2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« 思い出を振り返りつつRUN &SWIM / 有用なまとめ情報のお知らせ | トップページ | 良識ある医師と経済活動による被害 / 新しい道を踏み出し挽回していきましょう »

2022年7月29日 (金)

もともとはさざなみの国 / なぜ世界で一番陽性者が多くなってしまったのか?

Photo_20220729044901

定期的にTWEETなどをきちんとブログにまとめることにしました。

いま、世界最多の陽性数になってしまった日本。日経新聞も世界最多になったことを報じました。

地政学的にもともとは、コロナに強い国でした。

ADEという同じ抗原に対するワクチンを繰り返した影響、遺伝子型RNAワクチンだった影響の2つが考えられています。理科大の先生や、その他の大勢の先生方がすでに2年前から危惧されていたことです。

Photo_20220729050101

本にもお書きしていました。 当時は全員に2回目接種を強力にすすめ、3回目がアナウンスされて国民がうんざりしていたころでした。

 

☆☆☆

僕は普段ノーマスクです。

秋葉原通勤風景もツイートしてます。

実はマスク内側はすぐに細菌やウイルスの温床になってしまうことが知られています。それが乾燥して逆効果。
また、何回も言われていますが予防効果がありません。
さらに呼吸をさまたげます。咳き込んでいる人がやる時以外に、いいことが一つもないのです。

 

日本では、遺伝子RNAワクチンを開始してからなくなる人が激増したことが報告されています。

英国での子供への被害も深刻です。

 

☆☆☆

一方でワクチンを捨てたり、違うタイプのにして既に終了した国々もあります。

アフリカの流行はこちら。(ロイター集計)

冷蔵庫がなかったり、西洋薬が高価だったり、効果を信じていなかったりいろんな理由で遺伝子ワクチンを破棄していました。

灼熱の大地にトラックで捨ててしまう行為が、人々を守りました。

 

一方で、ワクチンをやめたり、別なタイプのワクチンだった国は既に終了しています。

キューバは自国の別のタイプのワクチンで乗り越えて過去のものになりました。キューバが大丈夫だったっていう面白い記事を置いておきます。ポンコツ(マネジメントを失敗し続ける人々と物品)って何かを考える良い機会だとおもいます。
#虚構 #ポンコツ
indeep.jp/cuba-ends-the-

 

私が「ポンコツ」と呼んだのはそのことです。

 

☆☆☆
クリニック通院の皆さんは、なぜかお家に葛根湯とカロナール(アセトアミノフェン)がすでにある方も多いでしょう。

肩こりにも効く葛根湯、頭痛に効くカロナール、じつは現在のオミクロンの治療にも流用できます。昨年末から同じウイルスですので、こうなることを見越して処方をして差し上げていました。日本の薬流通は脆弱になってしまっているので、普段からの処方を考えておくことが人々のためになります。

デルタの時に、かるい喘息でも吸入薬をきちんと処方しておいたことで患者さんたちの手元になぜか必要な薬が家にあって、苦しくならなかったことと一緒です。

品切れになったり、困らないように先回りして皆さんを守り続けてきました。



何万人陽性でも落ち着いて対応つづけてます。
陽性だったり発熱していて電話で対応した患者さん方の落ち着いていること。頼もしいです。
昨年末から同じものですし注射の影響を予測して、普段から皆さんに陽性になったときの心得と対応をお伝えしてきてよかったです。
#虚構 #陽性者数 #東京4万人

Photo_20220729052401

今日はたくさん「いろいろな地雷をかわせて助かりました」とお礼を言われる日。 とつぶやいたりもしました。
素晴らしいどら焼きもいただきました。
患者さんのことを思って普通にお話しして診療しただけです。当たり前の仕事をしただけなので恐縮しちゃいます。でも、どら焼きはおいしくいただきます。ありがとうございます。ほんと素晴らしい贈り物。

 

☆☆☆

僕はこう思ってます。

自粛、検査、注射、マスク、アクリル板、夜8時、4人、デパ地下を頑張ると世界1番を達成できるということを世界に証明しました。そして、それを盲目的につづけて自滅するのも観察されてる。海外の方が日本人を見つけるとマスクして対応するの悲しくないですか。
#マスクを外そう  #虚構 #世界最多

元々持っていたアドバンテージを消し去り、無視して、日本を貧しく誘導したセンモンカ。

日本は日本のコロナをかんがえればいい、とプレジデントオンラインで2年前に申し上げていた通りです。

現役医師の提言「日本は日本のコロナを考えよう。過度の自粛は必要ない」 日本は「地の利」でやり過ごしている

 

☆☆☆

どうみてもマネジメント失敗です。ここから先は、行動制限することなく、発熱しても普通の風邪とわけることなく家で養生する。

治ったら社会活動を再開する。

無症状の陽性者なんかさがさない。

そういうことだと思います。

2年前から同じことを伝えてきました。 もうすぐ3年になります。

言われたとおりのことをやって、体を壊し、どんどん貧しくなっています。

誘導してきた人々や物品がポンコツだったことに気がついていただけたと思います。

自分達の足で豊かになるために踏み出していきましょう。

« 思い出を振り返りつつRUN &SWIM / 有用なまとめ情報のお知らせ | トップページ | 良識ある医師と経済活動による被害 / 新しい道を踏み出し挽回していきましょう »

02.お役立ちの話題」カテゴリの記事