2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 季節性ウイルス、土着性ウイルスになった新型コロナ | トップページ | 無症状の断罪 / 病気ですらないもの / ウイルス共存の局面を生きよう »

2021年7月21日 (水)

「L452R」の変異を持つウイルスってどういう手法? / 2.知られていない専門用語を繰り出し注意をひき続ける

0717aozora

埼玉で251人が「L452R」の変異を持つウイルスに感染 と報道されました(NHK)。

ワクチンも、獲得免疫も変異型に有効といわれているのにこの報道は何?

 

☆☆☆

 2.知られていない専門用語を次々に繰り出し注意をひき続ける。
嗅覚味覚障害、頭痛、脱毛、PCR、オーバーシュート、ロックダウン、緊急事態宣言、変異型、後遺症など難しいキーワードが繰り出されました。抗体保有率もその一つです。「次のワードを当ててみよう」というクイズを患者さんとしていました。

が行われているのです。

変異型では人々が反応しないので、見慣れないことばをつかって新しいウイルスになったことを印象付けようとしています。

普通ウイルス変異株の専門的な命名まで報道しませんので、よっぽどネタ切れになってきたんでしょう。

デルタ株が鼻風邪ってばれたから(リンクは読売新聞の陽性者と死亡者の図)、デルタ株が使えなくなっちゃったのかもしれません。何にしても一緒です。

イギリスで観測されたファクトは、感染力は強いけど弱毒化したということです。そして、日本は英国の数十分の一の流行で騒いでいる島国です。グローバルな視点を持ちましょう。

 

☆☆☆

1年半経過し、お役に立つことを分析して先回りして一つずつ重ねてきました。

培養過程をもたない工業製品であるメッセンジャーRNAワクチンもそうです。

どうぞ読み返して心を落ち着かせ、季節性ウイルスの増加をゆっくり眺めてみてください。

日本は、どの先進国とも同様に危機的にはもうなりません。

常在ウイルスになりましたので、気にもとめないで暮らされることをお勧めします。

 

☆☆☆

陽性者はオリンピック中増加し、一旦落ち着き選挙前にまた増えます。

オリンピック競技のある県で増加し始めるといった予想もあたっていました。

それ以外の県では、人々の交流があっても増加しないことでしょう。

再度予想しておきます。陽性者数は、検査数に比例するだけだからです。企業の自主簡易検査、保育園、幼稚園、小学校、若者などの無害なクラスター追跡をすれば、容易に陽性者数は増加します。でも被害は増えない。

実際、東京のいろいろな保健所のコロナ追跡にもオリンピック競技に関係あるなしで温度差が生まれています。

その仕組みに、カシコイ国民は気がつき始めています。皆さんのその類推は正しいです。

そして、甲子園はいつも例外になりつづけます。

« 季節性ウイルス、土着性ウイルスになった新型コロナ | トップページ | 無症状の断罪 / 病気ですらないもの / ウイルス共存の局面を生きよう »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事