「知らずに飲んでいた薬の中身」という新書を出版することができました。なかなか良い資料が集まらず、段ボール3箱ぐらいの成書を購入した労作です。日本が、製薬の世界で大きな働きを果たしてきた歴史もお伝えしました。吸入ステロイドのガジェットについて、逆に製薬メーカーに情報をレクチャーするぐらい勉強しました。書くスペースがなかったのですが、安定して薬を供給するグローバル企業の努力も勉強することになりました。真夏に走り込んで、泳ぎながら章立てや内容を考えていたことを良く覚えています。