2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« 電池が一体化したものが生まれる / 革新的イノベーションを続ける日本は豊かになる / 分裂と対立と混乱はムダ | トップページ | UBUNTUを使って仕事する / ニュートラルなLINUXマシン »

2021年11月23日 (火)

elementary OSとカレーの平和な日々 / UBUNTUの進化 / 美しさと完璧さ

Elementary

古いマシンをとりだしてきて、elementary OS 6 ODIN;エレメンタリーOSをインストールしました。

数年前にデザインは美しいけれど、日本語化が大変で使いにくかったので離れていました。

ちょうど数日前からUBUNTUを使わなくなった古い別なCORE2DUOのマシンに入れていました。elementary ODINは、かわいいDELLのマシンに。初期のころのcorei7 SSD64G 4Gです。WIN11なんて絶対に入らない見捨てられマシンです。

でも、どちらのマシンもDELLのリアルショップのお兄さんと予算の中で相談したり、仕事の荒波を一緒に超えてきた道具なので愛着があります。何回もばらして組み立てました。必要なネジだけ締めています。

日本はコロナが落ち着いているので海外の話は他のこと。学んだように地政学的に文化も流行も違うので距離おくのが吉。

 

☆☆☆

今日は早朝、玉ねぎを炒め、骨付き鶏肉を圧力鍋で煮てカレーを作りました。

最後にお気に入りのガラムマサラとクミンシードを足して出来上がり。あまり野菜を使った無水カレーです。

ターメリックなどのスパイスと水溶性食物繊維の補給になります。

スパイスとコーヒーの匂いの中で作業をすすめます。少し寒い早朝にこういった中でPC作業するのは良いものです。

途中、ピーピーとブープ音がなり始めたので調べるとCMOS電池切れ。机の中を探して入れ替えようとしたけどコネクタの形が違うので、被覆線をはいで電池だけ交換しました。はんだ付けしないで動いているので固定して終わりにしました。

古いマシンにはCMOS電池切れ時々あります。ノートはデスクトップみたいに電池交換だけすれば良いようにはできていないので少し厄介です。

 

☆☆☆

数年ぶりにLINUXのディストリビュートは進化がスゴイ。

何もしなくてもプリンターが勝手にインストールされたりします。

ODINは知識の神。魔術を使う。

日本語もMOZCが進化していて、何も問題ありません。以前の苦労はなんだったんだろう。あんまり良くわからないsudoと格闘しなくてよくなりました。

無線LANが働かなくて少しつまづいたけど、調べてみたらドライバーとかじゃなくてハードウエア的にNONになっているのを発見。キーボード上でONにしたらとたんに動き始めました。古い無線LANカード入れ替えたり格闘していたのに分かってしまえば簡単なことでした。

昔のマシンにはレトロな丸みや厚み、アルミとプラスチックの合わせ技なんかがあって僕は好きで捨てきれない。inspironのスピーカーなんてなんと、Skullcandyです。音がスピーカーでもヘッドホンでもすごくいい。

 

☆☆☆

少し使ってみたけれど、とっても速い。

昔のUBUNTUは遅くてなにかゴテゴテしていた感じでしたがインターフェースも中も少しスマートになったかも。

2Gや4G積んでSSDなら、問題ないです。ごちゃごちゃしなくて良いです。僕はテキストライターの仕事が多いからelementaryはとってもいい。

アプリはSYNAPTICを入れないとまだダメだけど。DISK管理やマウントの呪文を書くのが僕は苦手だから早速gnome-disksを入れました。UBUNTUには最初からDISKSという名前で入っています。

何回もコマンドやRUBYとか言語覚えられたらどんなにか良いかと思ったけど僕にはできない。患者さんにITの人も多くいらっしゃいます。だから僕はひそかにみんなを尊敬しています。

 

☆☆☆

公開されている壁紙も美しい。

Odinwallpaper

最小化ボタンがないことについての考察はためになりました。

こうやって生産性を高めるために独自の発想でOSが作られるのは嬉しいことです。

ある程度の作業なら、ブラウザとクラウドがあれば作業ができるようにになってきています。

世の中の進化はうれしいものです。PCエクスチェンジなんていうソフトでMACとWINを行ったり来たりしていたのが懐かしい。

 

☆☆☆

このエントリもUBUNTUとelementaryで書きました。UBUNTUのほうがキーボード・ショートカットの動作がMACやWINに似せてあって不自由しません。

elementary OSの日本語半角切り替えが速くできるようなショートカットを見つければ解決かも。

UBUNTUとelementaryの速度は変わらない気がします。両者ともターミナルをほとんど使わないでいい。

設計と使った感じが違う。UBUNTUはみんなそろっているから楽ではあるけれど、elementaryは左上にアプリランチャーがあったりして使い勝手良くできています。

美しさはelementary。どちらもとても良いです。無料で準備してもらえる世の中になりました。ウエブで大抵のものはそろうようになりました。

 

☆☆☆

個人の生産性に依存する世の中になった、ということだと思います。

« 電池が一体化したものが生まれる / 革新的イノベーションを続ける日本は豊かになる / 分裂と対立と混乱はムダ | トップページ | UBUNTUを使って仕事する / ニュートラルなLINUXマシン »