2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« よたよた一歩ずつ / 感謝しながら丁寧に | トップページ | 太古の昔からのコロナと私たち / 日本の地の利 / ラジオでおはなし »

2021年11月 9日 (火)

新しいToshiba東芝の復活を願います

Photo_20211109070601

東芝が三つにわかれるとのことです。(リンクは読売新聞)

原子力発電インフラ、デバイス、半導体にわかれるとのこと。

東芝の半導体は素晴らしいから大賛成です。HDDの信頼も日立なみに大きい。

大きくつまづいた原子力事業。それも視点を帰ると金の卵になるかもしれません。

それは「超小型原子炉」です。(リンクは産経)

 

☆☆☆

私たちは原子力発電所事故の苦い思い出があります。

大昔の技術では、あのような原子力発電所しか作れませんでした。

今はもっと進んでいて、地中に埋めてしまう形の電源を失っても自然冷却するものが開発されました

カーボンニュートラルを目指すなら原子力発電を避けて通ることは難しいです。

自然エネルギーも利用すべきですが、今後爆発的に増大する電力量を賄うのは難しい。森林をソーラーにするのも良くない。国土が小さく地熱の場所もすくなく、海洋国家の日本の近海は漁業とぶつかる。

先日、海底火山に衝突したアメリカの大きな潜水艦も原子炉を積んでいます。世界中の海の中を各国の原子炉が「安全に」移動しているのです。何かちょっと気持ち悪い感じがするけれど、事実です。

 

☆☆☆

海外では原子力発電の開発が続いています。

これからデジタル化による産業革命を乗り切るためには、電力が命綱です。

こう言った災害を起こさない超小型原子力発電所は最適だと思っています。

日立だけでなく、東芝も開発して復活していってほしいと願っています。

« よたよた一歩ずつ / 感謝しながら丁寧に | トップページ | 太古の昔からのコロナと私たち / 日本の地の利 / ラジオでおはなし »

17.雑言」カテゴリの記事