2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« 遺伝子治療型注射の治験参加率の世代間格差が日本の未来を救う / 聡明な親御さんが守る日本の子どもたち。 | トップページ | 全体主義と召集令状/コロナで全体主義化したことを忘れずに/戦う意思なく避難しても兵士に »

2022年3月19日 (土)

「コロナが、ほどけて解けて消えていく」子供が増える日本に。悠久の歴史が教える人口が国力という事実。

Whynationfails

Twitterに連投してしまったので文章におこしておきます。

お題が卒業論文もあるみたいで微笑ましいです。今日の内容は、僕が考えるみんなの「コロナからの卒業論文」。

心ある人々が、たくさんの人々がお手伝いしようとしています。それも一つのムーブメントでなく、いろいろな分散したいろいろな場所から。
そして復興していくのは、日本全国の人々ひとりひとりになることでしょう。無事、その局面にうつりました。ずっとずっと待っていました。よかったです。

凛々しい娘さんの動画、自分なりのカゼひいた時のPCRしないでなおすやりかた、マスクのない元気な子供たちの姿、遺伝子注射の治験をさけた親御さんの安堵のことば、蔓延重点措置の無意味さ・・・
人々がみんな気がついて、コロナ人災を乗り越えていっています。素晴らしい局面。

僕は日本を捨てたもんじゃないと思っています。誇りに思います。
そのカシコサの再生産に教育が必要です。コロナの過剰対応は教育をこわします。弱毒コロナ陽性いいじゃないですか。未来への免疫。
若者も豊かになって、子供を持てるようにしないといけません。若者と子供に国家資金を投下すべきです。

 

次に行うことはそれです。落ち込んだ出生数を増やす努力をすべきです。終末期のコロナ対応はおしまい。
WHY NATIONS FAIL 邦題「国家はなぜ衰退するのか」が正解。
国民が増える国家が繁栄します。若者が多い国にしていかないといけません。技術力でも軍事力でもなく、シンプルにその国の人口です。

もし、この世に「若者応援党」があったら、間違いなく僕は1票を投じます。

人口を増やすためには?
子供が産める若者が多いこと、食事に困らない貧困でないこと、衛生環境が良いこと、国民が希望をもっていること。

反対のことは? 専門家が繰り広げてきたこと、続けていること。
そして、2ー3ヶ月後にまた再開、再始動しそうなこと。
そんな気がします。

私たちは学んだから、粘り強いレジリエンスを得たから
智慧を得てカシコくなったから
もう大丈夫。かわせることでしょう。

未来は彼ら若者たちに託されています。
彼らが苦労なく学べ、お金に苦労しないで、配偶者に出あえて、子育てに不安を持たない国。それが繁栄する未来の日本の姿。
明るい未来は、自分たちでビジョンをまず持ち、それを形にして作っていくところから。
海底にひきずりこむ専門家から早く離脱しないと。

たくさんの方面のたくさんの人々が若者をまもろうとしています。今日も相談のお便りをもらいました。
僕もやれる範囲で手伝います。
あきらめないこと。本当は日本の未来は明るいです。
ネガティブな笛を吹く人はいつもいます。自滅させられないように。
大急ぎで自国でワクチンや治療薬を作れる国です。使えないだけ。自信もちましょう。

敵は過去や誰かではなく、自滅しそうになる自分たち。
明るいビジョンをもって前にすすみましょう。
ビジョンがつくれさえすれば、ものにしていくだけです。
人々一人ひとりに、この平和な出口戦略のビジョンづくりを手伝えれば、とおもってきました。
誰かが作ったコロナ人災で言い争うなんて悲しすぎるし、無駄です。

自分のやり方、自分ができるささやかなことでいいです。
全体主義を避けて自由を確保するように注意して、自分で考えて自分で自立してやっていけばいいです。
それだけで爽やかな朝がやってきます。

コロナ人災は終わせるのではなく、ほどけて解けて無くなっていくのが出口戦略でした。

反ワク、反コロナの運動で対立せず、人々が自分の手で終わらせていく日本の姿は美しい正解です。いつの間にか専門家はいなくなり、いつのまにか自粛はなくなり、いつのまにかPCRをやらなくなる。
もうすぐ。

2年前に書きました。
「自粛を解くと感染者が増えることをさまざまなクラスターで示したり、抗体保有率が低いと大流行の恐怖を引っ張ったりする。それは、国民の富を減らし恣意的に国家資金を再分配する危険をはらんでいるし多額の補助金を正当化する」
現役医師の提言「日本のコロナウイルスは終わった。さあ旅にでよう」 「自粛警察」を育てたメディアの罪 (6ページ目)の通りに推移しました。その後も。

それを人々が、自分の手で終わらせています。若者子供の接種率が低迷していることが証明。1年前の記事です。10万ビュー(100万?忘れてしまいました)以上記録しました。みなさんが感じられていたことは正しかったのです。


『現役医師「緩い日本のコロナ対策はむしろ多くの命を救った」 日本のやり方こそが最適解』
日本のコロナ対策は失敗だったのか。医師の大和田潔氏は「海外では厳しい規制をかけても大きな被害が出た。日本の対応はメディアに否定的に報道されているが、緩やかな規制と人々の協力で被害は小さく、最適解だったといえる」という――。

「東京を封鎖しろ」なぜ日本人はこれほどコロナを恐れてしまうのか 医師「コロナより大事なことがある」
は、今でも通じるかもしれません。

辛抱強く、一つ一つ大切なものをおいてきてよかった。
人々が断捨離するように離脱していくのがいちばん良い終わり方です。
マイナーな意見でしたのに一つ一つ注意深く編集してくださった編集者さん、編集長さんありがとうございます。無事、ひとびとの未来につながりました。

主義主張なんか必要ありません。私たちはやれます。
コロナを忘れて、丁寧に暮らしていくだけですから。

連投後にお母様が、こんなコメントを寄せてくださいました。

「大和田先生のコメントに勇気をいただきました😊
子どもへの接種が始まってしまって、諦めの気持ちになりかかっていましたが、たくさんのお医者さんがあきらめずに今からでもできることを精一杯やってくださっています。
自分には何ができるのか?考えて行動します。
日本の未来は明るい✨」

✨✨✨✨そのとおりです。日本の未来は明るい✨✨✨✨

子供と元気に遊べばいいです。どこにもコロナいません。
水遊びする時にはマスク窒息するからだめです。こどもにマスクはいらない。熱中症になっちゃうし。

今イチャイチャしている人々は、恋人の顔をさりげなく見つめればいい。

お孫さんが遊びにきているおじいちゃん、おばあちゃんはご馳走をふるまえばいい。

一人で過ごしている人は、でかければいい。
散歩でもいいし、洗濯してもいいし、美術館行ってもいいし、映画でもいい。なんでもいい。自分のしたいことをすればいい。

そうやって、コロナはおわっていきます。

陽性者が一定数いるのは、市場調査みたいなもの。

増えたり減ったりするだけです。

私たちを海底に引きずり込む人たちの手を振り払って浮上しましょう。

日本を海底に引き摺り込む人たちの手を振り払って子供を増やしましょう。

それだけで豊かになれます。

みなさま卒業、おめでとうございます。

« 遺伝子治療型注射の治験参加率の世代間格差が日本の未来を救う / 聡明な親御さんが守る日本の子どもたち。 | トップページ | 全体主義と召集令状/コロナで全体主義化したことを忘れずに/戦う意思なく避難しても兵士に »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事