2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« Marshmello in AKIHABARA 2021 0710 / マシュメロに秋葉原で会った日 | トップページ | 「英、コロナ規制ほぼ全廃」 / 日本も英国王立艦隊に続こう! / さざなみを乗り越えて未来へこぎだそう! »

2021年7月11日 (日)

コロナの終焉 / 私たちが自分で終わらせなくてはいけない / 繁栄に反転させないといけない / 有観客静岡の勝利

  Po15

<第1部  「ゼロコロナは永遠にやってこない」>

「高齢者が守られたから日本のコロナはおしまい。有観客やパブリックビューなどによる五輪のメソッドは、今後日本の財産になるだろう。ワクチンは人類に必須だけど、必須な人だけ必要性に応じて接種すればいい」というプレジデントオンラインを書きました。

私たちはこれからコロナの世界流行の状況があまり変わらない中でも、有観客で開催される次の北京オリンピックの大成功を遠くからながめることになります。無観客の東京オリンピックと比較されることでしょう。

コロナ大流行中で行われたEURO2021サッカー有観客で大成功、ウインブルドン有観客ノーマスク大成功、米国野球ノーマスク満員で連日成功(どれも死者増えず)、北京オリンピックきっと成功、東京オリンピックはマスクで無観客、ロックフェスティバルも中止で自滅。それが、私たちのやっていることです。私たちは、世界の中で自分たちのやっていることを直視しなくてはいけない。

だけど甲子園だけは治外法権。あぁ。

無観客を都知事や国民は選択しました。国際潮流の中で、有観客の大きな大会を開くことが世界にいろいろなことをお伝えすることになったのに。

感情的になってしまって「失敗した。はやまった」と思われる方も今後多数にのぼることでしょう。中央も地方もお役人さんは一つずつ作業をやってきていたのにムダになりました。残念でなりません。もったいない。大きな富の損失です。

以下続きます

<激減する死亡者数>

<感染拡大のウソ/検査数拡大に過ぎない>

<コロナ陽性と発症インフル数はカウントの仕方がちがう>

<200人大阪と5人群馬は同じ陽性率>

<まとめ>

<第2部 未来の選択>

<国際社会で自滅し一人負けする日本>

<自滅に導いた構造>

<さざなみで国産治療薬、ベッドがあった / 大勢の先生が同じことを観測 / 一人勝ちできて豊かになれた日本が敗戦で貧乏 / 焼け野原から回復すべき>

 

☆☆☆

<激減する死亡者数>

Photo_20210711054301

日本では、死亡者数激減ですよ。みなさん。陽性数増加を「感染拡大」って呼ぼうと何と名付けようと被害を産まないんです。

世界中で高齢者が守られ、コロナが弱毒ウイルスの季節性になったということです。メディアはこの図(worldOmeter)を使わないでしょう?

Photo_20210711045501

ワクチン接種がすすみ感染の中心が50代以下になってきました(時事通信)。

良いことです。終わって行っている証拠です。

 

☆☆☆
<感染拡大のウソ/検査数拡大に過ぎない>

この記事の「10万人あたり30人で高水準」は科学的に誤りです。なぜかというと「陽性者が各都道府県で、何人みつかったか」を元にしている。

何回もお書きしているように、東京のようにたくさん調べている都道府県はありません。

もし群馬や茨城でも1万人毎日調べたら、絶対に陽性者はゼロや数人じゃ済まなくなる。数百人はいるでしょう。そうすれば途端に10万人あたりの陽性者数は跳ね上がる。そういう仕組みです。

具体的にみてみましょう。少ないと言われている群馬は400人調べて5人陽性でした。もし、1万人しらべたら25倍だから125人陽性になります。陽性率の高いクラスター追跡にすれば、あっというまに数百人になります。ロックインジャパンを医師会が潰した茨城だって同じです。最近は特に若年者で症状が無い人が多いから誰を何人調べるかに依存します。

日本全国、薄く広がって終わる季節性感冒を観測しているだけです。だから茨城の先生は、東京と同じ頻度でコロナに遭遇しているはずです。カゼで訪れた患者さんを片っぱしから簡易抗原検査してみればいい。目をそらせて直視していないだけ。

ロックインジャパンを潰したって何もかわらない。若者の喜びと人々の富を奪っただけにすぎません。

 

☆☆☆

<コロナ陽性と発症インフル数はカウントの仕方がちがう>

陽性者を感染者と呼び、全員が発症者でないことを隠していることが狡猾(こうかつ)。マジックのタネです。

だって、1日に数百人しか他の県は調べていないんですよ。全員陽性でも、東京の陽性数より少ないじゃないですか。科学的に比較できないことを延々と垂れ流しているだけです。

みんなだまされている。

このウイルスは無症状の人が多いから陽性者数は調査数に比例します。熱や咳で医療機関に来た発症者を調べるインフルの発症者数の計測と違うんです。インフルの時期に、無症状の人をクラスター追跡しないでしょ?

増えた陽性者数を都道府県民数で割れば東京と大差なくなると思います。日本全国に、薄く無症状でひろがっている。そういうことです。

 

☆☆☆

<200人大阪と5人群馬は同じ陽性率>

今日、報道がありました。

「大阪で6月3日以来の200人台感染 近畿・徳島で307人感染2人死亡 新型コロナ 7月11日」1万4000人調査したそうです。

陽性率1.4%とのことなので400人調べて5人発生のグンマーとほぼ一緒です。単純な計算だから推論じゃ無くてファクトです。だから言ったでしょ。当たっていました。調べればいっぱいるだけ。何、感染って。陽性者でしょ。グンマーも大阪も、東京もみんな一緒なんです。

このウイルスはこうなっていくんです。ずっと現場で兵隊をやっている町医者たちの方が(リンクは新潮)、臨床をわからない研究者の専門家委員会より正しいってことです。患者さんのことを軸に考える僕らには最初からわかっていました。国民は彼らの机上の空論に付き合わされて自滅していたんです。

質の悪いコンサルタントに政府や国民はお願いしちゃったんじゃ無いかな?

 

☆☆☆

<まとめ>

☆高齢者が守られて死者数が激減し日本のコロナは終わった。今後のワクチンの遅れの影響は少ないから、慌てない。

☆コロナは慢性炎症・高齢炎症を悪化させることで高齢者に重症化する。若者に感染の中心が移ったから、もう問題ない。

☆東京に感染拡大しているように見えるけど調査数が多いだけにすぎない。

☆調査を減らせば陽性者数が減って何もかも終わる。比較の意味のない数字に国民はだまされている。

☆だから、有観客でもよかった。ロックインジャパンも問題なかった。緊急事態宣言もマンボウも必要なく、自由にして豊かになる道を歩むべき時期になった。

 

☆☆☆

<第2部 未来の選択>

<国際社会で自滅し一人負けする日本>

Po15

みんなで楽しめる試合を無観客にしてしまいました。さまざまなことで日本が手に入れられるはずの大きな富を私たちは失ってしまいました。

こうやって、国際社会の中で一人負けしていくのです。他国に敗北するのではなく、自滅する。

子供の教育を破壊し、出生数が減る。卒業式も修学旅行もなくなり、コロナ人災で出産が激減したんです。僕が経験した若者たちの被害をコラムに書きました。

メディアが作った恐怖にのみこまれ、自分で考えないからこうなっちゃうんです。私たちが看破しないと、これからもつけこまれます。

専門家委員会と医師会は私たちの富や仕事や喜びを奪うことが目的の組織だったので、何も感染症対策について積極的なことを構築しませんでした。私たちを守る人々ではありません。

コロナは、季節性になって無症状の若者にひろがっているだけです。

 

☆☆☆

<自滅に導いた構造>

ワクチン接種を急いで感染状況を好転させて有観客、観戦時のアルコール提供、パブリックビューをやって国民を盛り上げようとした中央や、何かが変わると思って応援しようと思った人々。

それを潰したひとびと。聖火ランナーやスポンサー、アスリートに辛い思いをさせた人々。ウイルスのファクトから離れて、若者の希望を潰した医師会。

こう言ったウイルスのファクトを無視しウイルスを利用して恐怖を作り、昨年からずっと専門家会議、医師会、都知事は一体化して私たちの富と希望を奪い続けました。五輪のために何年も昼夜準備した東京都職員の努力を全てムダにしました。国民のチケットをムダにしました。

日本を弱体化させ、国民の希望を奪った。コロナとの共生を拒絶し破滅に導こうとした。この構図を見誤ってはいけません。

無観客でも燃えさしになったものでもいいから、アスリートたちを応援しましょう。海外の方々をもてなしましょう。

五輪=政府=国民の敵、みたいなことを考えずに信じるからこうなるんです。本当は政府と国民が敵対させられ自滅に誤誘導されていただけです。

国民を二分したり中央と国民を反目させて衰退させる方法は、いろいろな国への国際介入でよく行われてきた古典的な方法です。大人の皆さんならご存知の通りです。日本人は賢いけれどビビリで潔癖なので、そこを利用されてしまいました。自国で目撃することになるとは。

このブログで「貧すれば鈍して選択肢がなくなる」とお書きしていたのはそのことです。あるいは「覚醒して国民同士が反目しないようにしましょう」ともお書きしてきました。他の先生がご覧になった臨床像が明確に示されたので、きちんと書けるようになりました。

 

☆☆☆

事なかれ主義の地方自治体によって、無観客対応がひろがりました。テレビで「このご時世だからいいじゃない?」と言っている方が多くみうけられました。国民がそれを望んでいるとはなげかわしい。為政者には、ファクトを元に跳ね返す胆力がない。

終わったコロナを不安視しつづけるのは失策であり、愚策です。なぜ、自ら国民は自滅を選ぶのか。さざなみだった上に死亡者が激減しているんですよ。反転攻勢するには遅すぎるぐらいです。

 

☆☆☆

<さざなみで国産治療薬、ベッドがあった / 大勢の先生が同じことを観測 / 一人勝ちできて豊かになれた日本が敗戦で貧乏 / 焼け野原から回復すべき>

コンサルの誤誘導人災から復興しなくっちゃ。世界の中で一人勝ちもできたのに。

大量の入院ベッド日本製の吸入ステロイド、マクロライドがあったんですよ。全部無視して自滅した。1年以上前からブログやオンラインコラムでお書きしてきました。

長尾先生も治療してきたし、大木先生も提言をつづけてきた

僕は中国人のインバウンドが多かった2019年末から秋葉原で患者さんを拝見して身近ないろいろな人々の実情もおうかがいして観測と考察を続けた。僕は大勢の多点観測の一つにすぎません。同じ物事を多くの先生がずっと示していました。

全部握りつぶされてきた。コンサートも五輪もつぶした。お店をつぶし、子供の教育をつぶした。子供が減った。自殺者が増えた。国が貧しくなった。コロナと共生して回復する方法を示さない。


夏休みが近いだの何だのいって感染拡大言っているでしょう?不幸になるといって高価なものを売りつける悪徳コンサルです
。 つき合い続けると私たちの自由と希望と財産を奪い、仕事や経済を奪い、子供たちの未来成長を奪い、日本から子供を奪う。

国際社会から取り残されてもこれから何年も竹やりで仮想敵に進撃をつづけますか?私はイヤです。世界では終わっているのに日本は、いつ終わるんですか?私は、日本の安定した繁栄を願う。子どもたちの健康的な成長を見守りたい。

修学旅行も行けばいいし、家族旅行にいけばいい。夏のコンサートをすればいい。屋外なら熱中症予防にノーマスクでいい。

ワクチン不足も問題ありません。日本国内に数はあるから再分配まてばいいし、人間の免疫はそんな厳密じゃないから2回目遅れても問題ないです。1回で十分といって米国では1500万人が1回しか打っていません。

人災をもう終わらせないといけません。私たちには生活や暮らし、子供たちには心身ともに仲間と成長する必要があります。

日本も世界潮流に乗って大丈夫です。それだけのことです。

世界の人々をみて同じことをすればいいんです。

David_killing_goliath_20210603094701

日本の専門家会議の人々が出てきたら自滅報道なのでスイッチを消しましょう。

 

☆☆☆追記

「静岡知事「感染対策の措置で十分できる」、五輪は有観客で開催へ」静岡の自転車競技は有観客!ガンバレ!災害復旧もあるのにエライ!宮城県知事さんも全国知事会で有観客サッカー試合に胸をはっていらっしゃいました!ガンバレ!

ワクチンが使える先進国では陽性者拡大はもう意味をもたないから感染症の状況からも正しい。

オリンピックだからこそ世界の人々が日本に来てくれます。彼らの母国の人が日本の試合を見てくれます。

有観客の静岡&宮城オリンピックで盛り上がろう。福島、北海道なんて地元が潤ってよかったのに。失ったものの大きさは、後でわかるってもんです。ことなかれでビビった知事さんたち、本当に残念でした。全部を奪われた都民とともに静岡&宮城の盛り上がりを遠くで眺めていれば良いでしょう。

悪徳コンサルに植え付けられた脳内幽霊にビビって大金と国際信用を失いました。これまでの準備も全部ムダにしてしまいました。かわいそう。

北海道は「ところが直後から、医師会関係者や道議などから「知事は無観客論じゃないのか」などと再考を求める声が噴出」(北海道新聞)だそうです。コロナは永久に存在し続けるし世界には未知のウイルスもあるから、北海道は2030年冬季五輪やインバウンドは永久にムリでしょうね。

どこもかしこも医師会と専門家会議・・・

都民は専門家会議の意見をいれて禁酒令です。マスク会食に3密。オーバーシュート。なんて素晴らしいんだろう、日本の自滅と貧困。

« Marshmello in AKIHABARA 2021 0710 / マシュメロに秋葉原で会った日 | トップページ | 「英、コロナ規制ほぼ全廃」 / 日本も英国王立艦隊に続こう! / さざなみを乗り越えて未来へこぎだそう! »

10.慢性炎症 / メタボ / ダイエット / 栄養運動医療アドバイザー」カテゴリの記事

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事