2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト

« 妊娠出産後の復活 / コロナでも変わりなく / 子供が持つ希望 | トップページ | クリスマスを迎える街 / アイアンマンがやってきた »

2021年11月12日 (金)

日本はイタリアと同じ波になる / 相似系

Dnn

日本は海に囲まれています。少数の持ち込みにより、それがクラスターして国内で特有の遺伝子配列の流行になりました。

専門家は、創始者と呼ばれる持ち込みやその周辺の封じ込めに躍起になっていたわけです。空港検疫などで明らかになっています。

このウイルスには、最初から無理な相談でした。コロナウイルスの中でも淘汰がおきて、僅かな株が生き残り全国に蔓延(まんえん)しました。

ときおり報道される「陽性者の経路不明がやっかい」というのはここからきています。創始者を特定し封じ込めないと、もう彼らはお手上げだと思っているわけです。

実際は、ずっと前から全国にパラパラと陽性者が「温存」されている状況ですが被害はほとんどないと考えた方が良いと思っています。

 

☆☆☆

イタリアも2020年初頭にクルーズ船の頃からの流行があった国です。

1日あたりの陽性者数。(woldOmeter)

アルファ株と言われるものの大流行です。

いま欧州で流行しているものです。

Dnd
1日あたりの死亡者です。

流行の波が小さい最初に、被害が大きいことがわかります。

彼らも日本のように何回か流行波を経験しました。

最後は、陽性者数も死亡者数も増えなくなりました。

Dnc
Dnd_20211112035901

ドイツも同じ傾向です。woldOmeter

「波を超えていくと被害が減る」世界的共通の傾向です。

 

☆☆☆

日本も同じ傾向になることでしょう。

日本が違っていたのは、形は一緒でも陽性者数も死亡者数も少ないスケール相似系だったことです。

さらに1波の被害が欧州に比べてずっと小さかった。コラムにお書きした通りです。

川を登れ、海を渡れ。

日本も、世界と同じ傾向になって過ごしていくことでしょう。世界と違うのは、2019年からの最初の被害を気付くこともなくやり過ごしてしまったことです。

本当は、スケールの大きさに応じた対応で良かったのに・・・と思っています。

« 妊娠出産後の復活 / コロナでも変わりなく / 子供が持つ希望 | トップページ | クリスマスを迎える街 / アイアンマンがやってきた »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事