2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« いつかきた道・1年前に歩いた道 / 繰り返しに耐えられるように書かれていたコラム | トップページ | コバンザメはサメじゃない / 「付随的なコロナ」は「コロナ感染症」じゃない »

2022年1月 6日 (木)

マンボウの仲間たち  / 何マンボウ?

Manbo_2

(カワイイイラストはぴよたそさん) 昨日の追伸の加筆です

弱毒ウイルスでもマンボウだそうです。重症者も何も関係ない。

みなさん、申し上げた通りデジャヴが始まりました。けれどマンボウ、今のところ東京は回避されています。

一過性の外国軍のいる占有地周辺マンボウっていうのは良い選択だとおもいます。国民感情も国際情勢もよく鑑みています。
すばらしい。フフフ上手。

今までのマンボウと、マンボウが違う。マンボウとクサビフグぐらいちがう。マンボウの仲間たちです。

マンボウが違う。

 

☆☆☆

陽性者が増えればどんな微弱でも、コロナウイルスならマンボウや緊急事態宣言。何もしないと国民から無能っていわれちゃう。カワイソウ。

国民は多様です。ファクトをわかっている人ばかりではありません。ポンコツ専門家が植え付けてしまったヒステリーが残っている人もいます。かれらも納得させないといけません。

ワクチン接種率30%の南アフリカは終わって次に行っています。やっぱりこのエントリを使う日がきました。でも、中の人はよくわかっていると思う。進化しています。

いつかきた道。同じことの繰り返し。ゴールなし。以前なら日本沈没でした。

陽性者増えるのもう少し見る余裕がでてきましたんじゃないでしょうか。もう、ノドで増えるだけです。声がれと腰痛なら、カラオケで座り続けて歌い続けても同じ症状。

「付随的なコロナ」と呼ばれる、コロナの症状のないけど調べれば「陽性」の人が世界的に増えています。それは、以前より常在化が進んでいることを示しています。もう調べる必要も無くなってきています。


☆☆☆

こんなウイルス何やっても減らないし、びびっていたら所得倍増なんてできないです。中道の国民は良くみていますし理解が良い人々です。為政者の人々は、それを信じてほしい。勝てば先進国唯一のミラクル国になれるんです。前回中折れした胆力を見せてほしい。

前回の対応で経済が死んで女性の自殺や貧困で人々が死んでいったでしょう?
子供の自殺も増えました。そんなに女性と子供をいじめたいですか?

でも、そんな事も、これまで専門家がやってしまった事もわかっている気もします。

上手くバランス取らないといけない。

オミクロン・コロナでやるなら、もっと強毒の肺炎になるRSウイルスや脱水で死ぬノロウイルスでもロックダウンするべきです。

国民は学びました。そのことを知っています。前回と今回は違います。

でもわかっている人は増えている最中です。まだ完全じゃない。オミクロンの状況を見てさらに学習がすすんでいるところ。だからきっと何もしないわけにはいかない。

 

☆☆☆

これまでも、心ある先生たちが勇気をだしてたくさん発信してくださっていました(リンクはプレジデントオンライン)。こんな早くまた使うことになるとは・・・

がん患者さんの手術や脳卒中、心筋梗塞のひと、ケガの救急の患者さんたちがまた困ります。認知症の介護だって大混乱です。

以前、東大病院長先生も政府に申し入れていました。

今、治療を待っている人もいるでしょう?手術予定も狂っちゃうんですよ、臨床の先生たち。弱毒ウイルスでまた大変なことになります。いいんですか? 弱毒ウイルスで、命に関わる外来の抗がん剤点滴が渋滞したり、ストップしたら困るでしょう?

そこのけそこのけコロナが通ります。ウンザリでしょう?前と一緒なら、ほんと自滅。

 

☆☆☆

マンボウの仲間たち。

違うマンボウだと信じたいです。前まではマンボウ。今はクサビフグだとおもう。

どんなマンボウが出てくるか、見ていくことにしましょう。

何マンボウ?この議論の余地があるユルユルが日本の力です。

冴えないのに越権して経済と文化を毀損した専門家の対応を、中央によくわかっている人がきっといます。心強い。

そう思って診療を続けられます。雪なのにみなさん受診してくださってありがとう。

« いつかきた道・1年前に歩いた道 / 繰り返しに耐えられるように書かれていたコラム | トップページ | コバンザメはサメじゃない / 「付随的なコロナ」は「コロナ感染症」じゃない »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事