2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト

« 「治療ネグレクト」がコラムになった日 | トップページ | もうすでにあちらこちらにあるもの / 一緒に暮らす / 謙虚な観察と真実と最善の策 »

2021年8月22日 (日)

人々を守る人、ネグレクトする人 / 豊かさをとりもどす / 治療に舵を切る / 終わっちゃうと困っちゃう

Sekaichizu

これまで冴えない専門家会議のやり方を踏襲してきた、政府や東京都。

独自の道を歩み始めました。

自粛一辺倒を離脱した治療中心の道です。局面がかわりました。

 

☆☆☆

自粛していても自然発生していく患う(わずらう)人々への対応。それしか人間はできません。どんな状況でも具合が悪くなる人は出てきます。その人たちをやさしく守る必要があります。

有能感にひたって「自粛やステイホームを強要して人流を抑制すれば、ウイルスを封じ込めて乗り越えていける」という壮大な幻想を抱いた専門家会議。自殺者もたくさん出して社会を破壊してこのざまです。はっきり言えば失敗。

治療方法のインフラを無視し続けて、私たちを「治療ネグレクト」したまま逃亡です。そして「教育、経済、社会活動ネグレクト」。大失敗です。建設的なことを一つもしなかったのだから当たり前です。

 

☆☆☆

国民は全力で自粛しました。居酒屋さんいっぱい閉店しました。さんざん教育も社会も破壊されオリンピックも無観客にした後にこのざまです。

ゼロコロナを目指すとこうなります。人間の頭に描く論理なんかじゃ未来はひらけない。

実務を淡々と行う政策に転換した政府と東京都はただしい。

良い舵取りです。世界中で不足する中でワクチンを確保したり、本当に淡々と働いている。悪徳コンサルタントをかわしながら、うまくやっています。

悪徳コンサルタントの犠牲になって、自殺なんか考えないで生き延びてください。

もうすぐ、社会を経済を給料を復活させてくれる人々がやってきます。困っているみんなを豊かにする人々がやってきます。

 

☆☆☆

症状もなくひろがる感冒系ウイルスを封じ込める術(すべ)を人間は持ちません。

ワクチンですら、完璧でない。

だとすれば共存して、自然発生していく患う(わずらう)人々への対応をしていくしかありません。

医師が24時間常駐する酸素ステーション。いいじゃないですか。病院を作るのが難しいとみるや、人々を治すための方策をうちだす。完璧でなくて良いのです。

たぶん、今が流行のマックス。世界潮流の中の日本。(リンクは世界規模のworlOmeter)

 

☆☆☆

こうやって治療へ軸足を移して、社会を正常化していけばいいんです。

自粛は自滅しかうみません。ある程度の患者数なら耐えられるベッドとCTを日本は有しています。そのアドバンテージを使えるようにすれば良いのです。設計している先生がいます。ベッドの準備の仕方を考えてくれている人々がいます。私たちを守るひとびと。

そして。

 

☆☆☆

David_killing_goliath_20210603094701

日本にもともとあったアドバンテージを去年から使わせなかったのはだれ?

コロナ専用分類を作らず、2類のままにして破綻した保健所管轄を放置しているのはだれ?

もう死亡者数と相関しないから気にしなくていい陽性者数にいつまでもこだわって社会を破壊しているのはだれ?

普通にまんえんしてその辺にいるウイルスなのに、入院もさせないで通常診療をじゃましているのはだれ?

改憲まで持ち出して全体主義の法整備を進めようとしているのはだれ?

ワクチンの限界を無視しているのはだれ? 

このワクチンでパスポートを使って多様性を無視して人々を差別しようとしているのはだれ?

社会活動を破壊して女性や子供の自殺者を増やしたのは誰?

自分がやりたいように社会破壊をしてきてまん延して「やりがいがあって楽しい」と語るのはだれ?

(井上陽水さんが曲をつけそう。曲名は「ネグレクト」)

国民全員が悪徳コンサルタントの「ネグレクト」に困っている。感染者数/陽性者数しか見ないマッドサイエンティストです。

最初は「さすが専門家」と思わせて信頼させておいて焼け野原っていう構造、会社勤めの人なら良くわかるでしょう?小説やドラマにもなります。だから出口がないんです。解決したり出口があると終わっちゃう。でも続けられちゃ僕らが困っちゃう。

 

☆☆☆

彼らは、アドバイザーで社会を作るのは政府と責任回避の詭弁をいい続けました。越権で総理の頭ごなしにオリンピック中止を忠言しておいてですよ。詭弁です。普通悪徳コンサルと縁を切ろうと考えます。

だから政府と東京都は独自の治療に軸足を置く道を人々を守るために歩み始めました。

それが私たち国民全員が目の当たりにしている構造です。これぐらい続けば、どの人も理解できるようになったでしょう?

長いみちのりでした。失ったものも多かったけど、どの人がどんな人かがわかったことは大きな収穫でした。今もその目でみるとわかります。

人々を守り続けたひとを、何とか人々の役に立とうと、どんな職業でもその場で正しいことを語った人たちをそっと認識しましょう。

それだけでいいです。それで十分です。自殺なんか考えないで生き延びてください。

もうすぐ、社会を経済を給料を復活させてくれる人々がやってきます。困っているみんなを豊かにする人々がやってきます。

« 「治療ネグレクト」がコラムになった日 | トップページ | もうすでにあちらこちらにあるもの / 一緒に暮らす / 謙虚な観察と真実と最善の策 »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事