る少し日焼けしてとぼけた彼女の瞳に光が入って、虹彩のとび色を美しく透過します。

僕の中で「黒のクレール」と「海を見ていた午後」は双子の曲。若者たちは、1970−1980の音楽、どっから聴いたらいいかわからないと思います。ちょっと並べてみました。それぞれの方向に、季節で聴き進めてみると良いと思います。昔の曲は季節の表情が豊かです。

人間が演奏する速度の音楽は心を落ち着かせたり豊かにさせる根源的なものを持っています。コンピューターのEDMは、その上に乗っかっていると思っています。グルーブ感は、人間の感情のゆらぎ。


SQUAREのCAPE LIGHT。LPのA面最後に収められていました。溝が深く掘ってある特別なLPをバイトして購入したのも良い思い出です。
豊かな感じが伝わるかもしれません。僕はフュージョンから、ニューエイジに移っていきました。洋楽のヘビメタやPOLICE /STINGと同時に。


いまでは、すっかり良いお母さん役の薬師丸さんが現役のお姫様でした。ウエブで視聴できて共有できる世の中になりました。素晴らしい。サイバースペースは、世代を渡す船。YOASOBIや米津さん、KING GNU(リンクは三文小説)なんかにもつながる。

音楽はUNITEして進化する。曲も歌詞も素晴らしく進化しているでしょう?ポップパンクも進行もなにもかも。アニメと小説もUNITEしている。BANANA FISHやNOMADも書きたくなったけど今度。

 

☆☆☆

失われた30年が終わり、QEによる新しい好景気がやってきます。バブルにならない賢さを国の人々やおじさん達は得ています。出口が描けない人たちなんて、置いていけばいいんです。いたい人はそこにずっとそこにいればいい。僕たちは、自分たちで出口を作ろう!

日々丁寧に暮らし、高望みはしません。人々のために変化せず働く。僕は何も変わらないから、通り過ぎる人々を見送る。若者が追いついて一緒に働くことを夢見る。三文小説を書き足していく。

若者たちよ、希望を持とう。抑圧されたから、その経験を経たかこそ作れる、自由になった身で描ける解放される音楽を作ろう!

新しい世界の幕開けです。みんなで、これから10年−20年以上続く上昇気流を作っていく。そうでしょう?

« 雇用が増加する米国 / 毎日1万人陽性 / 働いて稼いで生きていこう! | トップページ | レガシーなPCRよさようなら / 簡易キットへの移行  »

17.雑言」カテゴリの記事