2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト

« 出口戦略は「社会不安の解消と治療動線の両輪」 / 専門家の不作為を思い出にする | トップページ | コロナからの離脱 / 新しい日々を始める  / 全てが終わっていく 2 »

2021年8月31日 (火)

コロナからの離脱 / 新しい日々を始める  / 全てが終わっていく 1

Photo_20210829003101

今日は8月の最後の日です。

1年前から録画してきたコロナの特番などをHDDが一杯になってきたので、週末に整理して消去していきました。

参考になるかもしれないと思ったけど、今から思うとほとんどプロパガンダでした。もういらない。ところどころ見直したけど役にたたなかった。

恐怖をあおるだけあおったテレビ芸人もこれから逃亡を始めます。「終わり始めると思います」なんて言い始めるにちがいありません。さりげなく「でも変異したりするから油断なりません」と追加したりして終わらせない工夫もしておくはずです。

そうやって終わらせない。

 

☆☆☆

デルタ株は重症になる人が多かったはずで、40−50代がバタバタ死ぬはずで、重症者がウナギ登りになって、救急車も来ない世の中になって、日本全国で重傷者が急増して、全国で医療崩壊するはずでした。大災害になるはずでした。

フジロックで沢山の陽性者が出たり、オリンピックやパラリンピックなどのイベントで陽性者が激増するはずでした。

何もおきないのは、昨年から一緒。明日はNYで42万人死ぬはずでした。どんどんひどいウイルスになるはずでした。

実際は世界的にみればさざなみで、若者の死亡率はほぼゼロで、デルタ株は感染力だけが高く死亡数とリンク切れしていました。

最初から終わっていたんです。

 

☆☆☆

僕の試算では、重症者発生は人口5万人に1人の重症者なので東京なら300人ぐらい。大木先生の予想とほぼ一緒。去年からずっと看破されてきました。

それを無視して野戦病院が必要なんていいだしていた。本当は、通常インフラで肺炎を見れる範囲内だった。医療者にワクチン終わっているし、ウイルス量が少なければ危険はありません。

大木先生は、陽性者を普通に手術している姿もTWEETしています。大学病院だって手術室そんなにありません。でも普通に陽性者を手術している。風邪ひきの妊婦さんのお産ぐらいできるでしょう。専門家会議がブロックしている。

やれるんです。東京医科歯科ひとつで専用病室が30−40床ぐらいあります。東京には総合病院が600以上あります。

専門家会議は私たちを守る治療インフラは何もアドバイスしなかったし作らなかった。さらにオリンピックもパラリンピックも「やる意味が分からない」と全て壊す寸前までいっていたことを、皆さんも覚えているでしょう?ただの破壊者でしかなかったのです。

きちんと色々なことを、やりたいことをやっても崩壊せずに全てが終わっていきます。大丈夫だったんです。

僕らは、人殺しのように悪事を働かれるとわかりやすいけど「治療ネグレクト」のようにやるべきことをやらなかった時の不作為を見つけることは難しい。そうやってポジティブなことを全部巧妙にやらなかったのです。

最初から救う気持ちなんかなくて、終わっていたんです。

 

☆☆☆
ときどき発生する具合の悪い人を治療するだけのシステムに変わっていきます。

保険診療で色々な初期治療薬をコロナに処方して良くなったり、コロナの電話診療にちょっとだけ加算がつくようになりました。わずかだけど、保健所管理(保険診療から切り離された公的管理)と通常保険診療のハイブリッドになるらしい(よくわからないけど)。

そんなの去年からやっているので今さら。こうやって通常のカゼの治療との垣根を少しずつなくしていくんだろうと思う。いつのまにかコロナの特別視が終わっていくのは良いことです。

全て終わっていきます。

 

☆☆☆

野戦病院もいらないし、新病院もいらない。私たち国民の行動制限を強要する私権制限の法律改正も不要。今あるインフラを最適化するだけで、乗り越えていけるものです。

それで間に合うし、そうしなくっちゃいけない。その辺にあるコロナを、医療システムの中に入った途端に特別あつかいすることは有害でしかありません。

なぜか日本向けだけに金属片が混入していたワクチン接種も、そういう状況だから延期して様子みるのもいい。どの会社も異物が入っていました。

 

☆☆☆

金属片が入っていても問題ないと専門家会議は言いましたので完璧に安全です。なにしろ免責を閣議決定するぐらいメーカーを専門家会議は信頼しているのでワクチン接種後の副作用と思われたもは因果関係ゼロ報告が続いています(リンクは専門家会議の厚労省議事録)。

副作用が全く起きない有効性ほぼ100%の完璧なワクチンです。専門家会議が問題ないといえば、それでオシマイ。去年から議論も何もありません。彼らは完璧。国民は従えばいいのです。製造過程の金属かもしれないしフタのゴムのカケラかもしれない。

どちらでも良いことです。何にも影響しない。国民に必要なのは信じる心と思考停止。

ワクチン後に何が起きてもバイアル内に異物があってもひとつも問題ないと私達を安心させてくれる専門家の人々。社会を破壊しても陽性者数を減らせば幸せになれると安全第一の専門家の人々。

信じましょう。生活が破壊されて仕事が破壊されて教育が破壊されても死んでも殉教です。

 

☆☆☆

東大の病院長先生も病気はコロナだけじゃないって文句いってくれたけど、日本国土に一欠片でもコロナがあれば感染研や専門家会議の方が東大より上みたいです。

全医師なんかよりも当然上だし、どうやら任命者の首相よりも上になったらしいです。法律改正、あげくは改憲まで言い出しているから万能です。天皇陛下と列席されたお客さんの批判もしました。八紘一宇だ。バンザイ!バンザイ!

こうやって私たちは、マッドサイエンティストに破壊されるのをながめるだけです。国民がどんどん殺されていっても、バカらしいと思っても勝つ気配のない戦争を自分で止めることができなくて終戦に向かっていった日本みたいでしょう?破壊され尽くすまで自分じゃとめられない。

僕は去年から壊れていく日本をずっと眺めていました。逃げ惑う人々に初期治療薬でかくまったり励ます以外、何もできなかった。

国民が覚醒しないと終わらない。逃げまわっているだけじゃだめです。

こうやってやりたい放題に社会が破壊されていくのです。

そして全部免責で全てが終わっていきます。カラダを大切にして、生き延びましょう。

« 出口戦略は「社会不安の解消と治療動線の両輪」 / 専門家の不作為を思い出にする | トップページ | コロナからの離脱 / 新しい日々を始める  / 全てが終わっていく 2 »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事