胃ろうの管理は、当時コンバテックのアクアセルを使っていました。アクアセルは細胞滲出液を吸収してゲル状になり、創傷治癒を促します。傷からは細胞を保護して増殖させる大切な因子が分泌されているからです。同時にシリコンによる物理的な圧迫を解除する面を持っています。