2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« One Flew Over the Cuckoo's Nest /  カッコーの巣の上で  / 人間がロボットにならないようにする元気な未来をめざして | トップページ | ワクチン検査パッケージ停止 政府 / カオナシと千尋 »

2022年1月17日 (月)

わたしたち市民、国民のザワザワ / 一つ覚えはもうアピールしない

Manbo_2_20220107130701

マンボウ登場が検討されています。でも、市民代表の患者さんたちと話すと以前とは違っています。

「重症者数や死亡者数ですよね」と。「陽性者数と比率できましたね」と。正解が素晴らしい。

「無症状の陽性の人を入院させて退院させなかったら、病床ひっ迫すぐですよね」

「無症状90%超えの感染症で濃厚接触者を取り除いていったら、社会混乱しかおきないですよね。そもそも誰が濃厚接触者か、透明人間に会った人をさがせるんですか?」とも。僕が思いつかない面白い例えです。

洞察がスルドイ。

 

☆☆☆

「ワクチンで防御すべきウイルスなの?」、「このウイルスに効果あるものなの?」と質問がスルドイ。

遺伝子ワクチンも正確に理解してくださっています。

Opensuse_logosvg

「自粛とワクチン」を推進・強要し続けた人々を国民がどう見ていくのかは面白い変化です。

 

☆☆☆

さらに医療者も変化しています。

ある先生が教えてくださいました。複数の医師たち「症状がなかったらわざわざ調べるようなことはしていない」と。

そりゃそうです。カラダの不調が来なければ病気じゃないんだもの。

症状ない人が症状ない人を作っていったとして、その境界線って人間は知ることができるの?

 

☆☆☆

人々はしぶとく生き残るために、学び、変化し、適応していっています。

このザワザワの多様性がいい。とてもいいことです。それが正しい道へ導きます。

すばらしい。患者さんがたの質問や医療者の行動変容から観測される事実です。

地殻の大変動が起きています。もうPCR+自粛+ワクチン・パッケージは市民にも医療者にもアピールしなくなりつつあります。

人気取りの材料にならなくなってきているどころか、ポピュリズム上では逆効果になりそうです。

地動説がやっと認められるようになってきました。ここまで、やっときました。でも、まだ時間かかりそうです。

こんなウイルスなのに。

« One Flew Over the Cuckoo's Nest /  カッコーの巣の上で  / 人間がロボットにならないようにする元気な未来をめざして | トップページ | ワクチン検査パッケージ停止 政府 / カオナシと千尋 »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事