2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト

« もうすでにあちらこちらにあるもの / 一緒に暮らす / 謙虚な観察と真実と最善の策 | トップページ | 日本のコロナ被害が少ない理由 / 無症状でかかり、その後も守られるしくみ »

2021年8月24日 (火)

陽性者は若者 入院は高齢

Photo_20210824061001

現在陽性者は40代以下が80%を占めています。(厚労省)

この人たちが重症になったり、入院している印象があるでしょう?
間違いです。

Photo_20210824061101

重傷者は、40代以下は30%もなく70%が50代以上です。

最近になり、若者の重症者はさらに減ってきています。

つまり、若者の陽性者がいくら人数をふやして何万人になったとしても重症者には影響しません。もうあちらこちらにウイルスは存在しているので陽性になった若者が、どこかに運ぶという局面はすでに終わっています。

激増している20代以下の若者が2次感染源にはならないということが報告されました。以前、大規模な中国の調査で「症状を出していない人からは感染しない」という報告があったことを思い出します。

インフルエンザのこのページをご覧になってみてください。1年間に10歳以下のこどもたちが200人以上インフルエンザ脳症になっていました。また、入院者は60代以上。

コロナは子供に脳症を起こさず若者にほとんどの場合無害、軽症のウイルスであることがわかります。致死率が特別高いわけでもない。

これらは1次情報。

 

☆☆☆

まとめると・・・

1.陽性者数と重症者数は「リンク切れ」をおこしていて、若者の陽性者数の激増をいくらカウントしても意味を失った

2.感染した若者たちは免疫を獲得していくので流行は早晩終わる

3.1500万人の東京で大体300人ぐらいの重症者が入院できるベッドを用意していれば十分。

沖縄県は人口140万人で重症者30人なのでだいたい全国共通であっています。5万人に1ベッドあれば十分ということです。それぐらいは日本に問題なく存在しています。神奈川県なら、人口900万人だから180人ぐらい。日本は落ち着いています。

ロックダウンなんて必要ありません。治療しながら、経済を回していける。僕らはリアルに生きています。感情論では戦えないです。

 

☆☆☆

自粛やロックダウンで縮こまって経済や教育や社会や伝統を破壊していく下水PCRをやってゼロコロナを目指すマッドサイエンティストなんかに負けないでほしい。

経済が人命より重要とかいう局面はおわりました。さらに国家や社会というのは、経済でつながっています。一つの意思で人々が戦うのは精神論では無理で、経済の後ろ盾がないといけません。

コロナと共存して経済を回す、ということで国民は一致していくことでしょう。そのとき、マッドサイエンティスト&悪徳コンサルタントと縁を切る必要がでてきます。

東大の病院長先生が政府を通して意見を言ったら、とたんにおとなしくなるひとたちです。ファクトでやっているんじゃないです。政府は、「コロナだけじゃない」と看破した東大を味方につければいいだけ。マッドサイエンティストや悪徳コンサルタントはヒエラルキーに弱い。

さわぎすぎんな、といわれたらシュンとしちゃいました。

人体にメスをいれる外科医は、手術で勝負を毎日しているので真理を見抜く直観も行動力も強いです。基礎系のマッドサイエンティストの騒乱に喝をいれてくれました。さすが。

社会を破壊することにやりがいと喜びを感じている人々の手から、私たち自身に社会と豊かさをとりもどさないといけません。

瀬戸先生は人のお話を聞く力があり、多面的に社会を理解している人であることがわかります(最近のNEWSWEEk)。こういった先生方が、コロナから私たちを守ります。陽性者数だけにこだわって、ロックダウンや自粛がどれだけ偏ってるかさらにわかるでしょう?

 

☆☆☆

病床数の計算は「大木提言」ですでに昨年から明らかになっています。大木先生も血管外科医です。

医師は外科が基本で、内科は後で生まれました。外科医だった父親がそう常日頃言っていて内科医の僕は「うーん」と曖昧に返事していました。有事の際に頼りがいや前進力が違います。いいなあ外科医。

専門家会議とかが、みんな無視しているだけ。戦う時には、具体的に正確に相手を知ることが重要です。

鬼畜米英で精神論で戦うのではなく、何をどれだけ準備したらどう乗り越えていけるのか。もうすでに、私たちは8割がた乗り越えていっています。継続するだけで、もっと収束していきます。

メディアの報道とはだいぶちがうでしょう?鬼畜米英とののしっていた米国のブレイクダンスを子供たちが踊っています。そんなもんです。メディアは、私たちに竹槍で飛行機を落とすように指示しているだけです。少数の出来事をこれでもか、と拡大しつづけています。

おかしな人々からはそっと離れましょう。

全体像が大切。全体を見せて把握してしまうことをさせないのは、常套手段です。少数のセンセーショナルを取り上げて、全体化させたものを繰り返し繰り返しシャワーのように浴びせ続けます。

そっと離れましょう。

« もうすでにあちらこちらにあるもの / 一緒に暮らす / 謙虚な観察と真実と最善の策 | トップページ | 日本のコロナ被害が少ない理由 / 無症状でかかり、その後も守られるしくみ »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事