2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

« すでに起こったファクトが未来のマネジメントを生んでゆく / 豊かになる方法 | トップページ | 中国の組み換えタンパクワクチン »

2021年9月14日 (火)

意味がわからない人たちに任せてきた日本が敗戦した日

David_killing_goliath_20210603094701

「なぜ陽性者が減っているのか意味がわからない」と話されています。

「減り方自体が逆に不自然なぐらい急激に減っていると思います。実際に本当に何か見渡してみて感染者が減るような要因が今あるかというと、そんなに極端に人流が減ったわけではない。いろんな何か新たな抑制策が加わったわけではないのに、このように順調に減っていること自体が実態を反映しているのかなぁ」 

コロナウイルス遺伝子の変異多型とサイトカイン毒性の関連論文ぐらい検索してるでしょうに。

つまり自分たちが誘導してきた自粛が意味を持たなかったことを言っているわけです。減る理由はウイルスの性質と交差抗体や免疫獲得しかないでしょう。そのことを指摘してきた大勢の他の先生の方が優秀です。能力を疑います。最初からだけど。

人流対策をやらなくてもウイルスのファクトから陽性者減らせることを懸命な国民が証明してしまったのです。コンサートやっても感染死亡者がでない。プロ野球も普通にやっている。

国民は日々の生活や受験、治療ネグレクトによる在宅死の危険がかかっているのに「実態を反映しているのかなぁ」です。専門家の思考の弛緩がわかります。

何だったの去年から。全部人災。

 

☆☆☆

国民が緊急事態宣言を無視して出歩いているのに陽性者が減っている意味がわからないというのです。

こういった「専門家」に、社会、伝統、教育、なにもかもが破壊されてきたわけです。そして、自分の医療機関に考えられないほどの補助金とポジション。

時間が全てを明らかにしました。やりっぱなしのまま破壊された廃墟と借金だけが国民に残されます。

幽霊病床うやむやになったでしょう?

 

☆☆☆

「なぜ敗戦したかわからない」戦前の軍隊のお偉方と同じでしょう? 残されたのは廃墟と失われた人命と国民の富でした。

「なんでこんなに街が破壊されちゃったのかなぁ?水牛がいるのになんでジャングルで餓死しているのかなぁ?国民全体を自由をしばって相互監視させて戦いに婦人から子供たちまで参加させているのに勝てないのかなぁ?
10代の子供たちまで動員して飛行機で体当たりさせて殺して、いっぱい敵をやっつけているのに戦艦が撃沈されてるって、実態を反映しているのかなぁ?
あちこちで負けがこんで日本が敗戦しそうっていうのは、実態を反映しているのかなぁ?」と一緒です。

「やっぱりワクチンって副作用あるのかなぁ?実態を反映していないんじゃないかなぁ?」

日々国民はワクチン接種による発熱悪寒、頭痛になやまされています。

どっから来たかわからない専門家と言われた人々の思考の弛緩。それによる国民生活の破壊と損害。マネジメント失敗の人災だったのです。ショックドクトリンで得た富をもらって、彼らはいなくなります。きっと。幽霊病床うやむやになったでしょう?

まじめにマスクして、3密を避けて、あっちこっちにアルコールまいて、ディスタンスとかいわれて1mおきに足元の線の通りにレジに並んだ国民が本当に可哀想なまでにいとおしい。

空気感染だったのに。足元を走り回る子どもたちが空気をかき混ぜていました。あるいは、ビニールシートの上方を換気の名のもとにお店の奥から上手にウイルスをシャッフルしていた。

戦時中はコンサートも派手な服も結婚式も旅行も禁止なので、人々の喜びもゼロコロナ。

 

☆☆☆

大切なことなので昨日のリピート。

イギリスはワクチンパスポートも見送り、PCR検査もやめました。(ロイター)

ワクチン接種が完了した人への接種証明書(ワクチンパスポート)の導入中止を明らかにする

これ以上のロックダウンは想定していない

旅行者に対するPCR検査を出来るだけ早期に廃止したい

このウイルスのファクトはこういうことです。

大英帝国に続くべきです。日本の専門家会議は、陽性者が増えるのを望んでいるらしい点が言葉のはしはしに感じられます。

 

☆☆☆

若者は、コロナワクチンで入院する率の方がコロナ実感染の率より高いというカルフォルニア大学教授の結果がでました。

 Boys more at risk from Pfizer jab side-effect than Covid, suggests study

機械翻訳はこちら。

学校の先生に、お伝えしておいたとおりでしょう? 皆さんは保健所の職員ではなく、教育者なのです。
「最後の授業」を教えるアメル先生たちなのです。誇りと意義を思い出してください。

子供たちを守れるのは、教職員の皆さんしかいない。声に出せなくても、自分が接種していても正気にもどりましょう。

今回のことは、命、全体主義、同調圧力、私権制限のための法律改定、憲法を都合よく変える改憲を簡単にする方便への利用、などなどを考える良い教材です。教育の教材としては有り余るものがあるでしょう?

 

☆☆☆

ロックダウンは改憲の入り口です。最初は無料のお試しセットみたいなもんです。本丸が次にきます。戦争に巻き込まれてはいけない。国同士が戦う時代は終わりました。米国がタリバン(中国とロシア)に引き継ぐ時代ですよ。

上はもう一体化していて、その上で降りてくるところで多極化している。粘菌のコロニーみたいなもんです。コロニー同士が潰し合って、その死骸で胴元が大きくなるのは避けなくてはいけない。

ロックダウンしたり、ウイルスを封じ込めて攻撃しようなんて思わないでじっとしていればいいんです。「きゃーこわい」って怖いフリして。じゃないと「怖くないのか?」って憲兵がきちゃう。

私権制限が必要なロックダウンが改憲の入り口なので、それを口にする人が誰か確認しておくと良いでしょう。都道府県知事さんも。おもしろいですよ。

宮城県知事さんは嫌味じゃなくて、本当にいいです。ご自分で考えてロックダウンや緊急事態宣言必要ないっていったり、状況見て有観客のオリンピックゲームされました。寂しいゲームにさせられちゃったけど、僕は応援してました。自分の選挙より人々を救い豊かにしようという志が正しかったから。

一部の人が自分のために、国や国民の富を破壊することがあるのです。みんなが間違っていると思っているのに、目の前で繰り広げられる惨劇を誰も止められないことがあるのです。

自分たちの思考する力を偽りの感染症の過剰恐怖で奪われてしまったからです。そして、覚醒が遅かった。

何らかの恐怖がやってくると同じことが繰り返されます。地震もミサイルもみんな一緒です。学ばないといけない。

大切なことは「過去起きたファクトや実態を正しく認識することが未来を知る術になる」ということです。

« すでに起こったファクトが未来のマネジメントを生んでゆく / 豊かになる方法 | トップページ | 中国の組み換えタンパクワクチン »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事