秋葉原駅クリニック/お仕事

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト

14.どうぶつの森/ 星空 / 宇宙

2020年5月11日 (月)

あつ森の化石に鑑定が必要なワケ / ビンタが離島にいた日

どうぶつの森(あつ森)の島に化石は1日に決まった数出現します。

青いボールのような化石をフクロウに鑑定してもらうと、何の化石がわかります。

Photo_20200510174401

持ち物をみると、最初はこんな感じ。

Photo_20200510174402
売ろうとすると100ベル。メダカやアンチョビみたいに安いです。

Photo_20200510174403

やめることにします。

Photo_20200510174501

博物館のフクロウに鑑定おねがいします。

Photo_20200510174502

アイコンが変わって、何の化石かわかります。今回はディメトロドンの頭でした。

なんと、5500ベル!

100ベルで売らなくてよかった。

Photo_20200510174503

化石掘って鑑定してもらって売ると1−2万ベルになります。
自分で釣竿や虫取りあみを作らなくても200−400ベルぐらいで購入できます。

それで、魚や虫をとってまた売る。

必ず、作業をすると手持ちベルが増えるようになっています。ゲームオーバーがない。

 

おととい、引越ししたいという住人がいたのでOKして、空き家になりました。

今朝、覚悟して、チケット2000マイルX10枚を交換して離島にいきました。

好き嫌いしてはいけないけど、タコやカエル、ワニ、クマ、オラオラ系のニワトリはちょっと苦手です。


するとなんと最初の離島にビンタがいたので、初めてのネコ系に移住してもらうことになった日でした。
ビンタは、一度キャンプサイトに来たことがあります。
9枚チケット余ってしまったので、収納。

「リアーナと交換なら」と言っていたのでお断りした経緯があります。リリアンも断った。
SWITCHのスクリーンショットあるので、そのうちお書きします。

ビンタは明日やってくる予定です。こうやって、住人の交代も1週間ぐらいかかかる。

今日は日曜なので午前中カブを買いました。売り時も、数日見ないとわからない。

 

こんなふうに、のんびりしたゲーム。

攻略本て必要なのだろうか・・・
最速も必要ないし、ばくだいなベルもいらない。

知らないうちに勝手に増えます。マイルもいっしょ。
今、10万マイルぐらい使い道なくたまっている。

次は、国際ミュージアムデー。

 

休診の日ですがクリニックに行って準備を少し。
帰宅後、またたくさん動画をみて、アドバイス。
いくつかの文献を読んで、患者さんの説明や診療に備えました。

ゲームもリアルな生活も、一つずつ。ちょっとずつ。

2020年5月 9日 (土)

リアーナと暮らす海の街、”海角(うみかど)”と”山角(やまかど)”

Photo_20200506171701

どうぶつの森では、リアーナというメインキャラクターと一緒に暮らしています。最初の住人の1人です。もともとリアーナのDIAMONDsという曲も好きだったので、ゲーム内の水先案内人として頼っています。もう1人はカエルでしたが、子鹿になっています。

タヌ吉よりいろいろ教えてくれます。

Photo_20200506171702

フィットネスする時には、黒いウエアです。

Photo_20200506171802

別な日も黒いウエア。両耳にピアスしています。着ている服は、シチュエーションで制服系とラフの落差があってかっこいい。

Photo_20200506171801

とたけけのコンサートのあとは、他の住人のサイとビールを勝手に飲んでいます。サイは山のほうに住んでいます。うちの住人は、色々な組み合わせで勝手に何かしていること多いです。

ジャズを聴きながら、一緒にカクテル飲んでも良いようなお姉さん。キャンプサイトに来たいろいろなキャラクターが”リアーナと交代するなら移住する”と言ってきましたが皆んな断りました。

どうぶつの森は、いろいろな経験を住人としていくので愛着が深まります。

ものをあげたりもらったり。雨の日も晴れの日も、同じものを一緒に暮らして。

リアーナは、甘すぎずかっこ良いキャラクターです。
切れ長の目とファッションがかっこいい。

初期の頃に家の中にお邪魔したら寝袋しかなかったから、試しに机やベッドを作ってあげたらそれを使ってくれています。最初のころはDIYのレシピも材料もあまりなくて簡単なものしか作れなくて申し訳ない気持ちです。ゲームの内容もよくわからなかった。

良いものを買えるようになったから、交換してあげたい。次、”これあげるね”の表示がでたら渡してみようとおもう。

メインの住人たちは、海辺にくらしています。開拓して、引っ越してきてもらいました。”海角(うみかど)”と名前をつけています。もう一箇所の住居地は”山角(やまかど)”。がけの上下で住人が暮らしています。家の形がキャラを反映しているから、覚えやすい。

どうぶつの森は、デザインが美しいと思う。どう美しいか、紹介していこうと思っています。

点数を競うのでも、みんなが欲しいキャラクターを得るのでも、家を大きくするのでもなく、自分なりに美しくしていけばいい。僕は花壇に柵を作らないから勝手に花もいろいろに入り混じって、植物が繁茂しています。けれども星4−5つ。それでいいのだとおもいます。

朝、海辺で魚釣っていると起きていればリアーナはやってくるから、話しかけてみようと思う。

2020年5月 6日 (水)

鳥を飼うメープルと歌うキャロライン

Photo_20200506163901

今日はホノボノした話題。
どうぶつの森には、様々な住人がやってきます。

可愛らしいものや、リアルなもの、サイケデリックなものもいます。僕はできるだけナチュラルなキャラクターが好きなのでもとの住人がお引っ越ししたのちに、離島で少しずつリクルートしてきました。

ちょっと前、子グマのメープルがやってきていました。

手前のコアラはメルボルン。あげた服を住人は着てくれます。黒いタキシードを渡してあげたので着用中。青い目とバランスが良いです。オリジナルは赤と白のストライプでちょっとうるさいので良いバランス。

メープルの家には鳥カゴがあって、なんとボタンインコがいました。動物を室内に飼育している住人は初めてです。とっても珍しい。

Photo_20200506163902

もう一つ珍しいことがありました。
ゲームのBGMの他に歌声が聞こえてくる。よく見ると、リスのキャロラインが歌っていました。

何かバナナ語みたいな言葉で会話することはあっても、勝手に歌っているなんてことは初めて。今回のどうぶつの森の住人には結構、自主性があります。

用意したものの上に座ってサンドイッチ食べていたり、ビール飲んでいたり。

白いリスのジュンも朝、歌っていました。彼は口癖が”あながち”だったけど、直した方がいいかなと聞かれたので”じゃん”にしてあげました。キザなので横浜風。

彼らは、僕をよそに勝手に会話をはじめることもあります。

キャンプサイトにリリアンやビンタがやってきたこともあります。動物に名前があるところから、識別できるようになってきました。

カエルや牛、ワニは交代して可愛らしい人々になりました。

今の住人が良いバランスだとおもっています。
日々、気付きがある良いゲームです。

Photo_20200506165401

リングフィットと勉強も継続しています。
お疲れ様でした。

 

 

2019年10月24日 (木)

ジョロウグモの研究 / 子供のころの思い出

立派なクモの巣を張るジョロウグモ。

秋の青空に黄色い大きな体はコントラストもはっきりしていて、目立ちます。

ところが、このジョロウグモの子グモを見かけることはあまりありません。

僕は、子供のころ自分でその謎を夏休みの課題にしました。

1.ジョロウグモは、子供のころはハエトリグモのように巣を張らないために目立たない

2.ジョロウグモは、巣を張っているが見えないところにある

3.突然大きくなる

と予想を立てたことを思い出しました。
ところが、それが大失敗でした。

どこを探しても、そもそも子グモが見つからない。

学校の先生には、表紙が「ジョロウグモの研究」になっているのに、中身はカマキリだのコオロギだのしかいないレポートを提出しました。
結論「見つかりませんでした」。

少し調べてみると、さすが!

「ジョロウグモの生きる秘密」として受賞されていました。

何と、糸を最初は栄養にするらしい。
丸っこいコガネグモとの比較もしている。

「ジョロウグモとの1年」には、僕の謎の答えが用意されていました。

生まれたばかりでは黄色くないこと。
風に乗って、とても高いところに巣をはること、などなど。

突然大きくなるわけではないから、2が正解だったわけです。それに加え、形も色も違う。見つけられないはずです。
下ばかり探していたので、コオロギやキリギリスなどにばかり詳しくなっていってしまいました。

最近の子供たちは恵まれていていいな、と思います。
僕の手がかりは、葛飾区の図書館の古びた昆虫辞典。今から思うと大人が書いた憶測に基づいた間違いだらけでした。しかも白黒のガリ版刷りで難しい言葉の羅列でした。

今は、サイバー空間に有用な情報がちりばめられています。

新しい可能性はこうやって始まるんだと思いました。
スッキリしました。

2018年10月10日 (水)

ある日の空 / どんな空でも鳥は飛ぶ

0827morning

クリニックの窓から空をみると、青空がきれいなことがあります。

木々の緑も少しずつ深くなって、冬の準備をしています。

人は助け合って生きている・・・
そんなことを考えていました。

晴れていても、曇りでも、雨でも、川の上にやってくるカモメは楽しそうに飛んでいます。先週から、「その人なりにしか、人は生きられない」ということを、患者さんと繰り返し話していました。

もっと、もっと高く、遠くへ・・・
人間はそう思いやすい。

けれど、「その人なりにしか、人は生きられない」。
もし、その人の大きさを超えて、なんらかの拡大路線にはしれば、きっと悲しいことになる。

僕は、片隅の職人でい続けられれば、それでいいと思う。

Osenbei
クリニックのビルの向かいにあるおせんべい屋さんにげんこつや柿の種を買いにいきました。昔懐かしい感じのお店。お金をお返ししたおばあちゃまの世間話をしました。

帰り際にたくさん果物の柿を頂いてしまった。本当は、購入してお礼したかったのに・・・ 柿の方が高いから、また買いに行こうと思ってる。まだ食べていない味があります。お米がおいしいので、おせんべいもおいしい。いくつかは、作りたて。

本当にいいひとたちの中にいさせていただいていると思う。

今日もまた、優しい患者さんに「むりしなくていいんだよ」って、言うんじゃないんだろうか。

薬を渡すんじゃなくて、相手のことを考えて心を配ることも頑張りたいと思っている。

年取ると、感傷的になるっていうのは本当だ。この前来た石橋君やお便りした長谷川先生や手伝ってくれている山田先生なんかは若くていいなぁ。

医局旅行は今年は都合が合わなくて、お休み。
若い先生の勧誘は、今年は、石橋先生に一任。宴会部長の長谷川先生は、チョット小休止中でも、医科歯科には一杯いいなかまがいるから大丈夫だろう。

僕は、やっぱり片隅で仕事をつづけるのが合っている。

2017年8月24日 (木)

皆既日食 / 地球の落ちる陰 / JAXAの画像

皆既日食が観測されました。

太陽を眺めて観測することが多いのですが、宇宙からの視点で地球に落ちる陰を見る画像も感動的です。

日本の『観測衛星ひので』が、日食を観測していました。
JAXAが公開した画像は、太陽が生々しく生きていることを示しています。核融合を起こして放散されたエネルギーが地球上の生命をはぐくんでいます。

天体の様々な事は、日常の作業から別な視点に脳を変換させてくれるチカラを持っています。

2015年12月 5日 (土)

はやぶさ2のスイングバイが見られるソフト / RYUGUへ

Stkinstall

JAXAは、はやぶさ2の最新情報をお届けしてくれています。
ロケットを成功させた記憶も新しいものです。

時々、見に行くと更新されています。

12月1日から5日のはやぶさ2のスイングバイが見られるソフトが公開されています。

Swingby viewerのソフトとデータ読み込みファイルの二種類になっています。

めざす小惑星は、RYUGUに決定しました。理由が述べられています。
航海して到達する先は、竜宮城。

地球の重力を利用したスイングバイ。
なんと壮大なリアルタイムな出来事なのでしょう。
宇宙を高速で飛行する、はやぶさ2に思いを馳せます。

ソフトをインストールして、楽しみに待っています。

2015年12月 2日 (水)

はやぶさ2からみた地球 / 暗闇に独り浮かぶ地球

はやぶさ2は順調に航海を続けています。

真っ暗な宇宙から遠い宇宙から見た地球の写真が公開されています。

人間や生き物のすべての出来事は、この上で起きているに過ぎない
いろいろな事を考えさせてくれる写真です。

2015年1月 8日 (木)

軌道に乗るはやぶさ2 / 「ARTSAT2-DESPATCH」多摩美+東大

本日、はやぶさ2のイオンエンジンの報道がありました。

打ち上げ、分離の様子は感動します。
小惑星に打ち込んで、指標となる5つのターゲットマーカーが見えます。

4つとも正常に動いていることが確認されたとのこと。
はやぶさ1は最初から不安定だったので、出だしは好調で安心しました。

打ち上げから36日。

フェアリング内に搭載された副衛星も順調に運用されているようです。
多摩美大の作った衛星は不思議な形をしています。

はやぶさ1のカプセルを放出後、燃え尽きて行く姿、最後の力を振り絞って撮影した地球の写真を撮影する姿。今見ても感動します。はやぶさは、綺麗な流れ星になっていきました。

オリオン座付近を通過していったとのこと。
時折、思い出して夜空を見上げて見ることにしようと思っています。

続きを読む "軌道に乗るはやぶさ2 / 「ARTSAT2-DESPATCH」多摩美+東大" »

2013年8月27日 (火)

イプシロンロケット打ち上げの日

今日はイプシロンロケット打ち上げの日です。
SPRINT-Aを積んでいます。

固体燃料の画期的なロケットで、経済的にも有利です。
ライブ中継はこちら。

宇宙開発は、重厚長大になりやすいのですが、
日本独自の技術で目的を絞って軽量な垂直打ち上げロケットを作りました。

ペンシルロケットへの言及もあって、感慨深いものです。
成功することを願っています。

より以前の記事一覧