2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

« 差別と混乱を生むだけのワクチンパスポート  / 苦労した人々への「ごほうび」ポイントカードにすべき | トップページ | イメージの揺らぎ / 無から生まれる未来の直観 / 形を得るとなぜかなつかしい »

2021年9月 9日 (木)

重症化しない子供に重症化予防のワクチンは不要 / コロナは2年人生100年

0717aozora

高齢者にワクチンがいきわたり、重症化感染予防をしているとのことです。(読売新聞)

そしてコロナの重症者は65才以上に集中しています。完璧。

それ以下はBMI30以上の肥満や持病のある人。(読売新聞)

日本では、30代以下の死亡率はゼロが続いています。若者はコロナは致死的ではありません。

特に小児では無症状で、PCRも出にくいつまりウイルスが体内で増えにくいことがしられています。たぶんACE2レセプターが少ないから。

一方で、2回ワクチン打っても感染します。ブレイクスルーなんて読んでいるけれど普通のこと。(NHK)インフルエンザ打ってもかかるときは、かかるでしょう? 

重症化しないことがわかっている年代なら必要ないんじゃない? それが普通の感覚。 

社会のために他者のために自分の体を使うなんてよくありません。 自分のカラダは自分のもの。

 

☆☆☆

予防効果はありません。つまり、子どもたちにワクチンを打っても無害なクラスターは広がります。

学校、修学旅行、受験、塾などなどでの「感染予防」で接種するのはムダですし、小さな副作用でもぜんぶ損だということです。

失うもの、奪われれるものしかなく、得することがありません。

ある程度の年齢ならお子さんご本人が「日本では2年間発生していない重症化の可能性を減らしたいなら接種すればいい」ということになります。

同調圧力を作ってはなりません。先生と親御さんがシールド(盾)にならないといけない。

 

☆☆☆

親御さんや教員が強制するものでもありません。

繰り返しますが、感染予防にはならないので他者のために接種する意味はありません。

私はウイルスが持つ様々なタンパク質に免疫を重層的に持つ方が、将来有利だと思っています。免疫は抗体だけでなく、細胞性免疫の司令の元に働く複雑な機構です。

立体構造を元に認識しますので、ウイルスの表面でない棍棒状のスパイク蛋白だけを大量生産と認識させることは不自然な作業です。

私は、ウイルス表面に存在するスパイク蛋白だけの免疫は片手おちで急場しのぎだと思っています。将来、弱毒生ワクチンが出ることを期待しています。イギリスの感染実験は、その一歩。

死亡者数とリンク切れしたデルタ株。生ワクチンに最適かもしれません。

ここからは、自然感染に任せたほうが良いと考えています。

 

☆☆☆

自分のカラダは自分のものです。

マイクロRNAは血液に乗って普段から人体のホメオスタシスに関与していることがわかっています。

また、細胞内のDNAエピジェネティックのメチル化やミトコンドリアのヒューマニン(ミトコンドリアが作るペプチドタンパク)などもやっと研究の端緒についたところです。

コロナは一過性の騒動です。細胞内にヒストンのほころびを起こしたりミトコンドリアに負荷を与えることが長い人生にとって良いかどうかは、重症化予防のメリットとの天秤です。ちょっと長くなるので、そのうちお話ししてみようと思います。

子どもたちの将来は長いです。人生100年、コロナ2年。あわてない。

そんなこと、テレビ芸人医者話さないでしょう? 私達の人生は長いけれど、彼らのもうけは近視眼的だからです。今日100万円や1000万円もらえれば、その後発した言葉でその人が体をめだたない傷を負っても責任はありません。私達の自己責任。

傷ついた私達のカラダは永遠に残る。

 

☆☆☆

人生は長いです。

どうやったら私達も子どもたちも健康で長生きできるかを考えましょう。

コロナ撲滅のために生きているんじゃありません。

健康で長生きするために、コロナ対策をしているんです。軸足を忘れないようにしましょう。

「細胞内の騒動を減らす」(慢性炎症を減らす)ことと「健康長寿」の関連は覚えておくと良いです。

どんな時も判断を誤りません。

この治癒率99%近いコロナデルタ、ミュー・・・オメガウイルス、国家存亡の危機をもたらすウイルスですか?全体主義は終わりです。

ちなみにワクチン接種率が高い国で(あるいはその方が)陽性者数が激増しているので、ワクチン接種率を上げることは良いこととは限りません。

 

☆☆☆ 追伸

Romania0909

worldOmeter Romania

ワクチンを停止後、すっかり落ち着いてしまったルーマニアが参考になります。ワクチン高くて買えなかったり国民が打ちたがらなかったりしたら、かえって良い結果になりました。新規陽性者の波が第5波以降に向かってどんどん小さくなる西欧と逆パターン。

お金の多い少ないと、幸不幸が比例しないこと。禅寺のミニマムに無限の世界が広がることなどを連想します。

ものが無いと、野菜の外葉や根の甘さを感じることができるようになります。本当の友人もわかる。

何か、人生のようです。

あるいはナウシカに出てくる蟲にむかって銃を撃ちまくるアスベルのよう。逆襲されてアスベルは大量の蟲とともに崖から落ちていきます。

MöVEで彼を空中で救ったナウシカはいいます。「あなたは殺しすぎる」と。

力で制することはできません。ほとんど私達を殺すことのないウイルスに変化したコロナを理解し共に暮らす方法を模索すべき。僕にはおごり高ぶって感染制御できると人々に多大な人災をあたえ、女性子供の弱い人々の自殺者を増やし、破綻システムを今でも放置し、「油断するな」と人々の不安感を落ち着かせることを放棄し、在宅死を招いている専門家会議とワクチンを子供にも全員接種を勧める人々が、巨神兵で世界を王蟲を焼き尽くそうとするクシャナのようにしか見えません。

ムダです。

 

☆☆☆

追伸の追伸

なんと3回目接種まで言い始めました。焼き尽くすつもりです。

私達は、壊れた潜水艦の中でババ様と避難をつづけて、ナウシカを待ちますか? 考えないといけません。

マッドサイエンティストから子どもたちを守らないといけない。社会を守らないといけません。

« 差別と混乱を生むだけのワクチンパスポート  / 苦労した人々への「ごほうび」ポイントカードにすべき | トップページ | イメージの揺らぎ / 無から生まれる未来の直観 / 形を得るとなぜかなつかしい »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事