日本各地の医療機関に出向き実地調査し、医療システムの研究をしました。医療連携や在宅診療の礎の一つになった研究で、厚生労働省により研究報告書が作成されました。