2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月27日 (土)

意味を失っても盲従しつづける人々が示すもの

A

僕なんかは随分前からノーマスクだし、一回も注射しないでカゼひかないです。

日本人の季節性コロナウイルスの子供の頃からの感染と、BCG注射後に結核菌にさらされてきたことが、細胞性免疫をキープしてくれていることが報告されました。

空気感染はマスクじゃ防げないし、やったところで隙間だらけなのでその人から広がる。逆にマスク内部に飛沫をキープして乾燥させて撒いているとまで言われています。

注射もやった国で感染爆発。イギリスなんかブースターやめちゃいました。そして死亡者ゼロ。

パピプペポさんが報告してます。

そうやって色々なことがわかってきたわけです。

 

☆☆☆
日本は分かっていても、盲従しつづけます。どこからかやってきた意味のないことを語る権威者にいつまでもすがる気持ち悪い世の中です。

中川さんが面白い記事を書いています。

「真夏に湧いた「医療従事者ヘイト」現象…これは“医療者の驕り”が招いた当然の帰結と言えないか」
全くその通りです。中に出てくる7か条は、ほんと意味のないものでした。

 

☆☆☆

無症状者の外出容認しておきながら、全数把握できるわけありません。
中央は明確に舵を切っています。
誘導者の呪いを振り切って日本を回復させられるかどうか・・・

ここまでくるとお笑い。
無症状の人は買い物に行っていいみたいです。
っていうか、病気じゃない人が出かけらんないのが変だっただけじゃない。誘導者が作っていた変な習慣の一つが終わります。

コンサートの他人の声出しが怖いなら、家でヘッドホンで聴いてろって海外の人は考えてます。スポーツのスタジオも同じです。家でテレビ観てればいい。それが健康的な考え方。

☆☆☆
それでも世の中変化しています。

虚構の中では権威者とあがめられていた人々は数年間ずっと同じことを語っています。
目的にそった彼らの行動には昔も今も矛盾はありません。
それが滑稽(こっけい)に見えてきているのは、感染を経験した人々の中で虚構の世界が崩れ権威でも信じるべきものでもなくなったからです。


祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を表す。どこからか現れし怪しき権威者をあがめ誘導され多大な人災で人々は貧くなりぬ。今も魔刷苦マスクを自ら着用し不透明に金品自由を奪われぬ。用なき気色悪き儀式に参加しない者の相互監視を続け自滅せり。#諸行無常
☆☆☆


マスクの大喜利を考えました。
魔刷苦(ますく):顔だけでなく心や精神に魔を刷り込み苦痛を与え自発性と自由を奪う口に当てる道具。社会にも魔を刷り込む。人間用の轡(くつわ)。注射と組み合わせて儀式賛同を表明する目的で用いられた。世界的に停止された後も着用自滅する者が後を絶たない。
#マスク
自分で考えて離脱していくことが大切です。
感染症2年、人生100年、自分の体のことは自分で考えよう です。
黙って従っていたら、みんな間違いだったことが明確にわかったはずです。
いちばん言うことを聞いた日本人の陽性者が世界最多になったことで、大失敗だったことを証明したじゃないですか。
敵機が上空に現れても「戦いに勝っている」と言われ続けているだけです。
目を覚ましましょう。

2022年8月15日 (月)

私たちは再び焼け野原から立ち上がる / 健康長寿をとりもどそう

David_killing_goliath_20220815120801

巨人ゴリアテを倒すダビデの絵です。

日本に数年間、巨大な誘導者たちの見えないゴリアテが君臨し焼け野原になりました。

抗体化あげたって、みんな感染。世界一の陽性者数になってます。型落ちワクチンによる抗体は逆効果しかありません。

新型コロナウイルスに殺傷効果を持つ記憶免疫キラーT細胞
-体内に存在するもう一つの防御部隊-

私は、2020年に
交差免疫 / 新しい日がやってきた / パラダイムシフト
とお伝えしていました。ワクチンでこの日本人の財産、全部無くなっちゃったけど。

日本の財産、健康、教育、文化、子供達の数、健康的な若者の結婚と家族の増加、インフラの正常性が失われることも敗戦です。
終戦のあとも断続的に空爆が続きました。
この数年間を思い出しましょう。失われた免疫や経済損失を嘆いてもしかたありません。またこの廃墟から歩き始めましょう。

感染症の少ない良い国だったのに、こんなになってしまって、さらにまたやってくる。
悔しくないですか?
自分の体は自分のものです。自分で考えましょう。

免疫も社会もメタメタで巨額の失費をしましたが、空襲で焼け野原になってはいません。
いろいろな水道、ガス、電気のインフラもきちんとしています。
マインドを変えて、子供たちが増える豊かな国を目指せばいいだけです。
この数年間がいい勉強になって次に進めそうです。患者さんたちと話していて、そう思います。

デンマークの保険当局の責任者Søren Brostrømは、子供達にワクチンを接種したことが誤りであったことを認めた。
(1) ワクチン接種を行ったことに意味がなかった。
(2) 副反応が不明であるのにも関わらずメリットのないワクチンを打たせてしまった。
(3)もう子供達にワクチンを推奨しない
 (YOUさん)

変異すると前の株の免疫が効かないってすぐいうけど、僕は信じない。
だってワクチン接種しないで全部の株をそれぞれ、チンケなマスク一枚で浴びてきたんだもん。
「実感染の免疫は強いから心配しないで」っていうポジティブな研究発表はなぜしない?
それが社会の豊かさにつながるのに。ホントひどい。

 

☆☆☆

8月に入って、医者の陽性急増中。
この状況、過去のインフルエンザより明らかにひどい。
ウイルスが変異したから、という意見もあるが、新規感染20万人/日は、インフルエンザのピークには及ばない。
もちろん医師は3回済の人が多い。ワクチンに免疫抑制作用があること
だいぶ理解されやすくなっている (勤務医団の本音)

つまり、接種しない僕は武漢、デルタ、オミクロンとマスクいっちょの軽装で普通に見ても平気で、接種繰り返した医師が陽性化しているということ。理研が昔から伝えてくれていたことの方が当たっていた。

 

☆☆☆

そして、その理研。

理研600名リストラ危機が示す研究現場の疲弊 

こんなにいい仕事しているのに、報道もされないしひどいです。私たちを貧しくして教育、文化、仕事を損壊してきた誘導者たちよりずっと日本人のため、日本の社会のために働いてくださいました。

Photo_20220815123001

本にも『 ユルユルの対策と地政学的優位さが日本を救った!?』として書きました。
ワクチンとマスクでなくなっちゃったけど。

ここから始めるしかありません。

コロナは調べなければ気にしなければ消える、ただそれだけです。

 

☆☆☆

荒川央先生のことは何回も取り上げています。

Laughing Manさんが『ひとがゆっくりサビていく』と、注射による老化、加齢促進について触れています。

自著の『遺伝子ワクチンの不安な仕組み』で触れたものでもあります。

感染症3年、人生100年、じぶんのカラダは自分で考えよう

ずっとお伝えしてきたことです。

☆☆☆

ドイツでは3ヶ月毎に注射しないといけないみたいです。 これもlaughing man さんが教えてくださいました。
戦勝国が作った注射と薬剤。それを自ら続ける敗戦国。
Germans Must Receive Covid Booster Every 3 Months to Qualify as ‘Vaccinated’
3ヶ月おきに注射したら、体に悪いのは自明。
周りで実際にかかった感冒の方の様子をみて、出費や有害事象に見合うものかよく考えてみましょう。

外国歴訪後の社長さんのお言葉です。
「帰国後実感染しました。仲間が来いっていうから、風邪薬飲んでそのまま代表者会議に出ましたよ。皆に何もおきてません。感冒でこんなにお金使ってこんなに経済止めてるのおかしい。会社代表たちがオレたちが困るって言ってたってつぶやいて」初めてツイートお願いされました。

2022年8月13日 (土)

打たせた方は打っていない / 終わらせるのはポンコツ専門家ではなく政治の仕事

Photo_20220813084301

台風が東京に近づいています。

ワクチンを接種させていた人々の方が、自らは接種していないらしいです。こういった虚構について、何年もつづってきました

多くの先生方が報告されています。
ワクチン接種によるがんも知られるようになりました。



「国家公務員のため接種努力義務が課されていません」
注射は打たせた側は危なそうなものを自分たちや自分の家族にやるわけがない、ということらしい。
クリニックの皆さん、偉い人を見習ってゼロ回を含めて最小回数で抑えたり、実感染で終了しておいてよかったですね!お子さんも!



注射は任意なのに逃げられない状況を作っていたのはひどかった。
希望しない注射を実習のためにやった看護学生さんがいました。
型落ち繰り返し注射が感染を促します。打たない感染に強い若い看護師こそが未来の医療のためでした。多様性を認めない全体主義が全滅する良い例です。
 
ワクチンを打たない方が感染しないことが観察されています。 (YOUさま)
第7波では、ワクチンの非接種者の側は、コロナの被害は発生していないことが分かる。
自然感染の免疫の方がワクチンの免疫よりも遥かに優れているということだろう。
 
打たせた人々自身が打ってないって何?ひどい話です。
「ひとにうつさないように」「迷惑にならないように」って打った人々が不憫(ふびん)でなりません。
「打たないでしぶきを浴びても平気」って自分で人体実験の説得力を作って文化放送のラジオなどでもお伝えしてきました。
かかりやすくなるだけでなく、がんになりやすくなります。
ターボがん、ターボ癌のご報告。
 



ケガより重病より鼻毛についた常在菌の有無が重要なところまできています。鼻毛になんかついていると、引き返して路上に放置。そのうち水虫や歯周病があると足折れてても搬送拒否されちゃうかも。
みなさん、頭大丈夫ですか?

イギリスのほのぼのとした様子。
「しばらくしたら皆忘れたように日常を楽しみ、コロナは過去の話になった」 (ころころころんさん)
感染症をおわらすのは、マネジメントを全て失敗した専門家ではなく政治家の方のしごとです。

2022年8月11日 (木)

ターミネーターのスカイネットと全体主義

Ip20a
ターミネーターは人間が作り出したものです。暴走し、人間が逃げ惑う映画です。
感染症が致死的と言ってはじまった対策が日本を貧しくさせています。最初から一部の医療者だけがコミットできる問題ではありませんでした。教育や文化にも関係する社会的なものですので、色々な方が立ち上がって日本を再生すべきです。

僕は、さまざまな方々が自己のために人々を苦しめ続ける感染対策を「エセ錦の御旗」として暴走する医療者を制するべきだと思っています。

いくつかのツイートをまとめて記載します。



ターミネーターのスカイネットは予言の書。
検査で人々は自由を失い、法律関係なく少数の人々が社会や教育、文化を支配破壊する。希望しない人々にも注射の弾丸を乱射し、大切な人が倒れていく有害事象も全体のための多少の犠牲として切り捨てられます。
#全体主義 #虚構

問いかけに答えました。
ひとびとが希望を失わず、常識的な考えを優先して感染症を特別視せず「感冒だから、うつるのが普通のものこと」と思った途端に全てが消え、支配から離脱。すぐにできる簡単なこと。
スカイネットから守られる光学迷彩の作り方です。みんなで生き残ろう!

スカイネットみたいな空の攻撃の前では、生身の弱っちい人間はひとたまりもないです。
推進エンジンになっている恐怖と不安が消えて離脱することしか出口が無いと思っていました。
感染症の医療圏の虚構に人々が気がつくことが出口になります。まず、マスクを外して通常生活に戻ることです。

なんか正しいことを伝えて患者さんに長生きしてもらいたくて正直に暮らしていただけなのに。
ジャングルのゲリラみたいな感じになっちゃった・・・
僕は、補助金医療圏は損切りで切り離し、正常な社会を取り戻すべきだと思っています。生き血(税金)を吸われ続けます。



検査や治療を希望しない正常な考え方の方々もメディア側に存在しています。
みなさん独りじゃありません。社会常識的な考えを忘れず大切にして、生き延びていましょう。まず 
#マスク は外して離脱するところから始めましょう。
終わりは近いです。
「検査しないから陰性」いい言葉です。
検査しなければ消えます。
なんで検査するの? なんでマスクするの?
なんで型落ちの注射するの?
目的無き行為。流行の始めから3年間ずっと。


子供たちに注射が努力義務になりました。厚労省に賢い方が良い質問をしてくださいました。
なんと努力義務は「よく考えた末に注射しないことを選択する」ことも入るそうです。考える努力の義務ということらしい。
おやごさんは強要されていません。よかったですね!
僕もほっとしました。
#努力義務


言われたように全部やって、世界最多の陽性者数。
私たち日本人は「いい青首マガモ」だって思われて色んなもの買わされてます。秋には購入した追加ネギも背負い、マスク外せないコガモにも注射しまくる。
終わった感染症に炎天下でまだマスクしていることも世界に報道されてます。何のためにやってるの?ふぅ。
#虚構


常識的に考えれば、人間の体も感染症も世界共通。
流行が下火になった海外の人や米国の人がサボって、日本人がほぼ完璧にやってきたことが感染拡大の原因でしょう。真実はいつだってシンプル。
#感染拡大
Photo_20220811184801
ロバート・メンデルソン先生の「医者が患者をだますとき」を思い出します。
『医学生のころ現代医学を信じていた私はDES(合成女性ホルモン剤)で流産防止した女性の子供に20年後に女性癌が多発。これは当時の私には夢にも思わなかったこと』
じゃあ、注射の方は・・・  子供たちに? ・・・

有用な情報を伝えてくださっている管理人さん。
それと
「ワクチン未接種者はコロナにかかってもPCR検査を受けない割合が多い」
という言説もデータ上間違いまたは虚言。
仮にそうであった場合、本当に体調が悪い人のみが医療にかかる傾向になるため未接種者の発症率や中等症率が接種者に比し格段に上昇することになるがそうなっていない。

2022年8月 6日 (土)

何もしないことが正解で近道だったと思う / Sting Russians

 

この曲が今一番ふさわしいと思います。こういった記事はブログがいい。

カオスの世の中、どの国だって子供が可愛いにちがいない。

全人類、おなじ生物だろう・・・

そういう歌です。

見えないもので店を閉めて、都市を閉鎖し、ロードローラーみたいに注射しまくって何がのこるんでしょう?

見えない敵で店を閉めて、都市を閉鎖し、ロードローラーみたいに若者を外国に送って何がのこるんでしょう?

構造は、なにもかもおなじです。

僕は自分の体をかけて、注射しないで人々を診つづけてウイルスを浴びてみました。実験です。
医療者しかできない特権。家族には「肺炎で死んだらごめん」と伝えておきました。


それだけのことです。

若者がいらない苦労をしない、若者が体を傷つけないで健康で家庭を持って子供を持つ。

それを支えるのが大人の仕事だと僕は思って感染症の初期に覚悟しました。

若者を守って子供たちをふやすことが、勇ましいことをいうより地道に日本を守ることだと思っていたから。

続きを読む "何もしないことが正解で近道だったと思う / Sting Russians" »

2022年8月 5日 (金)

カオスになった世の中を生きぬいていきましょう

Photo_20220805042501

人々は実感染を繰り返し世の中はカオスにおちいっています。

医療法人札幌禎心会病院が今後のmRNAワクチン接種を中止しました。
◆ワクチンに欠陥がある
◆防御すべき感染症でない
◆効かない
というのが理由です。

それどころか、接種率が高い国に陽性者が爆発している。
つまり効いていないどころか、予想された通り逆効果。
弱い不十分な抗体が感染のお助けになっていて、免疫全体も低下してしまうことを意味しています。さらに作られたスパイクタンパク自体の毒性もわかってきました。

一方で前倒しでわれ先に接種している先生もいたりすることを伝えきいています。

真実に向き合わないためのカオス。

 

☆☆☆
コロナは普通の風邪だったといまごろ発表がありました。

昨年秋から同じ感染症でした。

日本はカオスになると1月に予測した通りになりました。

 

☆☆☆
なぜカオスになっているのか。

それはコロナ感染症の実情に沿って、国民を守るという軸足になっていないからです。

まだ人災を引きずりたい人、注射を続けたい人、コロナ体制を続けたい人・・・

そういったものでゆがんでいるため、カオスになっているわけです。

 

☆☆☆

この3年間は、ずっとそうでした。

だから書きました。

4回目を止める病院が出てきました。一方で打ち続けている人々も。
打たないと仕事行けない、修学旅行行けない、実習できないって泣いていた人々の魂がさまよいます。
誘導していた人は 
#普通の風邪 ですと言い残していなくなりました。まさにカオス。どうしたらいいの?誰に聞いたらいいの?
突然亡くなられた方、腎臓を悪くして通院できなくなった方、がんが悪化された方・・・
会えなくなってしまった患者さんたちの顔を僕は思い出します。
不条理で理不尽な数年間でした。
これからもしばらく続くことでしょう。
地政学的なことを考えると、何もしないのが一番良かったと思っています。
☆☆☆
希望はあります。

一歩ずつ頑張っていきましょう。

太田裕美さんのさらばシベリア鉄道を聴きながら書きました。

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »