2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

17.雑言

2022年1月 8日 (土)

どんな人も独りじゃない / ふりつもる純白の美しさ

Hitoyasumino

医師は放っておくと常に何か勉強して、何かに追われ、何かを気にし続けます。走り続ける。寝ないで仕事を続ける日々も多くありました。

入院患者さんを受け持っている頃も、今もあまり変わりありません。

休み中もデータを見にクリニックに行ったり。気になる患者さんを思い出したり。

今日は、夜空を見上げるて同窓だった先生たちを思い出していました。

取材に行ってわずかな時間でも、ご馳走になったことを今でも覚えています。どんな人もひとりじゃありません。その時の状況に左右されてしまうことも多くあります。個々人の能力を超えたものです。なすすべが無かった愛おしいことがら。

全速でずっと走ってきたけれど、今日は資料を整理したりPDFをチェックしながら独りでいろいろ思い出す日でした。編集長さんと版下さんのおかげでできた文章を拝見したり、仕事のメールをやりとりながら考えていました。

先週最後の診療は、何十年も通院してくださったおばあちゃまを娘さんと守った電話でした。どんなに離れていても守ってあげられる。

 

☆☆☆

人々のためになることをするには、仁を尽くすべきだけれど独善ではいけない。医療はチームなので、他の人とディスカッションして自分の居場所ややり方を修正します。

同時に世の中は、明日を作り出す経済的マネジメントと広報も必要。

そうでないとシューベルトのように美しい曲でも宝石箱のように遠くしまわれて終わってしまう。セロ弾きのゴーシュのチェロのように。

一方で「仁」を失った経済マシーンやそのための広報は、人々に有害です。いうまでもなく。アトムやブラックジャックでも描かれていました。

 

☆☆☆

そのはざまの夜の空でした。

ビルのオーナーさんに特別に見せていただいた夜空です。前のビルのオーナーさんに拾ってもらって開業できました。

今のビルのオーナーさんに拾ってもらって、秋葉原の再開発の時にもお引越しできました。

彼らがいてくださったから、たくさんの人々が辛い症状をへらしたり、思わぬ病気から守られたり、薬から離脱して病院から卒業したりできました。

スタッフもクリニックに勤めながら鍼灸師のライセンスを取ったり、お母さんになったり。栄養士さんも医学会発表が板についてきて、今では初の論文に挑戦しています。栄養学会から掲載依頼されるという名誉ある論文です。

 

☆☆☆

人間は独りにもどったり、みんなに囲まれていることを思い出したり。

いったりきたりです。

たまに速度をゆるめて、色々考えるのも良いかもしれないと思いました。鍛えていないとノロマになるけど、やりすぎは故障になります。

コロナの現状はdecoupling(リンク切れ)と呼ばれる状態です。(ロイターの日本語機械翻訳はこちら)

観察された事実が粉雪のカケラのように静かに積み重なっていっています。ファクトの純白で人間の喧騒がかき消されていきます。

見るのも悲しかった人々を苦しめつづけた虚像もなにもかも。

続きを読む "どんな人も独りじゃない / ふりつもる純白の美しさ" »

2021年12月 4日 (土)

本のタイトルの再考をお願いした日 / ひるさがりに未来を語った日 / 人々が豊かさを目指していることが分かった日

Photo_20211024145401

のんびりした休日がやってきました。

今日は、出版社の方とお会いし若者いスタッフと共に編集について議論しました。

本好きが集まった良い昼下がりでした。のんびり、未来を語るのは良いものです。

今作っている本についても話し合いました。助けてくださる方が知らないうちにどんどん増えていたことが分かって、ホントうれしい。

昨日も診療後にマルハニチロの方とオメガ3について語り合いました。脂肪酸の自由電子が細胞の脱分極や活性化、幹細胞においては分裂能や寿命に影響していることを教えていただきました。

 

☆☆☆

世の中が平穏になって豊かになればそれでいいと思っています。個々の人々が願っている小さな希望をつなぐ本を作っています。

タイトルが反ワクチン的だったので、お願いして直してもらっています。

「分断と混乱が良くない」です。ワクチン派、反ワクチン派なんてもうおわりでしょう。

変異が大きすぎて変異型に今の遺伝子ワクチンは無効なことを作っているメーカーが宣言してるんですから。今世界での陽性者はワクチン後の人々です。予防になっていません。

一方で、心の平穏のために希望される方に何回でも接種できるように門戸は開かれているべきだと思います。安心感は、薬がもたらす良い側面の一つです。何かお世話してもらうと安心できるもんです。元気づけの点滴といっしょ。

世の中は次のフェーズになりました。すでに「後始末をしてほしい派」と「終わったことだとあきらめる派」、「もう放っておいて派」に分かれる時期になったと思っています。

マスクも3密もなにもかも。趣味の世界です。それぞれの人が望むように好きにやればいいんです。

 

☆☆☆

それにこれまで文章を作る上で、たくさんの先生方などに了承をいただいてきました。どの医療者も反ワクチンではありませんでした。予防に多少なりとも役たつものを否定する医療者はいません。

僕はワクチンは、必要な人の重症化は一時(いっとき)抑えたとおもっています。それに殺到したのを見てわかるように、人々の安心にはつながりました。

僕は、反ワクチンではなく「人々の自由を奪うことがよくない」とおもっていました。同調圧力や他人のための強制とか。

被害のない必要のない人にも接種は不要です。ただそれだけのことです。時代遅れの過去を嘆くのではなく、未来を語るべきだと関係の方にお伝えしました。

プレジデントオンラインで引用させていただいた先生方は、みなさん正しい未来を語られていました。

人間の良き力を感じた日々でした。真っ暗にした人たちがいたから、灯りを掲げる人々がはっきりしていました。自灯明。僕はそれを記録させていただきました。どっちでも良くなってしまったワクチンなんて些末なことでまとめるのは狭小です。

 

☆☆☆

みんなが自立して自律的に自由に人生をつかみとっていくのが、伸び伸びと植物が葉をのばすようで健康的な姿です。

コロナになってから、変な人の号令でみんな動かなくてはいけなくなってしまいました。人々を抑圧していた根拠すら考察が不足する脆弱なものでした。予想も全部間違いでした。地政学的なアドバンテージも全部無視されて、多大な損害をこうむりました。

これからの希望の書になるといいと思っています。

僕の願いはそれだけです。人々が生き生きとした方向に変わっていっているのがわかって本当にうれしい。

自分で勝ち取って豊かになっていく方向に覚醒したようで、本当にうれしい。

2021年11月18日 (木)

大きすぎるとわからない

Niigata_14  

ご高齢の方が振り込み詐欺に合うことがあります。

どうしてこんなかんたんな仕組みでこんなに大金を払ってしまうんだろう?と思います。

でも、やり方が洗練されていると自然な流れになってしまいます。

 

☆☆☆

人間は、脳のクセがあるので間違いに気が付かないこともたくさんあります。

ビックリ番組も似たものです。

信じてしまう人間の心理を巧みに使ったものです。

 

☆☆☆

そして、それが壮大なものだともっと気がつきません。

大きな過ちをおかさないで済むようにするのは、多様性を持った議論しかありません。

右向け右、左向け左、だと全員が間違います。

そういうことだったんだと思います。

夜明けは近い。そう思います。

2021年11月17日 (水)

地政学的考察が掲載予定です / まともになった日本

P5

子どもを守る声があふれるようになりました。

 

☆☆☆

国別被害も理解されるようになりました。

地政学的考察が掲載予定になっています。

歴史的な時間経過の推察もお伝えしました。

やっとここまできました。

 

☆☆☆

まともになった日本。

ホント嬉しい。

子どもたちが守れる。大人の事を信じている彼らを守らないといけません。

 

☆☆☆

迷いながらも、間違いながらも、しぶとく生きる私たちの後姿を見て育ちます。

若者や子供たちは、大人たちの間違いや迷いを糧に大きくなります。

そして未来を作る。

2021年11月13日 (土)

クリスマスを迎える街 / アイアンマンがやってきた

Yodobashi

ヨドバシのアイアンマンが1Fにおりてきていました。

動く恐竜はサンタのコスチューム。

街にクリスマスがやってきました。

週末、大きな仕事を2つ終わらせて少しホッとしています。

鳥と植木をセルリアンブルーの空の下で日光浴させて、しいたけ栽培に霧吹き。

 

☆☆☆

低GIの焼き芋の焼き方も上手になりました。

スタバの豆乳ラテの元が売られていたので、それでほっとひといき。

風呂場もあらってパイプマンしてキレイになりました。

鏡も磨きました。お買い物にも行って、DHAやEPA補給をめざしました。運動に自転車やジョギングはうってつけの季節です。犬の散歩も気持ちよさそうにしています。

僕は自分を散歩させないと心肺機能を鍛えられません。1-2月の冷気を吸い込んで走り続けるためには、寒冷訓化(かんれいじゅんか)が必要です。

ユニクロでサモトラケのニケの冬用トレーナー買ったし、ガンバロウ。

 

☆☆☆

すべてやるべきことを終えた人は、もう出てきません。一旦終了。

あとは、まんえん状態が続くだけ。

国内へのコロナ持ち込みに注意ぐらいでしょうか。

みんな、やるべきことをやりっぱなしで思い出になりました。国家混乱と転覆や破滅はまぬがれました。

私達には、アイアンマンはいませんでした。でも学びました。一人ひとりの心に小さなアイアンマン。

 

☆☆☆

これからどうやって日本が豊かになっていくかのほうが大事です。

一つずつ。

2021年11月 9日 (火)

新しいToshiba東芝の復活を願います

Photo_20211109070601

東芝が三つにわかれるとのことです。(リンクは読売新聞)

原子力発電インフラ、デバイス、半導体にわかれるとのこと。

東芝の半導体は素晴らしいから大賛成です。HDDの信頼も日立なみに大きい。

大きくつまづいた原子力事業。それも視点を帰ると金の卵になるかもしれません。

それは「超小型原子炉」です。(リンクは産経)

 

☆☆☆

私たちは原子力発電所事故の苦い思い出があります。

大昔の技術では、あのような原子力発電所しか作れませんでした。

今はもっと進んでいて、地中に埋めてしまう形の電源を失っても自然冷却するものが開発されました

カーボンニュートラルを目指すなら原子力発電を避けて通ることは難しいです。

自然エネルギーも利用すべきですが、今後爆発的に増大する電力量を賄うのは難しい。森林をソーラーにするのも良くない。国土が小さく地熱の場所もすくなく、海洋国家の日本の近海は漁業とぶつかる。

先日、海底火山に衝突したアメリカの大きな潜水艦も原子炉を積んでいます。世界中の海の中を各国の原子炉が「安全に」移動しているのです。何かちょっと気持ち悪い感じがするけれど、事実です。

 

☆☆☆

海外では原子力発電の開発が続いています。

これからデジタル化による産業革命を乗り切るためには、電力が命綱です。

こう言った災害を起こさない超小型原子力発電所は最適だと思っています。

日立だけでなく、東芝も開発して復活していってほしいと願っています。

2021年11月 7日 (日)

新しい日々を紡ぎ出す / ビジョンを物質化する

P5

ものごとには緩急があると思っています。

いまは、いろいろなことが凪。スタート地点に立ったところです。

しばらく大きな出来事もあまりおきないでしょう。

大切な仕事も計画的に終わらしていくことができました。

 

☆☆☆

ルリ羽の換羽もおわりました。季節はめぐっていきます。

これから順調にいけば1週間おきにゲラのチェックになります。

糖尿病と痛風の本を新しい切り口で書いたことが懐かしい。夏の道を走りながら筋肉のミトコンドリアのTCAサイクルを考えていました。

「フローとプール」つまり「エネルギーフローと尿酸プール」の対比でおかきしました。人間の健康には、適切なプールを作るためのフローが必要だからです。

それが慢性炎症を抑える今の仕事になっていっています。

 

☆☆☆

栄養士さんとの発表もセッション内の優秀症例発表に選考されました。

論文化を栄養学会持ちで推薦されました。

アカデミアに評価されるのは、本当にうれしい。

栄養学のトップの人々は個性的で厳しくも優しい人々です。

 

☆☆☆

栄養8 運動2 

新しいフードプロセッサも来て料理が楽しみです。栄養管理した料理でカラダ作りをして、運動も過剰な活性酸素を産まないものを工夫。

栄養の面はクリニックの栄養指導がアカデミアに評価されるぐらいになりました。日本栄養協会の理事にもなりました。

運動はマッチョさんと体操を作り始めました。彼と栄養についても語っていこうと思っています。運動と栄養の統合。

僕が描いていたビジョンは、一つ一つの独立したコラムを高い次元まで高めつつ、それらを統合していくことでした。

建築物のような計画が必要でした。

 

☆☆☆

もちろん総合内科専門医や頭痛指導医はその基礎。卒後できるだけ早い時期に医学専門ライセンスは取得し終えていました。取得がスタートだと思っていたから。

基礎医学実験も行い大学医局に業績論文として残されました。

公衆衛生的な厚労省の仕事も終えて「医療情報伝達」と「医療生活計画」の概念を論文化しました。

医学的な柱・コラムを一つずつ建てること。栄養と運動の柱も建てること。

マルハニチロさんや、赤穂化成さん、ニコニコ海苔さんなどの仕事に投入されていく。そのスパイラルを作れることが目標でした。

テレビのディレクターさんと新しい切り口になるように番組作りしたのも懐かしい。

 

☆☆☆

がん・感染症センター 都立駒込病院の先生との医学論文も無事掲載されて掲載誌がとどきました。

次は栄養士さんの発表の論文化。

それぞれを整えて、これからやってくる新しい日々をよりクリエイティブにすごそうと思っています。

過剰に傷ついて損壊された社会が、これから復活するところです。

計画通り淡々と前に進んでいこうと思っています。

 

☆☆☆

一つ一つのパーツを磨いて、僕の中で一つの建造物になりつつあります。ここがスタート。

ともすると、あれもこれも分散するように見えるけれど軸足は人間の健康長寿を守ることに集中しています。さらに脳神経内科医だから脳を守って脳の加齢を抑えることに集中しています。脳トレしても糖尿病放置では認知になるし、運動しなくてフレイルではゲームもできない。

世の中には、高い次元で統合しないと解決できないものごとが存在します。実はコロナ対策もそうだったんだけど。

「慢性炎症」「加齢炎症」はその観点から大きなテーマです。

そういう観点から、より大きなものを社会に還元して行こうと思っています。

人々を守りつつ。

 

☆☆☆

ビジョンがあれば実現できます。

イメージできれば物質化できます。

ほんの少し先に正しくビジョンを得る努力を続けたいと思っています。

昔からそうだったから。

2021年10月25日 (月)

海の森 / シャワー室あり / 青空と四角い建物

 

東京には「海の森」という不思議な場所があります。

でも、不思議な名前。

海の森の名前のゆらいもわかりました。

 

地図上はクロスカントリー施設もあるみたいです。

シャワー室もあるし、工事もおわっているですし遊びに行ってみようかとおもっています。

人がいないところもいいです。

 

青空と四角い建物。

建物に入れなくても散歩できそうです。イベントが無いと入れないのはもったいない。

晴れた初冬なんかいいかもしれません。

不思議な空間。設計した人はもういないかもしれないけれど、成長を続ける海の森。

都市から出るゴミが森を作るという不思議な物語です。

空間や体積のリサイクルとも考えられます。

こうやってサスティナブルなもので、豊かになっていくといいと思っています。

人々が利用してなんぼ、なので今後に期待したいです。

未来必要な場所。

続きを読む "海の森 / シャワー室あり / 青空と四角い建物" »

2021年10月14日 (木)

ワクチンが余っているので心配な方の定期接種にしよう!

Photo_20211006170801

先進国でワクチン余剰 3億回分、途上国へ再配分急務

ワクチンが世界的に余っています。

もし、世界のどこかで猛威をふるって海外の方が恐怖や不安を持っていたら足りなくなるぐらいでしょう。

日本でも余っています。

きっと購入費は支払い済みですし返品もできないしくみです。

同じものを既に打った人が何回も打つしかありません。

あるいは早めに希望する国にお譲りするのが良いかと思います。

ご高齢な方に不安な方も多いでしょう。希望する人に、来年まで定期的に接種できることにすればよいでしょう。

安心安全です。

若者には不要です。

2021年10月 9日 (土)

「早く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め」

Photo_20211009100801

「早く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め」

良い言葉だと思います。アフリカの諺(ことわざ)とのことです。よく言葉を選んでくるものです。

スタンドプレイヤーで目立つのではないことを明言されました。

さらに、日本を再生するにはきっと長い道のりになるだろうけど、迷うこともあるだろうけど知恵を出し合って遠くまでいこう。

豊かな未来まででかけよう、その旅にでよう。そういう意思が伝わります。

 

☆☆☆

広大な大地に住むアフリカの人々が、危険も待ち構える人知を超えた旅に出かけていく中で生まれた言葉だと思います。

夜明けの光に逆光になった人々のシルエット。大勢の人が大陸の彼方の水平線を目指して旅にでるビジョンが見えるでしょう?

命懸けで暮らしてきた人々にとってそれがファクトだったので、世代を超えて伝承されていった智恵です。

今、僕もたくさんの人とチームで一人では来れない場所まできました。

名医とか神の手と呼ばれる外科の先生も良くわかっています。「オペ室のナース、ME(メカニック)、病棟、みんなのチームワークです」と必ず彼らはいいます。本当の名医は、手術して終わりではなく患者さんに寄り添い遠くまで行くことを目的にしているからです。

未来を豊かにする人々は、どの人もみんなで遠くに行こうとするのです。一人じゃいけないことを知っている。

泣けてきます。

 

☆☆☆

僕も、これからも新しい仲間も加わってさらに遠くまで旅を続けることでしょう。

本当に良い言葉です。

企業の内部留保をワーカーの賃金に変えて、子育てにお金がかからないようにする、長期的な消費の向上。GDP回復や年末に向けて好景気の気分の社会行動学的な経済効果も期待できる。

トリクルダウンなんて産まなかった富の集中。その行き過ぎてしまった部分に対して、穏やかな富の再分配を行う方針。

そういう長期戦略の政策は正しい。

選挙が近いというのに、見せ金ではなく日本の長期成長戦略のど真ん中を行っています。キモが座っています。実務的な正しいブレインがいるんだと思います。

経済戦争になっていく世の中でも日本が勝ち残っていけそうな気がしてきました。

続きを読む "「早く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め」" »

より以前の記事一覧