2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

« 陽性者増大はウイルスからの贈り物 / こうやって終わる / 若年者へワクチン強要をしてはならない / 私たちにメディアの有害情報はもう届かない | トップページ | 女王陛下の王立海軍に続け! / 陽性者数と重症者数のリンク切れ / 検査陽性者を減らす局面は終わった / 若者にワクチンは不要  »

2021年7月31日 (土)

土着性の季節性コロナになった終焉 / 日本で被害が少ない理由 / 自然免疫が獲得免疫を助ける

0717aozora

日本は、季節性コロナウイルスにさらされてきたので新型コロナにも強いのではないかと思ってきました。

中国全土のコロナウイルスの被害が少なかったり、地続きのアジア圏の被害は少ないまま来ています。

免疫は1対1で考えがちです。新型コロナと新型コロナに対する抗体とか。ところが、人間は外敵に対して総力戦で戦っているので「専用の抗体が無くても」カゼをひかないこともよくあります。毎年インフルは変異をしているのに「インフルエンザにかかったことがない」といった人々です。

免疫学者の審良 静男(あきらしずお)先生のページ、9に 
例えば、インフルエンザウイルスに感染すると、そのウイルスを中和する抗体ができますが、その抗体の産生にTLR7(自然免疫)が必須であることを明らかにしました。

と記載されています。このページはとてもいい。少し専門用語は多いけど免疫のことがよくわかります。働く兵隊としての臨床医になりたい若いお医者さんは読んでおくといいです。(記事アップしようしようとしたら遭難と心配していました。ぶじ下山されたとのことで記事をアップすることにしました)

この自然免疫と獲得免疫の連携をポジティブなことや議事録も全部捨ててきた専門家委員会は無視しつづけました。コロナ肺炎の自己免疫的機序や慢性炎症とのつながりも何もかも。彼らはイデオロギー重視で、私たちを守るファクトは関係ない人々だったわけです。最初から。

 

☆☆☆

「日本は日本のコロナを考えよう。過度の自粛は必要ない」 日本は「地の利」でやり過ごしている に1年以上前に記載したことは、そう言うことです。

また、オリンピック放送が増えてコロナの恐怖がどっかいっちゃったでしょう?

1.朝、昼、夕と内容に関係なく、とにかく繰り返し延々と情報を流し続ける。に記載した通りです。
クルーズ船や物不足の行列を延々流し、陽性者数報告も大震災のようにテロップで常に掲示し続けました。他のニュースはかき消されました。脳内がコロナで埋められていきました。・・・が終わったからです。

その場の感情論ではなく、後で読み返しても役に立つ記事を一つずつ重ねてきたでしょう? オリンピックを開催して日本を再興再生させたい人々の勝利です。寄ってたかって日本を破滅させようとした人々への私たち国民と中央政府の勝利でもあります。

「ねばりづよい勝利への執念」という言葉が端的に示しています。よかったですね皆さん!豊かさと伝統が守れそうです。大きく傷ついたけど危なかった。

 

☆☆☆

「日本は日本のコロナを考えよう。過度の自粛は必要ない」 日本は「地の利」でやり過ごしている 

に1年以上前に記載した「地の利」とは、そう言うことです。やっと理解してもらえる世の中になってきました。

自然免疫をある程度もっていると、獲得免疫が強くなるわけです。1人の人間の中の免疫は分けたりしないで、ネットワークになっている。

市中の新型コロナウイルスへの抗体をしらべたって、集団的な免疫や日本への被害なんて予測できないのです。専門家委員会は、ウイルスや疫学の専門家なのに素人(しろうと)集団でした。だから彼らは大きな人災を引き起こしました。結果がもう出たでしょう?

重症化して運ばれてくる人々が施設や在宅酸素の高齢者ばかりだったり、重症化する患者さんに特徴と偏りがあることを観察していたはずです。初期のステロイド吸入や内服、マクロライドの免疫調節作用の有効性の解析もしなかった。全部無視した。

当時、ウイルスに対する免疫や感冒ウイルスの遺伝子変化なんて一般の人々は興味もないし知らない物事でした。デルタやらラムダやら騒がしくなる世の中になるとも思っていませんでした。今なら免疫学者の審良 静男(あきらしずお)先生のページ が理解できる国民も増えたことでしょう。

 

☆☆☆

コロナの情報番組が無くなって、オリンピック一色になっています。アスリートに「人命を無視して競技しても応援できない」と言っていた人は、コロナ陽性者数をずっとカウントしていればいいです。

国別の被害、つまり「地の利」を無視した人々。せっかく自国で五輪をやるというのに無観客にして、自国民の応援をアスリートに届けることを自分のプレゼンスのために遮断した人々。本当にいやになっちゃいます。

宮城の村井知事のように立派な少数派の方々もいて、心強い。なんと「知事選勝敗よりも“復興五輪”を有観客で」とおっしゃっています。すごいことです。

日本の自然免疫と獲得免疫の連携ぐらい学んで欲しいものです。観測された事実から理論を素直に導き出して、医療者を人々をまもるのが仕事でしょう?

 

☆☆☆

僕は、逆風だろうと何だろうと限られた観測された情報からコロナの正確な姿を認識し、それを伝えようとしてきました。他の病気の方が多いから、感染症の一つにすぎないコロナには最小限の対応をすればいいと思っていました。

ヨコシマなことをかんがえるから、どんどんおかしなことになっていってしまった。

都知事やなんやらで開会式で僕の好きなアキラがみれなかったのは、本当に残念。

パナソニックの赤色レーザーを使った今回の開会式のアスリートの孤独感や葛藤の場面はよかったけど。

高校野球のように今からでも屋外なら有観客にすべきです。自然免疫をもっているんですから。

« 陽性者増大はウイルスからの贈り物 / こうやって終わる / 若年者へワクチン強要をしてはならない / 私たちにメディアの有害情報はもう届かない | トップページ | 女王陛下の王立海軍に続け! / 陽性者数と重症者数のリンク切れ / 検査陽性者を減らす局面は終わった / 若者にワクチンは不要  »

10.慢性炎症 / メタボ / ダイエット / 栄養運動医療アドバイザー」カテゴリの記事

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事