2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト

« 病気ではなく患者さんとともに専門家会議と戦う日々 / 「すでに起こった未来」 | トップページ | 名もなき冒険家 / 野の花診療所 / 徳永進先生からの「野の花通信」 »

2021年8月27日 (金)

マネジメント失敗による大災害

Flower0812

今日は、マネジメント失敗による救急の破綻にお花をそえようとおもいます。

専門家会議が自分で管理するといって、2類を放置して放り投げました。

管理する彼らの出先機関の保健所は、機能不全に陥っています。

クラスター追跡させて疲弊させたあとの大災害です。

 

☆☆☆

“異例を超えて もう異常事態”東京消防庁 救急車出動できない  (NHK)とのこと。

具合の悪い人が多発しているように思うかもしれませんが、間違い。

救急隊が300回も電話しても受け入れ先がみつからないため、患者さんとともに路上でフリーズすることが報告されています。

陽性者が多いだけで流行自体や重症者が世界的に見てそれほど多くないのにクラッシュしているのは、マネジメント失敗の大災害です。

 

☆☆☆

軽症者を普通にみることを制限した。良くなる人も「治療ネグレクト」で悪化。

コロナを恐ろしい病気だと喧伝して、隔離しようとした。

入院治療をインフル並みの病室でみることを許さず、陰圧室や特殊病棟に限った。

そのために、救急外来や救急車、在宅とどんどんトコロテン式に目詰まりをおこして、治療できる人もできなくなった。

その結果、他の病気で救急車を呼びたくても、救急車内が行き場のないコロナ陽性者さんでつまってしまった。

専門家会議によるマネジメント失敗の大災害です。

 

☆☆☆

専門家会議による大災害と、破綻した保健所によるネグレクトの中でも、僕たち現場の町医者は患者さんの悩みに応え続けています。無症状のひとを野生の勘でみつけたワクチン後のITPで大騒ぎだった。明日打つはずだった2回目を回避して救いました。嗅覚。
(僕はワクチンのことを書く役割のひとではないけど患者さんを守る人。大学病院や総合病院の先生も患者さんを守る人々。皆さん優しい。患者さん普通に受け入れてくれていて医療崩壊していないことを、患者さん方が実感されています。いつか皆さんの一つ一つの患者さんを守るための優しさをお書き申し上げます。ありがとうございます!)

在宅で使える初期治療薬で観察していけば、たいてい良くなる。クリニックの患者さんが、ウンウンってうなづいていることでしょう。2019年年末から皆さんに処方してきたそれです。

昨年から、初期治療薬の普及や患者さんを救う方法を妨げたのも彼ら。皆さんに治療について何の案内もしなかったでしょう?家にいろって言っただけだったでしょう?何もしていなかったんです。国民に命令だけ。

命令を聞かない国民に命令を聞かせようとする法律にはすごく熱心。目指すのは、申し上げた通り改憲です。何それ。しかも人命を救うことに失敗。

なにもかも、人流をおさえれば解決するとしていた専門家会議によるマネジメント失敗の大災害です。大災害を起こして改憲しようという計画も「日本国民のかしこさ」や本能の前にきっと失敗する。

 

☆☆☆

日本人をなめるな、って言いたい。平和と自由を愛して、競争したり競争しなかったり、好きなように生きていきたいって言いたい。それも自由でいたいって言いたい。コロナ陽性ってなに?無症状なら、2週間したら陰性じゃん。

最初全部隔離収容、濃厚接触者退場、現在無視放置虐待、百貨店地下禁止、人流抑制社会伝統教育酒家破壊最高!全体主義法改正改憲祈祷!(中華風)。空気感染なのわかったから、全員濃厚接触じゃん。怨敵退散!全員解散!

まるで中国南部の輸送路を確保すれば、戦争に勝てるとおもっていた陸軍指揮官と一緒です。水牛作戦で勝とうとした。ジャングルの悪路を水牛を使って進み、食料がなくなれば牛を食えばいいという愚策です。人流抑制は水牛みたいなもんです。

デパ地下を閉鎖して重症者へりましたか?飲食店(酒家)潰して禁酒して自宅療養者減りましたか?

改憲したり私権制限の法律で重症者治療できますか?この先生とあの先生やってることスゴく似ているでしょう?

僕は、野の花診療所の徳永進先生も仲良しで本読んだから人々を苦しめることに熱意を持つ気持ちも良くわかる(「故郷を追われたハンセン病者たち」リンクは岩波)。けれども、人々が苦しんでいるから結果的に悪です。それが観測された事実。

 

☆☆☆

政府や都知事は、やっと気がついて悪徳コンサルから離脱してインフラを大急ぎで整えて反撃に出ています。現場の町医者とお上は一致して国民を守ろうとしています。大丈夫。

専門家会議によるマネジメント失敗の大災害から、人々を守るムーブメントが起きています。病気はコロナだけじゃない。片付けて別なことをしなくっちゃいけない。東大の病院長先生も言っていたでしょう?

抑制は自滅であることを気づいて、私たちを守るための攻撃にたくさんの人々が反転を開始しました。

私達を守る人々がやってきます。待ちましょう。

 

☆☆☆

去年の6月に「人による人災の方が大きくなる」「このままだと破綻するからコロナを特別視しちゃダメ」「指標を死亡者にするべきで陽性者(当時は感染者)じゃない」って申し上げたとおりの未来になったでしょう?

日本の人々は賢いし豊かになれるから、次は救いに来る人がやってきます。

« 病気ではなく患者さんとともに専門家会議と戦う日々 / 「すでに起こった未来」 | トップページ | 名もなき冒険家 / 野の花診療所 / 徳永進先生からの「野の花通信」 »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事